脳卒中/脳血管障害のうそっちゅう/のうけっかんしょうがい

カテゴリ
こころの病気
子どもの病気
脳の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

脳卒中/脳血管障害とは

脳卒中/脳血管障害は、脳の血管が詰まることによる脳梗塞と、脳の血管が破れてしまうくも膜下出血や脳出血の大きく二つに分かれます。
脳卒中はがん、心臓病とともに大きな日本人の死因となっています。

脳卒中/脳血管障害の症状

脳卒中は脳の血管が詰まることにより、発作的に症状が現れます。その症状は個人差がありさまざまですが、発作が急に現れるという特徴があります。一時的な右半身、もしくは左半身の手や足のマヒが代表的な症状として知られており、手足のしびれなどを伴う場合もあります。
また、ろれつがまわらなくなるという言語障害が現れる場合もあり、手足がふらつく場合や、歩行困難に陥る場合もあります。
その他の症状としては、物が二重に見えたり、視野が一部見えなくなったり、という目の症状や、重症の場合は呼びかけにも反応がなく、命の危険を伴う場合もあるので注意が必要です。

脳卒中/脳血管障害の原因

脳卒中の原因は、脳の血管が詰まることにより、発作として一時的なマヒなどの症状が現れます。その原因としては、加齢や高血圧が考えられています。加齢により、血管が老化し、詰まりやすくなることと、血圧が高くなってしまうことによって、脳の血管が詰まりやすい状態になるため注意が必要です。糖尿病や心臓病を患っている方も脳血管障害へのリスクが高まります。
また、その他の危険因子として、血が固まりにくい出血性要因や動脈硬化も原因の一つとして考えられています。生活習慣として飲酒や喫煙、運動不足、肥満などが高血圧に結び付くものとして注意が必要です。

脳卒中/脳血管障害の治療法

脳卒中の原因の一つに高血圧があるため、脳卒中を予防するためには、高血圧に注意した生活を送ることが重要です。
例えば、飲酒や喫煙などの習慣がある方はそれらを見直す事で予防につながります。そして肥満や運動不足などを解消し、規則正しい生活を心がけ、塩分濃度や、コレステロールを下げる食品を積極的に摂取することが重要です。
また、定期的に健康診断を受け、高血圧や糖尿病などを早期に発見し、治療や生活習慣の改善を図っていく事で脳卒中の予防につながります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

脳卒中/脳血管障害に関するコラム