精神遅滞せいしんちたい

カテゴリ
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

精神遅滞とは

精神遅滞は知的発達障がいとほぼ同義に用いられます。以前はおおむね知能指数が70以下の者を指していましたが、徐々に学力や社会性、生活の自立にかかわる項目ができているかどうかを基準に判断されるようになってきています。

精神遅滞の症状

精神遅滞の症状としては、人それぞれに大きな個人差があるといわれています。
中でも、物事を暗記することが難しかったり、会話をすることができないなどの悩みを抱えている人が大勢いるといわれています。
このように、症状の程度こそ異なってはいるものの、社会的なサポートを受けながら治療に取り組むことには、将来的にたくさんのメリットがあります。
最近では、精神遅滞に関する情報について、テレビ番組などでも紹介されることがあるため、小さな子供を持つ保護者にとってはきちんと情報収集に励むことが求められています。とりわけ、知能指数の低い場合であっても、きちんと日常生活に順応をするためのトレーニングを取り入れることが有効です。

精神遅滞の原因

精神遅滞の原因については、様々なものが挙げられますが、一般的にはダウン症や自閉症などの特定の障害がかかわっていることが分かっています。
また、特定の原因が無いのにもかかわらず精神遅滞を発症する人も少なくないとされ、優れた医師の診断を受けることが何よりも重要です。
精神遅滞の原因が分かる場合においては、適切な治療を施すことによって、症状が大きく改善されることがあるために、医療機関の選び方にもこだわることが良いとされています。
ここ最近では、知能指数の他にもさまざまな尺度から精神が遅滞しているかどうかを判定できるようになっています。そのため、早くに障害の有無を確認するためには非常に有意義な状況が生まれつつあります。

精神遅滞の治療法

精神遅滞を予防することは現代医学においても非常に難しいこととされています。
また、知能指数などを検査した場合であっても、正確に精神遅滞の程度を把握できないことがあります。
そこで、小児科や精神科などの名医に世話になることがポイントとして取り上げられています。全国の医療機関においては、精神遅滞の予防法について様々な取り組みが行われてきていることから、一般の消費者にとってもきちんと情報収集に励むことが求められています。
将来的にも、このような障害を持つ人々に対して適切なサポートができる社会の枠組みが重視されるとみられています。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください