夜泣きよなき

カテゴリ
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

夜泣きとは

夜泣きとは、眠っていた赤子がはっきりした原因がないのに夜中に起きて泣くことです。

突然夜中に激しく泣き始め、原因もわからないため、はじめ親はとても困惑します。泣いている原因を考えても見つからない(またはすでに解消した)、泣き止んでも再び激しく泣き始めるため、親の方が睡眠不足や精神的に追い詰められることがあります。

日本では多くのこどもが夜泣きをします。これは寝かしつける環境も影響していると言われています。また、夜泣きを経験している親は夜泣きによって精神的な辛さを感じたり、子育てノイローゼを感じてしまうことが多いです。

夜泣きに似たものに「夜驚症」があります。夜驚症は突然激しく泣き叫び、足をバタバタさせたりする子どももいます。夜泣きと同じく眠ってから2時間以内に突然起こります。睡眠障害としてとらえられている点が夜泣きと異なります。

夜泣きの症状

夜泣きとは、眠っていた赤子がはっきりした原因がないのに突然夜中に泣き出し、泣き止んでもまた泣くことを繰り返します。睡眠後2時間以内に引き起こされることが多いです。怯えた様な仕草をしたり、寝汗を大量にかいて荒く呼吸をしたりします。

この夜泣きの症状を体験する子供はとても多く、比較的夜泣きをしない子供でも夜泣きをする可能性は十分にあります。夜泣きが数日で終わることもあれば、何週間、何カ月も続くこともあります。

幼い子供は夜泣きをするものだと昔から考えられており重要視はされていませんが、気になるときは医師に相談しましょう。

なお、子どもの夜泣きが原因で親が精神的に追い詰められてしまうことがあります。同じように夜泣きを辛いと思ったことのある親はたくさんいると思いますので、周りと話をして少しでもその辛さを解消するようにしましょう。

※夜驚症について
夜泣きに似た「夜驚症」があります。
これは夜泣きと違い、突然激しく泣き叫び、足をバタバタさせたり、何かに怯えたようにします。夜泣きと同じで眠りについてから2時間くらいでこのような行動が始まります。
夜驚症は睡眠障害ととらえられています。成長するにつれ自然に消えていくことがほとんどですが、心配な場合は小児科に相談しましょう。

医師から「夜泣き」についてのアドバイス!先輩ママの夜泣き体験記から対応を知る!

夜泣きの原因

夜泣きが引き起こされる原因は詳しくは分かっていないです。
しかし、小さな子供は大人と違いまだ睡眠のリズムが上手く完成していないことが理由だとも考えられています。

そして夜泣きは子供の性格が関与しているとも考えられます。過剰に神経質な子供は布団の重みや室内の雑音にも敏感だったりします。それが知らず知らずのうちにストレスになっていると言うことも考えられるのです。子どもが寝る環境が不快でないものにすることや、その環境を一定に保てるようにすると夜泣きが軽減されることもあります。

先輩ママはこうして夜泣きに対応していた!夜泣きがすごい…医師からのアドバイス!

夜泣きの対応・解決法

夜泣きを予防するには子どもが安心して就寝できる環境を大人が作り出す事が必要です。
子どもが寝る前に叱りつけて恐怖を与えない、子どもの前での夫婦喧嘩を控えるなど子どもに不安を与えない環境作りを親が行う必要もあります。

どこかかぶれてかゆいところはないか、など身体的な原因もあるかもしれません。

ほかにも、生活リズムを整える・音楽を聞かせてみる・安心させる、というように赤ちゃんが眠りやすいようにしましょう。
赤ちゃんの夜泣きは成長の一過程で、ずっと続くことはありません。対処するお父さん、お母さんも、すべてを完璧に行おうとしたり、一人で対処しようとせず、二人で交代に見たり可能ならほかのご家族の協力を仰いだりしながら無理しすぎずに乗り切りましょう。

実は夜泣きには隠れた原因が…先輩ママの体験談!夜泣きに漢方?!ママが取った行動とは…!
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください