おねしょ/夜尿症の体験談

大人でもおねしょする?

医師確認済み

大人でもおねしょ

おねしょというと子供が寝ている間にトイレに起きる事ができず自然に排尿してしまうものだと思ってしまいますが、実は大人になってもしてしまう事があります。私は20代前半の頃、会社のストレスが酷く一時期軽症の鬱になったことがあります。実はその時におねしょをしてしまったのです。
大人になってからは正確には夜尿症と呼ばれるようになるそうです。子供の頃から傾向は強かったのですが、成長するにつれて落ち着いてきたので安心していたのですが、まさか20歳過ぎてからまた症状がでるとは思わなかったです。ストレスにより自律神経が乱れてしまうと我慢できずに寝ている時に排尿してしまうそうです。寝る時になるととても不安に感じるようになり、何度も何度もトイレに行ってしまって眠れなくなってしまったのです。友人が心配して心療内科に連れて行ってくれたのですが、医師に相談したら安心できたのか薬が効いたのかそれから間もなく症状は出なくなったのです。

おねしょは大人だけのものでないんです

私の両親曰く、私の小さいころおねしょに悩まされていたそうです。小学生くらいまでなら誰にでも経験はあると思いますが、私の場合は中学2年生頃まで治りませんでした。恥ずかしくて隠していましたが親にはバレていたと思います。それからだいぶ経って、社会人になり何年目かの頃に朝起きたら布団がびしょ濡れでした。ものすごくショックだったのを覚えています。大人になってからまさかおねしょをしてしまうなんて思ってもいませんでした。誰にも相談できませんでしたが唯一彼女に相談してみたところ、精神的なことが原因で大人になってからも失敗してしまうことがあるとのこと。続くようだったら精神科の先生にカウンセリングをしてもらうのも一つの手段だと言われました。確かに、その頃私は仕事に追われ睡眠時間もままならないような状況でした。責任ある仕事を任されていたストレスもあったんだと思います。
彼女に相談して以降不思議と失敗はありませんでしたので、きっと話せたことでスッキリしたんだと思います!

大人のわたしもおねしょ!

朝方起きると自分の布団が濡れていることに気が付いたのは、20歳を過ぎてからのことです。パジャマのズボンや下着もぐっしょりで、夜中に寝ぼけて水でも零したのだろうかと思ったのですが、布団などを確認してみると独特の尿の臭いが残っており、自分がおねしょをしたことに気が付いて愕然としました。
最初はトイレに行く夢でも見て寝ぼけてしまったのだろうと思っていたのですが、2回3回と続くとさすがにすべて寝ぼけた所為とも思えず、自分がおねしょをしてしまうことを認めるまで少し時間がかかりました。まさか大人になってからこんなことが起こるとは思いませんでした。思い切って泌尿器科に診断して貰ったところ、夜尿症だと言われました。子供だけでなく、大人もなることがあるというのです。私の場合は医師の指導を受けながら、まずは生活習慣の見直しから始めました。塩分は控えめにして、水分も夜間は取りすぎないこと。また、尿量を減らす抗利尿ホルモンを確保するためにしっかり眠ることを心掛け、今では症状はほぼ出ないようになっています。

おとなでもついおねしょを・・・

大人になってからおねしょをするほど恥ずかしいことはないですが、酔った状態でそのまま寝付くと朝になって大洪水になっていたりすることがあります。お酒には利尿効果の高い種類があるので、大量に飲んでトイレに行かないで寝ると、布団に世界地図を作ってしまうことがこれまでに何度かありました。お酒を飲む前は十分気をつけてはいるのですが、飲み始めるとすっかりそのことは忘れて酔っ払うまで飲み続けてしまいます。
外で仲間と飲むときは、帰り際にトイレに行くのでそれほど心配はありませんが、家で飲むときはトイレにあまり行かないのでついおねしょをしてしまうことがありました。空腹状態で何も食べずにお酒を飲むとストレートに尿意を催します。酔ってるときはあとで行けばいいやと思いつつ、起きてるときは我慢ができるので気にならないのですが、朝になるとやってしまったと思うことがたまにあります。自己管理をしっかりとしていれば治せるので今後は気をつけようと思います。

