アレルギーに関する薬

薬剤師監修

アレルギーの薬の上手な選び方・使い方

アレルギーには様々な症状や原因があり、それぞれのケースに合わせた薬を服用することが大切です。アレルギー薬には数多くの薬がありますが、大きく分けると主に2種類の薬に分けられます。1つ目は、アレルギー抗体の反応を弱め、症状を抑える薬です。2つ目は鼻水や目のかゆみなどのアレルギーによる症状を直接抑えるための薬です。

アレルギーの症状が出た場合は、自分で勝手に薬の種類を判断するのではなく、まずはアレルギー反応の原因を明らかにすることが重要です。病院を受診して血液検査をすれば、自分のアレルギーをリスト形式で知ることができます。原因が明らかになって初めて服用すべき薬が判明し、医師の判断のもと、服用を開始できます。

アレルギーの原因が判明しても、服用できる薬のは1種類ではありません。数々の医薬品メーカーから発売されているアレルギー薬や漢方など、その種類は多岐に渡ります。したがって、どの薬が自分に合うのかを医師としっかり相談した上で服用すれば、副作用などに悩まされず日常生活への影響も抑えられます。自分勝手に薬を選んで飲むことは症状の改善を遅らせたり、副作用で仕事に支障をきたす場合もあるので注意が必要です。

アレルギーの薬の副作用と注意点

薬を服用する際には、その薬がもっている特有の副作用をしっかり把握してから服用する必要があります。風邪薬や抗生物質薬に副作用があると同様に、アレルギー薬の中には副作用がある薬が存在します。その主な症状は「眠気」です。アレルギーの症状に対する効果が強ければ強いほど、眠気が起きやすい傾向があるので、服用前には医師にしっかり確認して下さい。

薬の副作用は時として、日常生活にも影響を与えます。仕事をしている時のアレルギー症状は作業に支障をきたしますが、副作用の眠気も同じように悪影響を及ぼします。副作用を恐れて勝手に飲み時間を変更したり、服用回数を減らしたりすると、さらに症状を悪化させる可能性もあるのでしてはいけません。体調にもよりますが、副作用を抑える薬は存在しないので、眠気をまったく感じたくない方は他の方法を選ぶ必要があります。それが漢方薬です。漢方薬は既存のアレルギー薬に比べ、効果の持続性や即効性は弱まりますが、眠気などの副作用も同じように抑えられます。病院を受診する際に医師からどのような薬を服用するか聞かれた場合は、眠気の有無をしっかり確認して下さい。それぞれの症状やライフスタイルに合わせて臨機応変に薬を選ぶことが重要になります。

アレルギーの薬の飲み合わせ

アレルギー薬を服用する際の注意点として、他の薬との飲み合わせにも注意が必要です。副作用の有無でも紹介したように、一部のアレルギー薬には眠気を誘う種類があります。したがって、睡眠薬などを服用している方は症状を悪化させてしまう可能性もあるので、薬の飲み合わせを軽く考えてはいけません。自分で勝手に判断して、アレルギー薬と市販薬を多重服用するのはさらに危険な行為です。

また、風邪薬を服用している方も注意して下さい。風邪薬の種類によっては、アレルギー薬と同じ効果をもたらす場合があります。その際、確認せずに同じ効果の薬を多重服用してしまうと、単に効果が倍になるのではなく効果がなくなってしまう可能性もあります。最悪の場合、症状が悪化し飲み合わせによる重度の副作用になることも十分考えられます。アレルギー薬を処方してもらう際には、他に服用している薬をしっかりと医師に伝えて下さい。

飲み合わせによる副作用を防止するためには、「お薬手帳」が有効です。お薬手帳は、進行形で飲んでいる薬だけではなく、過去の服用歴も調べることができる画期的なシステムです。アレルギーに限らず、病院や薬局で薬を処方してもらう際にはお薬手帳を忘れないように掲示することが重要になります。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アレルギーに関する薬一覧

次へ