レイノー病れいのーびょう

カテゴリ
循環器の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

レイノー病とは

レイノー病とは、冷たい物に触れたときや強いストレスを感じたときなどに、手や足の先、耳や鼻などが血管の発作的な収縮によって、白色や紫色になる原因不明の病気です。しびれや痛みを伴うこともあります。

普段から体を温めることが予防になります。

レイノー病の症状

レイノー病は、手足の先、鼻、耳、唇などが白くなる病気で、青や紫っぽくなることもあります。症状は左右対称に出るのが特徴です。毎回同じ場所に症状がでるとは限らず、同じ人でも毎回違う場所に症状が出ることも珍しくありません。
  
温めるなどすれば、1分から数時間ほどで改善される場合がほとんどですが、改善されない場合は受診が必要です。まれに、症状が出ている部分に感染症や潰瘍が見つかることもあります。

レイノー病の原因

レイノー病の原因は、今のところはっきりとは解明されていません。しかし、冷感刺激や過剰なストレスが大きく関わっているのではないかと考えられています。
  
冷感刺激やストレスを受けることにより、体が過剰反応を起こし、小動脈が異常収縮して痙攣を起こします。そして、それが原因で血流が悪くなることで、皮膚に症状が現れると考えられているのが現状です。
  
また、血管の収縮は交感神経優位のときに起こることから、自律神経の異常も関係していることが予測できます。

膠原病である強皮症や全身性エリテマトーデスで、レイノー病と同じ症状が見られることがあり、この場合は「レイノー症候群」と呼ばれます。

レイノー病の治療

主に鎮痛剤や血管拡張などの薬が処方され、基本的には対症療法で様子を見ます。また、タバコは血管を収縮させ血流を悪くするため禁煙します。

症状が重い場合には、交感神経切除の手術が行われることもあります。

レイノー病の予防

体が冷えないようにすることと、ストレスを軽減させることが予防に大切です。冬場は特に体が冷えないように、服装などに気を配りましょう。

バランスのとれた食事、質のよい睡眠とって、生活習慣の改善に努めます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください