鼻アレルギーに関する薬

薬剤師監修

鼻アレルギーの薬の上手な選び方・使い方

鼻アレルギーの市販薬には、使用方法によって、「内服薬」「点鼻薬」「点眼薬」の3種類があります。

薬の使用にあたっては、まず、鼻炎症状が花粉・ほこり等によるアレルギー症状なのか、風邪による鼻炎なのかを見極める必要があります。鼻アレルギーは、鼻水がさらっとしており透明で、大量に出ます。また、目のかゆみを併発することが多く、症状が朝や夜にひどくなることなどがあげられます。風邪による鼻炎の場合は、鼻水はアレルギー性のものと同様、さらさらで透明なものか、ねばねばした黄色もしくは透明なものがでます。また、のどの痛みや熱っぽさ、身体のだるさも特徴のひとつです。自分で判断できない場合は、病院にかかりましょう。

内服薬は3種類の中で最も多くの種類があるため、症状や体質に合わせた薬を選択しやすくなっています。1日1回の服用で効き目が1日続くといった薬もありますので、ライフスタイルに合わせた薬を選択することもできます。重い鼻づまりには、血管収縮性の点鼻薬で鼻の通りをよくすることが有効です。点鼻薬は鼻に直接噴霧する薬で、粉末タイプと液体タイプがあります。点眼薬はいわゆる目薬ですが、目のかゆみを併発している場合に使用するとよいでしょう。

鼻アレルギーの薬の副作用と注意点

一般論で言えば、医師から処方される薬よりも市販薬のほうが効果は弱く、副作用も弱くなっています。しかし、市販薬であっても、成分や体質によっては副作用が表れることがあります。たとえば、抗ヒスタミン剤には、第1世代、第2世代と名付けられていますが、これは開発された時期によるものです。世代が若いものほど効果が表れやすいのですが、眠気などの副作用が出ることがあります。世代が後になるものほど副作用は出にくくなりますが、効果が出るまでに時間がかかることがあります。

ステロイド薬は、一般的な薬が効かない場合や、重い症状の方に処方されます。効き目が強いため、点鼻薬の場合には鼻の粘膜が荒れたて鼻血が出やすくなったりすることもあります。

抗コリン薬は、鼻水の分泌を抑制します。副作用として、口の渇きや排尿困難、目のちらつきなどが表れる場合があります。緑内障の方や排尿障害がある方は注意が必要です。

抗アレルギー剤は、アレルギーの原因物質であるヒスタミンの発生と放出を押さえます。ヒスタミンの発生そのものを押さえる効果があるため、予防的効果が期待できます。比較的効果が緩やかであり、効果発言まで1~2週間かかると言われています。効果が緩やかなため、副作用が比較的少なくなっています。

鼻アレルギーの薬の飲み合わせ

点鼻薬、点眼薬は内服薬に比べ副作用が弱いため、内服薬と併用することがあります。医師から処方してもらう場合は問題ないのですが、市販薬を併用する場合は薬局の薬剤師さんに相談しましょう。ひとつひとつの効き目が緩やかだとしても、複数の薬が合わさることで思わぬ副作用が生じることがあるからです。

薬だけではなく、栄養ドリンクにも注意が必要です。鼻アレルギーがあると、頭がぼんやりしたり身体がだるくなることもあり、栄養ドリンクを飲みたくなることもありますが、鼻アレルギーの薬と栄養ドリンクを併用すると不快な症状を生じることがあります。ただ、すべてが危険というわけではなく、それぞれに含まれる成分によるところが大きいです。

鼻アレルギーの薬に抗ヒスタミン薬がありますが、眠気を誘う成分が含まれているため、眠気を覚ますための無水カフェインが配合されている薬が多いです。薬に含まれるカフェインと、栄養ドリンクに含まれるカフェインにより、カフェインの過剰摂取となってしまうのです。過剰摂取により、頭痛や震え、めまいなどといった身体症状のほか、不眠や不安感などの精神的な症状が出ることがあります。栄養ドリンクの中にはノンカフェインのものもありますので、薬の服用中はノンカフェインの栄養ドリンクにしましょう。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鼻アレルギーに関する薬一覧

次へ