大人とおねしょの関係

大人になってから、おねしょというのには無縁だと思っていました。しかしある日、酔っ払って帰って布団で寝ていたらおねしょをしていて、それがしばらく癖になってしまいました。
以前勤めていた仕事柄お酒を飲む量も尋常じゃなく、記憶をなくすまで飲むことなんかザラで、そのまま気が付いたら……ということが何度かありました。お店でやらかすこともあり、お客様には知られていませんが従業員に介抱してもらったので、恥ずかしくて仕方ありませんでした。
普段は理性があることから我慢もできるし、限界が来ればトイレに駆け込むことも出来ます。しかしアルコールなどで理性がなくなってしまうと、尿意を催したときにただ開放感を求めてそのまましてしまったり、我慢ができなくなってしまいます。一度してしまうと私みたいに癖になってしまう人も少なくありません。お酒の席みたいに多量の水分をとる環境からしばらく身を引いて、普通の生活をすることが一番の解決策になると思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おねしょ/夜尿症の他の体験談

子どもの病気の体験談

  • 口唇炎になった時の対処法について

    口唇炎 体験談

    わたしは、今まで、口唇炎を発症したことがありませんでした。一般的に、口唇炎は、体の免疫力が落ちている時に発症すると言われています。自分で言うのもおかしいのですが、恐らくわたしは体の抵抗力がしっかりとしていたのだと思います。ところが、結婚して、第一子を出産した後、唇の表面に水疱を持ったブツブツが出来ました。そのブツブツは、痛がゆくて日に日に大きくなり、水疱が出来た部分が腫れてしまいました。無理やり…続きをみる
  • 胃腸が悪いと口唇炎に

    口唇炎・胃腸

    ここ数日下痢が続いており、口の周りが赤く腫れて痒くなる口唇炎の症状がでていました。 胃腸と唇は密接に関係していることを知っていたので、大事を取って消化器科に診察に行きました。医師から聴診を受けて腹部の触診を受けると、嘔吐や腹痛は無いので、神経性による腸炎だと診断されました。治療方法はストレスを取り除くことが一番だと言われましたが、一応整腸剤も処方してくれました。処方された薬を飲み続けていくと、…続きをみる
  • 口唇炎が痛いときには

    口唇炎・痛い

    口唇炎が痛い時にはものを噛む時にその部分にその場所に当たらないようにしました。箸で口へ運ぶときには食べ物を反対方向に置くことで対処していました。 また、食べるものにも気にして汁などが垂れる食べ物は口の中で移動しやすいのでとても痛かったです。なので、出来るだけ固形物を食べるようにしていました。 どうしても口唇炎が痛いと思った時には市販の炎症を抑える薬を使用していました。その薬は炎症の部分に直接塗り…続きをみる
  • アトピーの人がなりやすい口唇炎

    口唇炎・アトピー

    口唇炎は、油物ばかり食べて、野菜不足だったり、生活がハードスケジュールだったりと、生活の乱れを感じた時に発症するように思います。 口唇炎になる前は、とても唇に違和感が出て来て、かゆみやふくらみを感じたら、数時間でアッと言う間に口唇炎がひどくなってしまいます。見える場所なので、人相も変わり、とても恥ずかしいです。ほっておくとどんどん大きくなったり、違う場所に飛んだりしますので、早い段階で治したいで…続きをみる
  • アレルギー症状の一つに口唇炎が起きてしまいます。

    口唇炎・アレルギー

    私はハウスダストをはじめ、花粉症や食物などさまざまなアレルギーを持っています。 主な症状は鼻炎やくしゃみ、結膜炎や体のかゆみなどがあります。 また私は食物にアレルギーがいくつかあるのですが、キウイなどのアレルギーを引き起こしやすい果物を摂取すると、体調によっては口の中がかゆくなったり口唇炎が起きたりということもあります。 私は唇も敏感で、口紅などを使用するとすぐに荒れてしまったりして唇に反応が出…続きをみる