リンパ管炎の体験談

リンパ管炎になったら飲酒を控える

医師確認済み

リンパ管炎になったら飲酒を控える

足の付け根に猛烈な痛みが出てきたので病院に行ってみるとリンパ管炎との診断を受けました。

放置してしまうと敗血症になってしまうので、すぐさま抗生剤の服用を開始して治療することになりました。医師に日常生活で気をつけることはないか尋ねてみたところ、飲酒は控えてなるべく臥床して過ごすように指示されました。医師の指示通り安静にしてなるべく痛みを出さないように生活をしていると、足の付け根の激痛もだんだん回復して良くなっていくのが実感できました。なんとか歩けるくらいまでには回復したので、仕事に復帰しました。抗生剤をしばらく飲み続けていたので、症状も日に日に良くなり、リンパ管炎の症状が消失していきました。経過観察で医者に診てもらったのですが、血液検査も異常がなくなったので、完治の診断がされました。やはりリンパ管炎と診断されたら飲酒はなるべく控え治療に専念することが、完治への近道になると、その時思い知らされました。

リンパ管炎が飲酒を控えるきっかけに

仕事上、接待もあり飲みに行くことが多いのですが、ある日かなりの量を飲んで帰宅しました。あまりに飲み過ぎた私は、帰ってからシャワーも浴びず、服もそのままに床に倒れ込むように寝てしまいました。朝はもちろん二日酔いで体調がよくなかったのですが、いつも通り仕事に行きました。なんとなく熱っぽいような、だるいような感じがしたのですが、二日酔いですからきっとそのせいだろうと思いました。
仕事中に寒気が襲いましたが、前日私が飲酒していることは同僚も知っていますので仕事はやり終えました。
帰宅後、熱があるような気がしたので熱をはかろうとしてワキを見ると、赤い線がいくつも出ていました。びっくりして病院へ行き、リンパ管炎と言われました。リンパ管炎とはその時初めて耳にした言葉ですが、日頃決してよいとは言えない生活を送っていた私には生活改善するきっかけとなり、飲酒も控えようと思ったのです。それからは、あまり飲むこともなく、体調も良いような気がします。

飲酒しなくてもリンパ管炎にはなる

少し前に急に39度台の高い熱が出たことがあります。熱のほかに足の付根や首のあたりが腫れました。普段から飲酒タしないしバコも吸わないし、週に2回ジョギングをして健康にとても気をつけていたので不意打ちでした。風邪もこの10年間ひいたことがなかったです。寝ていれば良くなるかと思ったら、熱が下がらないし腫れが引かないのでおかしいと思って医者に行きました。
医者からはリンパ管炎だと診断されました。リンパ管の中に細菌入り込んで引き起こされる病気だそうです。飲酒をしていないとかタバコを吸わないというのはあまり関係なかったみたいです。
薬をもらって家でおとなしくしていたら、熱が下がって身体の腫れも引いてきました。
リンパ管炎になって改めて健康が一番大切であると感じました。大人で熱が39度を超えると本当にきついです。自分は食事も食べられないし寝ることもできませんでした。もうリンパ管炎にはかかりたくないです。あんなにつらい思いをするのは嫌です。

リンパ管炎と飲酒の因果関係

リンパ管炎は、体外から傷口等を介して侵入してきたばい菌が、リンパ節に炎症を起こさせることで発症する病気です。
私の場合は、長年放置していた水虫から侵入してきたらしいのですが、左足のひざの裏に痛みと腫れがおきてしまいました。
しかし、症状的には風邪と同じようなもので、痛みもそれほど強烈なものではなかったため、普段より大人しくしている程度で、これといって安静にしていたわけではありません。
通院して抗生剤を投与してもらっていましたし、医者からも何も言われなかったので晩酌も普通にしていました。
しかし、治りが遅いこともあり先生に相談したところ、やはり飲酒は控えたほうがいいとのことです。
理由としては、適量のアルコールなら問題はないそうなのですが、深酒すると体の免疫力を下げてしまうそうなのです。
いつも、眠くなるまで飲んでいた私は、明らかに飲み過ぎらしく、ビール1本か御銚子1本に抑えた方がリンパ管炎の治りも早いそうです。
適量の飲酒なら問題ないですが、くれぐれも深酒は慎みましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リンパ管炎の他の体験談

循環器の病気の体験談

  • 足のむくみで足がぱんぱんに!エコノミークラス症候群

    エコノミークラス症候群・足のむくみ

    海外旅行に行くことになり飛行機に乗っていたのですが、何時間か経ったころ足に違和感がありました。今考えてみるとエコノミークラス症候群はこの時から始まっていたのではないかと思います。靴が入らなくなってしまい、足がだんだん重くなりました。確認してみると足のむくみはとてもひどくなっていました。 やっとフライトが終わり席を立ったところ、ふらつきを感じ足のむくみがあった箇所が少し痛くなりました。しばらくする…続きをみる
  • エコノミークラス症候群の兆候?長距離バスでの足の痛み

    エコノミークラス症候群・足の痛み

    出張に行った時に長時間バスに乗っていることがありました。 途中水分補給や休憩などもせずにずっと座りっぱなしだったので、帰りのバスが終点につく前には足がしびれている状態でした。到着してバスから降りると足のしびれがおさまらなかったのですが、長時間バスに乗っていたせいだろうと、思い気にもしていませんでした。しかし次の日になってもしびれている状態は変わらず、足の痛みも出てきたので念の為病院に行くことに…続きをみる
  • エコノミークラス症候群で足の甲が腫れ上がって悲惨なことに

    エコノミークラス症候群・足の甲

    デスクワークで一日中座りっぱなしの生活を続けていたら、エコノミークラス症候群になってしまいました。一度椅子に座ったら、3時間以上ずっと座りっぱなしになることが多く、仕事に集中しているときには半日以上ずっと椅子に座っていたということもありました。 私のエコノミークラス症候群の症状は、足の甲が腫れ上がっているところに特徴があります。足の甲が腫れて、どす黒く変色し、歩くと痛いです。足を床につけるたびに…続きをみる
  • 足が痛いと思ったらエコノミークラス症候群だった

    エコノミークラス症候群・足が痛い

    南米からの海外出張に帰ってきてから、左足の痛みに悩まされるようになりました。 左のふくらはぎから太ももにかけての痛みが強く、これは放置しても治らないだろうと思い、整形外科を受診することにしました。長時間のフライトをしてから足の痛みが出てきたということを伝えると、医師からエコノミークラス症候群の可能性があるから精密検査をすると伝えられました。精密検査の結果足が痛い症状の原因はどうやらエコノミーク…続きをみる
  • エコノミークラス症候群では何科を受診するのか分からなかった私

    エコノミークラス症候群・何科

    エコノミークラス症候群にかかったのは30歳代になった時でした。 たまたま、その症状がでる1年前に私は股関節の手術をしており、担当のお医者さんからは普通の人よりも愛の循環が滞りやすくなるし、長い時間すわっていたり動かさない時間があると脚の痛みにつながるので、きをつけてくださいという注意と指導は受けていました。そのときふと、そのような状態になったら何科に行けばいいのだろうというような心配はややありま…続きをみる