放置していい?意外と多い“耳鳴り”に隠れた病気!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

気になるようなら、必ず受診!

年齢によっても異なりますが、もしかしたら耳鳴りの影に隠された疾患があるかもしれませんので、耳鳴りが気になるという場合は、ぜひ一度、耳鼻咽喉科を受診しましょう

ただ、中には原因不明の耳鳴りも多く、今の医学では根本的な原因を確立できない耳鳴りが多いのも事実です。また、神経性の耳鳴りや原因不明の耳鳴りは「治るものはあっても、ほとんど解明されていない。すなわち治りにくい」ものが多いのです。

耳鳴りの原因

外部からの音は、外耳から入って、中耳で増幅し、内耳を通じて神経に伝達されます。このうち、どこかひとつにでも障害が起これば、難聴や耳鳴り、あるいは合併して症状が発症します。

〈耳鳴りの主な原因〉
・外耳疾患
・中耳疾患(急性または慢性中耳炎、耳管狭窄症など)
・内耳疾患(内耳炎、メニエル病)
・薬物によるもの(アスピリン)
・難聴(ストマイ難聴、老人性難聴、騒音性難聴。急性の音響による難聴、突発性難聴、突発性難聴後遺症)
・脳腫瘍
・聴神経腫瘍
・全身疾患(心臓血管系、代謝疾患…など)
・更年期障害
・全身疲労
・心身症
…など

治療はどうやって行われる?

じつは、内耳性や原因が特定できない耳鳴りの根本的な治療はありません
対症的に各種ビタミン剤や精神安定剤、針や漢方などを処方することもありますが、どれも確実に効くとはいえません。ただ耳鼻科に行って、原因を特定していくことは重要です。

各種治療法も、確実ではない。

治療には、血管静脈点滴方法(麻酔薬のキシロカインを入れる)や中耳に副腎皮質ステロイド注射注入方法などがありますが、いずれも決定的な治療とはいえません。
ただ、すでに治療法や原因疾患がわかり、治療法が確立されているものなら、その治療を行い、耳鳴りが引くのを待つことは可能。たとえば耳管狭窄症などのように、原因に対して治療が確立されているなら治癒します

原因不明な耳鳴りは治りにくい

いっぽう、内耳性、あるいは内耳神経性の難聴と診断された場合や、原因不明の耳鳴りは治りにくいことが多いです。その場合、まずはビタミンなどで内耳の状態を整えていきます。また、不眠や心理的圧迫を受けられている方なら不眠に対する治療、心理的圧迫に対する安定剤処方などもあります。

耳鳴りの抑制にはさまざまな治療がありますが、万人に効果があるとは言えません。その場合、やはり耳鳴りと上手につきあいながら生活をしていく方法も考えなくてはいけません。そういった場合も、耳鼻科での適切なアドバイスが役に立ちます。自己診断をしないことが大切です。
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

脳腫瘍について