エコノミークラス症候群/静脈血栓寒栓症の体験談

エコノミークラス症候群でふくらはぎの激痛に悩まされた体験談

医師確認済み

エコノミークラス症候群でふくらはぎの激痛に悩まされた体験談

従事している仕事の性質上、長時間椅子に座り続けることが多いため日頃から筋肉痛や肩凝りに悩まされていました。空き時間を見つけては体を動かすように気を配っていましたが、残業や休日出勤が続いて休息を十分に摂ることが出来ない日が続きました。そのため、下半身の痛みが生じるようになり、特にふくらはぎは脂汗をかくほどの激痛が生じることもありました。
同じ姿勢を長く続けると血液が凝固して体全体に悪影響が及ぶエコノミークラス症候群を患うことを知ってからは休憩中には必ず足をほぐすように注意しました。ふくらはぎは激痛が治まった後もこわばりや痺れが残ることがあるので、仕事に支障をきたすことがありました。不具合に見舞われないように一定時間ごとに起立した状態で業務に従事するなど、エコノミークラス症候群を発症させない工夫が必要でした。
現在では意識して軽い運動を行うように気を配り、同じ姿勢を続けないようにしているのでエコノミークラス症候群のリスクも大きく減って快適に仕事を行うことが出来ます。

ふくらはぎの痛みは、エコノミークラス症候群かも!

エコノミークラス症候群という言葉は、ずいぶんと前から知っていました。海外旅行などで長時間フライトすると、下半身が圧迫されてうっ血することにより、痛みやめまいがでるというものです。だから、飛行機に乗っている間は、軽いエクササイズなんかを心がけています。
ところが、このエコノミークラス症候群は、フライト中以外にも起こるんだそうです。私はデスクワークなのですが、非常に長時間座りっぱなし、下手すると8時間以上の日があります。そうすると、帰り際にはふくらはぎが痛むのです。いっとき、立ち上がるのも困難な日がありました。
幸い、職場でも同じようにふくらはぎの痛みやむくみを感じている同僚がおり、その人が「それはエコノミークラス症候群だ」と教えてくれました。予防するには、とにかく毎時間立って足を動かすこと。そして、水分補給をマメに行うことという話でした。
そこで、ペットボトルを常備し、昼休みは10分ほどのウォーキング。それらを実行することで、最近では症状が出なくなりました。

エコノミークラス症候群はまずふくらはぎを揉むといいですよ

エコノミークラス症候群は旅行者血栓症とも言われ、長時間同じ姿勢で座っている事によって、下肢が圧迫されてうっ血状態となり決戦が生じる事により発生します。皆様も「正座」している時に足がしびれた経験を持つ方も多いと思いますが、似たような状況と言えます。
エコノミークラス症候群にならないよう、私の場合は時間を決めて機内を歩き回ったりしています。とはいっても、飛行機の中をそうぐるぐる歩き回るのも割と億劫ですし、周りにも気を使います。
そこで簡易的にできて、なおかつ効果的な方法として「ふくらはぎ揉み」が私の必殺技です。エコノミークラス症候群の特徴として挙げられる症状の中に「ふくらはぎの痛み」がありますが、これがおこる前に自分で揉んでしまうのです。力を入れて揉むとかなり痛く、しばらく揉む事によって血がふくらはぎに集まってじわーっと暖かくなるのがわかると思います。座っていてもできるので、大変便利ですよ。これと歩き回りと、水分補給を組み合わせて、快適なフライトを楽しんでいます。

エコノミークラス症候群の解消にはふくらはぎの筋肉が大事

長時間イスに座った様な姿勢を取り続けるとおこるエコノミークラス症候群対策にはふくらはぎの筋肉を鍛えることが大事です。
私が長時間イスに座り続けて不調を感じるようになったのは25歳を過ぎてからですが、その頃に足を痛めてなるべく運動しないように安静にする生活を送っていたら、たちくらみ、貧血、動悸、息苦しさにも悩まされるようになりました。
長く貧血やたちくらみが続くので一度かかりつけの医師に相談してみました。そして血液検査や肺活量や立った状態でどれくらい血液が頭に戻るかという検査も受けると、原因は足の筋肉が衰えて血液をうまく循環させられていないからとわかりました。筋肉は体を動かすだけでなく、血液を体中に送るポンプの役割があるのですが、足に筋肉がついていないと頭の方まで血液を送ることが出来ず、結果血液に含まれる酸素が届かず、貧血、たちくらみがするとのことでした。ですのでエコノミークラス症候群対策にはふくらはぎの筋肉を鍛えることがとっても大切です。

