花粉症/季節性アレルギー性鼻炎に関する薬

薬剤師監修

花粉症の薬の上手な選び方・使い方

花粉症の薬と一言にいっても、症状にあった薬を選ばないと十分な効果が得られない事があります。花粉症のメカニズムは、体内に入ってきた花粉がヒスタミンという物質を作り出し、血管や神経、粘膜などを刺激してくしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状を引き起こします。

花粉症に効果のある薬は、大きく分けて3種類に分けられます。1つ目は、抗アレルギー薬のタイプのものです。これは、ヒスタミンの発生と体内で広がる事を防ぐ事によって、症状を抑える効果が期待があります。あまり花粉症の症状がひどくない人や、花粉症のシーズン前に飲む事で効果を発揮する薬です。

2つ目は、抗ヒスタミン薬です。市販薬や処方箋ともに昔からよく使われる薬で、種類も多いです。これは、ヒスタミンの働きに直接的に作用し、目のかゆみや鼻水、くしゃみなどの症状がつらい人に適している薬です。また、すでに始まってしまった花粉症の症状に対しても効果があります。

3つ目は、ステロイド剤です。この薬は、体内で分泌される副腎皮質ホルモンを人工的に精製した薬のことで、ヒスタミンによって症状のでた目や鼻、喉の粘膜の炎症を抑える効果があります。内服タイプ、点眼タイプ、軟膏タイプと症状の出ている部分に適したタイプの薬がある事も特徴です。

花粉症の薬の副作用と注意点

抗アレルギー薬タイプの副作用は、ほとんどない事が特徴で花粉症のシーズン中はずっと服用することが可能です。さらに眠気なども出にくい薬がほとんどなので、運転をする人でも安心して服用できる薬です。しかし、妊娠後期の方や、心臓に持病のある方の場合は医師と相談の上、使用することが求められる薬もあるので、注意が必要です。

抗ヒスタミン薬タイプの副作用は、抗アレルギータイプのものと同様、眠気が一番多い副作用として挙げられます。また、食欲増進による体重増加といった副作用もあります。これは、薬の作用が満腹中枢への刺激を少なくすることによって引き起こされるからです。さらに「グレリン」という成長ホルモンが、脂肪の燃焼を抑制してしまうことも太りやすくなる原因の一つとなっています。その他、便通の悪さ、口の渇きや倦怠感、などを感じる人もいます。

ステロイド剤の副作用は、短期間のみの使用であればほとんどありません。しかし、多量に使用したり長期間服用した場合には、不眠や胃潰瘍、吹き出物が増える、免疫低下による感染症にかかりやすくなるなどといった可能性があります。主に処方箋が必要な薬になるので、使用する際には医師に使用法や注意点などを事前に聞いておくとよいでしょう。

花粉症の薬の飲み合わせ

花粉症の薬単体だけの服用であれば、副作用の症状がほとんど出ないものでも、ある薬と併用することで、副作用が強く出てしまう事があるからです。花粉症の薬全般にいえる飲み合わせにおいて避けるべきものは、頭痛薬や風邪薬との併用です。花粉症の薬と同様、風邪薬や頭痛薬もまた眠気の出る可能性のある薬なので、併用すると強い眠気を引き起こす事があります。特に抗ヒスタミン剤といった花粉症に効果の高い薬との併用は危険です。また解熱剤との併用も危険です。特に抗ヒスタミン薬の副作用の一つに頭痛があり、これらを併用すると最悪のケース、脳に障害が出てしまうこともありますので避けましょう。その他、花粉症の薬には便秘や排尿障害などの副作用も存在します。特に、普段から便秘気味の人や排尿に関して悩みのある人ほど出やすい副作用といわれています。そのような悩みをお持ちの方が、鉄欠乏性貧血のための鉄剤や咳止め、高血圧の薬を服用すると、さらに症状が悪化するといった可能性もあります。ヨーグルトや食物繊維を多く摂ると便秘になりにくいだけでなく、腸内環境を整える事によって花粉症の症状を抑える効果も期待できるので、便秘の悩みがない人にもおすすめの対処法です。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花粉症/季節性アレルギー性鼻炎に関する薬一覧