リンパ管炎の体験談

リンパ管炎になったら安静に

医師確認済み

リンパ管炎になったら安静に

30歳ごろにリンパ管炎になりました。当時仕事が忙しくて、寝る時間もなかったので、疲れが溜まっていました。初期の自覚症状として、熱っぽさと体のだるさがありましたが、風邪だろうと思い市販の風邪薬をのんで様子を見ることにしていました。
すると、体のリンパの辺りが腫れてきて、熱が高くなってきました。これはさすがに危険だと感じたので、仕事を休んで近所の内科を受診しました。リンパ周辺に赤い線が出ていたので、先生はリンパ管炎の症状が出ているようだと診断しました。リンパが炎症を起こしてしまっているので安静が必要だということでした。腫れを抑える薬を飲んで、しばらく安静に過ごすよう指示されました。熱は高かったですが、入院するほどの症状ではなかったようなので、そのまま家に帰りました。
そのあと、一日仕事を休んで、じっくりと休養をとる事で症状は改善されました。その後同じような症状は出ておりませんが、無理はしないよう心がけております。

リンパ管炎を発症し、安静を余儀なくしました

首筋から肩にかけてのリンパのあたりが痛み出し、40度を超える高熱が出てきたので風邪かと思い病院を受診することにしました。血液検査をしたところ炎症反応はありませんでしたが、医師の方は私の症状や四肢の腫れから判断してリンパ管炎だと推察され、結局リンパ節炎に状態だと言われてしまいました。
原因はサッカーの試合中にできた外傷から細菌が侵入したことであると推察され、しばらく安静にしておくように忠告されてしまいました。患部の腫れは見た目にもとても酷く、押さえると痛みを感じるので、安静にしていても辛かったです。
リンパ管炎の治療に関しては患部に細菌が繁殖するのを抑える抗生剤を利用したり、冷やしたりして処置を行って2ヶ月ほど治療を継続したところ、ようやく症状が治まるに至りました。そのまま放置しているとリンパ節炎になり、敗血症などの重篤な病気にかかるリスクもあったと聞き、とても恐ろしく感じました。少しでも異常が見られたら早めの処置をとることが重要だと思います。

リンパ管炎の治療は安静にしながら行う必要がある!

以前、リンパ管炎を患って入院していた時期がありました、その時は身体がとてもだるく、全身に激しい寒気を感じたりと散々でした、足の付け根にかけて赤い線が走り、そこを押すと少し痛みを感じることもありました。
当時は朝起きたらいきなり全身のだるさに襲われたので会社を休み、これ以上体調を悪化させない為に病院に行きました。重い身体を引きずり、検査を受けたところ、リンパ管炎だと診断されました。このままリンパ管炎を治療する為に入院し、とにかく安静にすることになりました。
抗生剤の投与だけでなく、むくみがひどかったので利尿薬も一緒に投与されました。安静にして数ヶ月間の治療を続け、むくみも治った上にだるさや寒気、高熱も徐々に治まっていきました。この症状が引き起こされたのはどうやら足の傷から何らかの細菌が感染したようで、入院している間にその傷も治ったので助かりました。再び症状に悩まされない為にも怪我をしたらすぐに消毒して感染しないように心がけています。

薬を飲んで安静にしていたらリンパ管炎が治りました

大学生のころ、急に寒気がして熱が一気に上がったことがあります。めったに風邪を引かないので驚きました。熱は40度近くにまでなりました。また、熱の他に首や脇に赤い線状の炎症があらわれその部分はかなり痛みました。夜は全く眠れないし、体が痛むので起きていてもつらいし本当に大変でした。
普通の風邪ではないと思ったのであわてて病院に行ったらリンパ管炎だと言われました。細菌がリンパ管の内に入ったのが原因らしいです。医者に抗生剤を処方されました。それから安静にしているようにとも指示されました。
幸い早めに医者にかかったので症状はそれほど悪化しませんでした。言われたとおりに薬を飲んで家で安静にしていたら熱が下がって赤い線状の炎症も消えていきました。
高熱が出るうえに体が痛くなるのでもうリンパ管炎になるのはごめんです。あれからかかったことはないのですが、何を気をつければかからなくなるのか良く分からないのでちょっと怖いです。