ふくらはぎの痛みはエコノミークラス症候群の可能性あり

最近、脚の疲れが取れなくて困っています。長時間、デスクに向かって事務作業を行っているのですが、仕事が終わった後もふくらはぎが痛いままですから不安になりました。
そこで、ネットで評判が良かった整形外科を訪れて診察を受けてみました。その結果、整形外科医からエコノミークラス症候群と診断されました。とても驚いたら、電車や飛行機などに長く乗っていると発症するわけではないと説明されました。職場の様子を尋ねられたので、ずっとデスクに向かっていることを打ち明けたら、それが原因だと言われました。
治療として、エコノミークラス症候群の治療に最適な漢方薬を処方されました。さらに、血行を促進することが重要だと言われましたから、定期的にストレッチ体操を行うようにしました。
漢方薬を飲みながら日常生活の過ごし方に気をつけていたら、ふくらはぎの痛みがすっかり解消されましたので安心しました。早めに整形外科で治療を受けた甲斐がありました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康チェック

健康チェック画像

「エコノミークラス症候群度」チェック

デスクワークや長時間移動が多い方、要チェックです!

急性肺血栓塞栓症、通称「エコノミークラス症候群」という病名を聞いたことはありますか?

一般に、飛行機での移動やデスクワークなどで長時間イスに座って足を動かさない状況下で起きるものとして、足の静脈にできた血栓がなんらかの拍子で血管からはがれてしまい、血液の流れで肺の動脈を閉塞してしまう疾患を指します。また、場合によっては死に至ってしまう、とても怖い疾患でもあります。

あなたにもそのリスクがあるのでしょうか? 早速、セルフチェックしてみましょう!

1 /15

点滴や輸血をするための管を、長期間入れていたことがある

エコノミークラス症候群/静脈血栓寒栓症の他の体験談

循環器の病気の体験談

  • 低血圧症の方はアルコール摂取に注意

    低血圧症・アルコール

    私は低血圧症ですが、アルコールの摂取は注意を払わなければいけません。なぜなら低血圧とアルコールは非常に相性が悪いものだからです。アルコールは残念ながら血圧を下げてしまうので、ただでさえ低い血圧が更に低くなってしまうのです。すると血が隅々まで行き届かず悪影響が出てきます。 私の場合は座って飲んでいた時、トイレに行こうと立ち上がるとめまいがします。お酒を飲んでいることによる酔い+低血圧によるめまいな…続きをみる
  • 子供の頃の低血圧症が改善したのは食事でした

    低血圧症・子供

    私は子供の頃に「立ち眩み」「入浴中に気分が悪くなる」「軽い運動ですぐ疲れる」等の症状に悩まされていた時期がありました。いわゆる「低血圧症」です。 自覚し始めたのは小学6年生の頃、それから徐々に頻度が増し、中学2年生の頃にはほぼ毎日気分が悪いような状態でした。親と一緒にお医者さん(内科)にも相談しましたが「低血圧症のようだが大したことはない。まだ子供ですし様子を見ましょう」と言われました。でも、続…続きをみる
  • 眠気の原因は低血圧症状眠気だった

    低血圧症状眠気

    低血圧症状眠気は耐えられないほどの眠気に襲われ時には自分が気が付かない間に寝ていることもありました。うっかり寝てしまったレベルではないくらい記憶がないので危険だと思い改善に向けて努力することにしました。 低血圧症状眠気は根本的に生活を見直し体質自体を改善しないと解決には難しいとのことなので、起きるのは辛いですが早寝早起きをすることから始めました。冬はできませんが起きたら軽くシャワーを浴びると目が…続きをみる
  • リンパ管炎になったら飲酒を控える

    リンパ管炎・飲酒

    足の付け根に猛烈な痛みが出てきたので病院に行ってみるとリンパ管炎との診断を受けました。 放置してしまうと敗血症になってしまうので、すぐさま抗生剤の服用を開始して治療することになりました。医師に日常生活で気をつけることはないか尋ねてみたところ、飲酒は控えてなるべく臥床して過ごすように指示されました。医師の指示通り安静にしてなるべく痛みを出さないように生活をしていると、足の付け根の激痛もだんだん回…続きをみる
  • リンパ管炎になったら安静に

    リンパ管炎・安静

    30歳ごろにリンパ管炎になりました。当時仕事が忙しくて、寝る時間もなかったので、疲れが溜まっていました。初期の自覚症状として、熱っぽさと体のだるさがありましたが、風邪だろうと思い市販の風邪薬をのんで様子を見ることにしていました。 すると、体のリンパの辺りが腫れてきて、熱が高くなってきました。これはさすがに危険だと感じたので、仕事を休んで近所の内科を受診しました。リンパ周辺に赤い線が出ていたので、…続きをみる
健康チェック画像

「エコノミークラス症候群度」チェック

デスクワークや長時間移動が多い方、要チェックです!
健康チェックする