睡眠時無呼吸/いびきすいみんじむこきゅう/いびき

カテゴリ
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

睡眠時無呼吸/いびきとは

無呼吸とは寝ている間に10秒以上、呼吸が止まってしまう症状を呼び、この状態が1時間に5回以上続く場合、睡眠時無呼吸と診断されます。
この状態が続き低酸素状態で苦しくなると、空気が気道を通る際に振動して音がなります。これをいびきと言います。
睡眠時無呼吸/いびきは睡眠の妨げになるため、日中の生活に支障を起こすほか、心疾患などの病気にもつながるので治療を行う必要があります。

睡眠時無呼吸/いびきの症状

睡眠時無呼吸/いびきは、睡眠中に10秒以上呼吸が止まり、その間は小さな寝息さえ聞こえなくなってしまいます。そして狭くなった気道で呼吸をしようとする状態が続き、低酸素状態で呼吸が苦しくなったときに、いびきが発せられます。

その繰り返しが続くことにより、きちんと睡眠できていないことになり、日中も倦怠感や眠たさが生じてしまいます。睡眠不足から仕事に支障が出たりストレスも増えてしまいます。

また睡眠時無呼吸/いびきの症状として、寝汗も挙げられます。口呼吸をしているために口の中が乾燥してしまい、起床時の疲労感や頭痛などが起こることもあります。無呼吸により心臓にも負担がかかり、高血圧や心疾患を伴うことも増えてしまいます。

睡眠時無呼吸/いびきの原因

睡眠時無呼吸/いびきの原因としてまず挙げられるものが、肥満です。肥満は体の内側にも脂肪が付いてしまうために、気道が狭くなってしまい無呼吸症状が起こりやすくなるのです。
そのほかの原因としては、過度のアルコール摂取や加齢、鼻づまり、扁桃腺肥大、舌根沈下などがあります。年を取るにつれて、気道の周りの筋肉や組織の弾力も弱まってしまい、こうした無呼吸症状が起きやすくなります。
またそのほかにも、睡眠時無呼吸/いびきは、寝ている時の姿勢にも関係してきます。上を向いて寝ると角度によって気道が閉塞しやすくなってしまいます。いびきがひどい場合や無呼吸症状がある場合には、上を向かず横を向いて眠ると呼吸が楽になることもあります。

睡眠時無呼吸/いびきの治療法

睡眠時無呼吸/いびきの予防としては、まず毎日の生活習慣を見直すことが大切です。肥満体型の人は痩せることにより、いびきや無呼吸症状が改善されることがあります。またアルコールを控えたり、寝る時に横を向いて眠ると呼吸がしやすくなります。

そのほかに睡眠時無呼吸/いびきの予防対策として、眠るときにマウスピースを装着する方法もあります。扁桃肥大が原因となっている場合には、扁桃を小さくする手術を行ったり、鼻の手術をする治療法もあります。何よりも減量を行い、気道の周辺に余分な脂肪がつかないようにすることが必要です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「睡眠時無呼吸症候群」チェック

睡眠中、呼吸が止まっていませんか?

寝ている間は、いびきをかいているのか、どんな呼吸をしているのか、自分ではなかなか気付きにくいもの。でも、意外と怖い病気の兆候が表れているかもしれません。

「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」という病名を聞いたことはあるでしょうか?これは、呼吸が止まっている状態が1時間あたり5回以上ある疾患なのですが、日中に眠くなるだけでなく、様々な臓器に障害をもたらし、事故を引き起こすこともあるなど、命に関わることもあります。

あなたは睡眠中に呼吸が止まったりしていませんか? まずは簡単にセルフチェックしてみましょう。

1 /15

いびきをかくことがよくある

健康チェック画像

「睡眠時無呼吸症候群」チェック

睡眠中、呼吸が止まっていませんか?
健康チェックする