安静を保って寝ていたらリンパ管炎が楽になった

ある日突然、猛烈な寒気に見舞われました。ちょうど冬の時期で、インフルエンザが流行していたので、てっきりインフルエンザに罹ってしまったものとばかり思い込んでいたのですが、実はリンパ管炎が原因でした。
何枚も布団をかぶって寝ていても、寒気がとまらず、体がブルブル震えてしまいます。熱を測ってみると41度もありました。食欲がまったくなく、手足に力が入らず最悪の気分でした。2日3日安静にしていれば治ると思っていたのですが、症状がどんどん悪くなっていくので、家族に病院に連れて行ってもらいました。
病院でリンパ管炎だとわかり、びっくりです。なぜリンパ管炎になったのかというはっきりした原因はわかりませんが、入院せずに自宅で安静しながら様子をみることになりました。抗生剤治療はすぐに効果を表し、高熱や猛烈な悪寒などはしだいによくなっていきました。今考えても、なぜこの病気になったのか全く心あたりがありません。しかし、早めに病院に行っておいてよかったです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リンパ管炎の他の体験談

循環器の病気の体験談

  • 足のむくみで足がぱんぱんに!エコノミークラス症候群

    エコノミークラス症候群・足のむくみ

    海外旅行に行くことになり飛行機に乗っていたのですが、何時間か経ったころ足に違和感がありました。今考えてみるとエコノミークラス症候群はこの時から始まっていたのではないかと思います。靴が入らなくなってしまい、足がだんだん重くなりました。確認してみると足のむくみはとてもひどくなっていました。 やっとフライトが終わり席を立ったところ、ふらつきを感じ足のむくみがあった箇所が少し痛くなりました。しばらくする…続きをみる
  • エコノミークラス症候群の兆候?長距離バスでの足の痛み

    エコノミークラス症候群・足の痛み

    出張に行った時に長時間バスに乗っていることがありました。 途中水分補給や休憩などもせずにずっと座りっぱなしだったので、帰りのバスが終点につく前には足がしびれている状態でした。到着してバスから降りると足のしびれがおさまらなかったのですが、長時間バスに乗っていたせいだろうと、思い気にもしていませんでした。しかし次の日になってもしびれている状態は変わらず、足の痛みも出てきたので念の為病院に行くことに…続きをみる
  • エコノミークラス症候群で足の甲が腫れ上がって悲惨なことに

    エコノミークラス症候群・足の甲

    デスクワークで一日中座りっぱなしの生活を続けていたら、エコノミークラス症候群になってしまいました。一度椅子に座ったら、3時間以上ずっと座りっぱなしになることが多く、仕事に集中しているときには半日以上ずっと椅子に座っていたということもありました。 私のエコノミークラス症候群の症状は、足の甲が腫れ上がっているところに特徴があります。足の甲が腫れて、どす黒く変色し、歩くと痛いです。足を床につけるたびに…続きをみる
  • 足が痛いと思ったらエコノミークラス症候群だった

    エコノミークラス症候群・足が痛い

    南米からの海外出張に帰ってきてから、左足の痛みに悩まされるようになりました。 左のふくらはぎから太ももにかけての痛みが強く、これは放置しても治らないだろうと思い、整形外科を受診することにしました。長時間のフライトをしてから足の痛みが出てきたということを伝えると、医師からエコノミークラス症候群の可能性があるから精密検査をすると伝えられました。精密検査の結果足が痛い症状の原因はどうやらエコノミーク…続きをみる
  • エコノミークラス症候群では何科を受診するのか分からなかった私

    エコノミークラス症候群・何科

    エコノミークラス症候群にかかったのは30歳代になった時でした。 たまたま、その症状がでる1年前に私は股関節の手術をしており、担当のお医者さんからは普通の人よりも愛の循環が滞りやすくなるし、長い時間すわっていたり動かさない時間があると脚の痛みにつながるので、きをつけてくださいという注意と指導は受けていました。そのときふと、そのような状態になったら何科に行けばいいのだろうというような心配はややありま…続きをみる