花粉症/季節性アレルギー性鼻炎の体験談

花粉症による唇の荒れ対策!

医師確認済み

花粉症が原因で唇が荒れてしまった時は

ひどい花粉症のために、しょっちゅう鼻をかんでいます。自宅にいる時だけではなく、仕事中も頻繁に鼻をかみ続けています。
おかげで、唇がすっかり荒れてしまいました。鼻をかむたびに、ティッシュに触れるからだと思います。また、マスクを常に装着していることも原因の一つかもしれません。
ピリピリと表面が痛むので、思い切って医療機関を訪れました。どこで治療を受ければよいのか分からず、皮膚科と内科の治療を行っているクリニックで相談してみました。その結果、花粉症の症状を抑えることが最も効果的であると説明されました。そのために、花粉症に効果がある内服薬と、唇に塗る軟膏を処方されました。
クリニックでもらった内服薬を飲み続けていたら、鼻水がぴたりと止まりましたので、本当にびっくりしました。おかげで鼻をかむ必要がありません。軟膏も定期的に塗り続けていましたので、荒れていた唇が完全に治りました。クリニックで治療を受けて良かったです。

唇の荒れの原因は花粉症でした。

私はこれまで花粉症とは無縁だと思っていました。
数年前から春と秋になると唇が荒れはじめ、赤く腫れあがり乾燥し、皮がむけてひび割れを起こします。
ほかにも顔や身体にも発疹が出るようになりましたが、小さいころからアトピー性皮膚炎と診断されていたのでその症状だと思っていました。
薬局で薬用のリップクリームや軟膏を買い患部に塗布していましたが、まったく改善しないので皮膚科に行くことにしました。
そしたら診断されたのが花粉症でした。
一般的に知られている症状はくしゃみや鼻づまり、目のかゆみ等なので診断結果を聞いた時はとても驚きました。
アレルギーの飲み薬と塗り薬を処方され、身体の中と外から症状を抑えることになりました。
唇にも軟膏を使用していますが、一晩たつと荒れていたのが嘘みたいにきれいになります。
腫れが落ち着いてくるとワセリンで患部を保護します。
塗り薬は身体と顔では皮膚の強さが異なるので違う薬を使用しています。
今でも花粉が飛散し始めると症状が出ますが、処方された薬で抑えることができています。

花粉症で唇にかゆみが生じた体験について

子供の頃に花粉症を発症しましたが、当時はアレルギー症状に対する知識が乏しかったため風邪のような病気にかかったと誤解していました。特に唇をはじめとする各所のかゆみについては汚れが付着したためと誤解していたため、治療が遅れてしまい症状が重篤化したこともありました。
当時は花粉症に対応した治療を行っている病院も少なかったことから適切な処置を受けることが出来ず、花粉の飛散が収まるまで頻繁に洗顔を行って唇のかゆみを軽減させるのが唯一の解決法でした。そのため、過剰な洗顔によって肌荒れが生じてしまい、見栄えが悪くなってしまう問題に悩まされたこともありました。
現在では花粉症に対する適切な治療を受けることが出来る環境にあることから、唇のかゆみをはじめとするアレルギー症状を効率的に軽減できるようになっています。また、花粉の付着を防ぐための予防グッズを使用することで毎日の生活を快適に過ごすことが可能になりました。

花粉症と唇の腫れについて

小学校低学年の頃に重い花粉症を患ってしまい、それからというもの現在でも酷く悩まされています。春などの暖かい季節になると、花粉が充満するので鼻水は勿論、目の痒みに、止まらない涙、唇も腫れてしまい、見るに耐えない顔になってしまいます。鼻水は鼻水止めの薬で、目は花粉症用のメガネをつけて生活していますが、それでも来る痒みや涙は病院から処方して頂いたお薬で少しはマシになります。
しかし唇の腫れの対処の仕方がよく分からなかったので、まずは冷たいタオルで冷やすことから始めました。腫れが少し収まったら温めて血行を良くすることを繰り返し、食事の際も唇に極力、刺激を与えないように気を付けています。また乾燥しないように薬用のリップを定期的に塗り、潤いをキープしました。
それで大抵の腫れは収まるので、私のように花粉症に悩まされている方にはお勧めです。それでも腫れが続くようであればかかりつけの病院に行って、相談しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康チェック

健康チェック画像

「花粉症度」チェック

日本人の3人に1人が発症!花粉症の可能性をチェック!

