脳梗塞の体験談

脳梗塞の体験談

医師確認済み

発症時期・初期症状について

主人が40歳の時の脳出血を起こして入院しました。いつものように朝起きて、朝食をとって、身支度をしていたのですが、主人が何か調子がおかしいので、少し休んでから仕事に行くといいました。主人は扁桃腺炎も良く起こし、すぐに発熱したりする体質でしたので、いつものことだと余り気にしませんでした。後でその時の症状を尋ねてみると、どこが痛いとか辛いとかいうのではなかったようなのですが、何かいつもと違う違和感があったようです。

発症内容・医師診断について

脳出血を起こした場所は、脳の中の橋(きょう)と呼ばれる脳の中心部で、障害が残ったり、生死にかかわるような重要な場所でした。そのとき主人は、違和感を感じた昼前には、自分で車を運転し総合病院に行きました。診察の受付時間は過ぎていたようですが、症状を話して受診することができたようです。CTなどの検査が進むうちに、状況を把握する暇もないうちに車いすに乗せられ、入院となりペットの上で絶対安静となりました。主人から入院の連絡があったのは、夕方近い時間になってからです。

当時の主人は、普段から血圧が高く、見事なビール腹で、煙草を吸い、塩辛いものや味の濃いものを好んで食べていました。本人は、違和感があっただけで意識を失ったりしたわけではないので、まさかそんな大事になるとは思ってもおらず、絶対安静とトイレにもいかせてもらえない状態だったにも関わらず、自分の症状の深刻さを理解していませんでした。ですので、味のない病院食(減塩食)、動けないストレス、無理やり禁煙状態になったことを、つらく感じていたようです。特に食事は味も薄く、嫌いな野菜ばかりが出てくるので閉口していました。

経過・その後の状況

約2週間で退院となりました。退院後は、禁煙はもちろん、食事制限をしてダイエットと血圧管理に努めました。退院後インターネットで自分の症状がいかに深刻なものであったか、何も障害が残らず退院できたことが奇跡的であったことなどを理解し、生活習慣の改善に努めました。約4カ月の間、塩分制限とカロリー制限で、20キロ近くのダイエットに成功しました。降圧剤を服用しているのと食事制限、ダイエットのおかげで症状も安定し、数年たった今ではCT検査でも出血の跡が見られなくなり、血圧も安定しています。

その後気を付けていること

退院直後のダイエット中とは比べものにはなりませんが、塩分やカロリーを取り過ぎないような食事には気をつけています。体重が減ったことにより、体を動かすことが苦ではなくなったようで、1駅位は徒歩で移動するようになり、車で出かけていたところにも自転車で出かけるようになりました。痩せたことに関係があるのかわかりませんが、扁桃腺炎も殆ど起こすことがなくなりました。肥満は万病のもとだったのでしょうか。多少、ダイエットのリバウンドはしていますが、食事のことを多少気を付けているだけで、健康な生活を送ることが出来ています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脳梗塞の他の体験談

脳の病気の体験談

  • 即効性がある片頭痛の治し方

    片頭痛・治し方・即効

    私は子供の頃から、天気が悪い日などに頭が痛くなっていました。この頃は、両親も心配してくれ、病院に行くことも多かったですが、これといって病気でもありませんでした。翌日には改善されることがほとんどで、それほど気にもしていませんでした。しかし成人になっても続くため、ストレスになっていました。 その頃、同僚も片頭痛に悩まされていることを聞きました。同じような症状でしたが、どうしようもないと同僚も諦めてい…続きをみる
  • 片頭痛を治すために

    片頭痛・治す

    私の場合、片頭痛との付き合いはとても長く、かれこれ20年以上になります。初めて片頭痛になったときは、あまりの痛みに救急病院に駆け込むありさまでした。おそらく3回くらいは、発作で病院に行っていると思います。 でも、さすがにこれではいけないと感じ、自分で治す方法を調べまくりました。まず、頭痛が来る予兆である視界に稲光が出るようになった時点で、市販の痛み止めを飲むようにしたのです。そうすると、大抵激し…続きをみる
  • 病院で片頭痛の検査を受けた経験談

    片頭痛・病院

    私は小さい頃から大きな病気をほとんどしたことがなく、健康であることが自慢でしたが、唯一悩まされていたのが頻繁に起こる頭痛でした。市販の鎮痛剤で対処していたのですが、なかなか良くなりませんでした。気になって調べたところ頭痛には緊張型頭痛と片頭痛があり、後者の場合市販の鎮痛剤では効き目が出にくいとのことでした。症状や痛みの出るタイミングも私のケースと合っていたので、私の頭痛も片頭痛ではないかと思い始…続きをみる
  • 絶対控えるべき!群発頭痛と運動の関係

    群発頭痛・運動

    群発頭痛の症状を少しでも緩和するために、絶対にやってはいけないことがいくつかあります。 その一つは、飲酒です。 発作期間中にアルコールを摂取した場合、個人差や男女差の区別なく、確実に症状が悪化し発作を起こすことが分かっています。 群発頭痛といっても、頭痛を起こすメカニズムは他の頭痛と一緒で血管の拡張によって発生するわけです。 したがって血管を拡張したり、血流を活発にするような行為はいたずらに症状…続きをみる
  • 群発頭痛で一日中頭が痛い!

    群発頭痛・一日中

    大学生ぐらいのときに、偏頭痛を発症しました。それ以来、時折、発作のような頭痛が起こっていたのですが、大体1時間くらいしたらましになるものでした。痛み止めを早めに飲めば、強烈な痛みを避けることもできていたのです。 ところが、ある日、薬で一瞬痛みが引いても、すぐにまた頭痛が起こるという状態になったのです。それも、頭の片側だけの痛みです。痛みは一日中続き、仕事も家事もできない状態でした。これは片頭痛と…続きをみる