コラム画像

話題の「高齢者グループホーム」ってどんなところ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:ケアマネージャー 菊地 芳一

最近話題の「高齢者グループホーム」。認知症の疾患を抱えている高齢者の方が共同生活を送る場所で、家庭的な雰囲気の中、食事の準備や掃除洗濯など家事全般を職員と一緒に行うといいます。

果たして、その実態はどのようなものなのでしょうか。 高齢者グループホームについて詳しいケアマネージャーに聞いてみましょう。

どんな人が入居できるの?

1. 認知症と診断されている
2. 要支援
3. 要介護1~5の方が対象


上記の他、高齢者グループホームは地域密着型サービスのひとつなので、原則として施設がある住所とご自分の現住所が同じ市町村でなくてはなりません。

グループホームのメリットは?

グループホームは、少人数(5~9名程度)制度のユニットを構成しているのがひとつの特徴でもあります。それにより、他の入居者や職員と身近で顔なじみの関係を構築しやすい環境にしています。 認知症の方は、人の顔や名前、場所等を忘れてしまう場合もありますから、少ない人数かつ小規模の空間で過ごすことは、認知症高齢者にとって安心してくつろげる家庭的環境になると思われます。

また、小規模なことで、入居者自身の昔培った能力や体験、生活行為など潜在能力に働きかけるような関わりを個別的に行うことも可能。それにより、入居者一人ひとりの”できる事”を維持向上していくことにも繋がっていきます。

入居には、どのくらいの費用が必要?

介護保険の1割相当分が(介護度に応じて異なりますが)23,000円~29,000円程度。その他、「家賃」「光熱費」「食材費」「暖房費」「おむつ代」など実費負担分がそれぞれ必要になります。合計すると月に15万円位から21万円程度が平均額といわれています。

さらに、施設によっては「保証金」「入居一時金」という敷金のようなものを請求されるケースもあります。ちなみに、この料金は特に法律で定められているわけではないので、10万円から100万円超のものまでと、その金額はピンからキリまで。事前に各施設へ確認することをお忘れなく。

【専門家からのアドバイス】

グループホームは同じ市町村の施設にしか入居することができません。 また、いざ入居を希望するタイミングになっても「空きがない!」ということもありますので、事前にご自分の市町村にあるグループホームを調べておき、場合によっては見学や入居相談を済ませておくのが良いかもしれませんね。

(監修:ケアマネージャー 菊地 芳一)
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

認知症について