花粉症とは、主に植物の花粉に対して過剰なアレルギー反応を起こしてしまうことで、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水などを引き起こす病気です。

花粉症を起こす代表的な植物としてスギがありますが、そのほか、ヒノキ、ブタクサ、イネ、ヨモギなども花粉症を起こします。花粉が飛ぶ時期が毎年決まっており、スギ花粉であれば2月末~5月初めにさまざまな症状が出ます。いまや日本人の3人に1人が花粉症といわれているくらい、患者数が多い病気です。

ご自身の花粉症についてチェックしましょう。

1 /15

春または秋に、目がかゆくなる

花粉症/季節性アレルギー性鼻炎の他の体験談

アレルギー疾患の体験談

  • アレルギーで肌や目がかゆい

    アレルギー・かゆい

    私の場合、多くの方が悩んでいるアレルギーの花粉症のように鼻水が出るといったわかりやすい形ではなく、なんとなくかゆいということからアレルギーに気が付きました。はじめは何となく目に不快感を感じていたのですが、そのうちはっきりしたかゆみになって前が見えないほどになります。毎年同じ時期に、ちょうど花粉症と同時期に起こるので、花粉によるアレルギーだと思います。目だけではなく、肌にかゆみを感じることもありま…続きをみる
  • アレルギー、何科に行けばいい?

    アレルギー・何科

    食物、金属、薬、もしくはアトピーといったアレルギーがおこった場合、何科に行けばいいのか迷った経験はありませんか? 症状がでた「身体の部位」に着目することで何科に行けばいいのかおおよその検討がつきます。たとえば、食べ物を食べて腕や顔、もしくは全身の皮膚に発疹が出た場合は皮膚科に行きます。喘息で咳が止まらなくなった場合は呼吸器内科、花粉で目がかゆくなったときは眼科に行きます。例外として、子供の場合は…続きをみる
  • 食物アレルギーは完治するのか

    アレルギー・完治

    卵や乳製品、小麦製品など食物アレルギーを持っている人は結構多いと思いますが、アレルギーによって食事を制限されるのは大変だと思います。管理が大変な食物アレルギーですが、一生付き合っていかなければならないものなのでしょうか。 その答えは「人によって様々」です。一般的に、食物アレルギーが発覚するのは幼少期です。そして、大人になるにつれて自然に治るものがほとんどだと言われています。 しかし、中には大人に…続きをみる
  • アレルギーがひどくなる時期

    アレルギー・時期

    子どもの時から花粉症などのアレルギーに悩まされてきました。特に時期は春先がひどく、マスクをしても花粉症に効く薬を飲んでもほとんど効果を感じられなく、皮膚科に行ってもあまり意味がないと思っていました。今は1年中、時期を問わず、アレルギー体質の人専用の薬や治療法がたくさん出ていますが、一人ひとりに合ったものは殆どないと思います。 大切なことは生活面で神経質になり過ぎないことです。少しぐらいの病気には…続きをみる
  • アレルギーによる腫れが続く

    アレルギー・腫れ

    それまで何ともなかったのに急にアレルギー体質になってしまう事があります。私は20歳ごろまではどのような貴金属を身につけても問題なく、シルバーやゴールド、プラチナなど様々なアクセサリーを身に着けて楽しんでいたのです。 しかし20歳すぎたぐらいにゴールドのネックレスをつけてお酒を飲んでいたら、しばらくしたらそのネックレスをつけている部分が赤く腫れてきてしまったのです。くっきりと綺麗にネックレスの形に…続きをみる
健康チェック画像

「花粉症度」チェック

日本人の3人に1人が発症!花粉症の可能性をチェック!
健康チェックする