エコノミークラス症候群/静脈血栓寒栓症の体験談

足が痛いと思ったらエコノミークラス症候群だった

医師確認済み

足が痛いと思ったらエコノミークラス症候群だった

南米からの海外出張に帰ってきてから、左足の痛みに悩まされるようになりました。

左のふくらはぎから太ももにかけての痛みが強く、これは放置しても治らないだろうと思い、整形外科を受診することにしました。長時間のフライトをしてから足の痛みが出てきたということを伝えると、医師からエコノミークラス症候群の可能性があるから精密検査をすると伝えられました。精密検査の結果足が痛い症状の原因はどうやらエコノミークラス症候群だったようで、治療をすぐさま行うことになりました。具体的には足にできてしまった静脈の血栓を溶かす治療であり、内服薬によって行う内科的治療が選択されました。私の場合は症状はそこまで進行していませんでしたから、水分摂取を心がけるようにして、しっかりと服用薬を飲むと足が痛い症状も消失しました。経過観察で整形外科に行くと、エコノミークラス症候群はもう完治しているので、残っている薬の服用は中断しても良いことになりました。

足が痛いようになりエコノミークラス症候群と病院で診断された

私は海外旅行が大好きでお金もないのによく飛行機に乗って海外旅行に出かけていました。
アメリカに行った時の事ですが帰りの飛行機の座席がとても狭くて窮屈な状態が続いていたら、足が痛いようになり胸がとても苦しくなりました。
もう直ぐ日本の空港に到着すると言う時にスチュワーデスさんに胸が苦しくて足が痛い事を伝えると空港に着いたら救急車を呼んでくれると言ってくれたのです。
空港に着いて飛行機から降りて待ち構えていた救急車に乗って空港の近くにある救急病院に搬送されました。
精密検査や投薬をしてもらって少しましになって、6人部屋の病室に移されました。
担当の先生が私のベッドまで来てくれて私がエコノミークラス症候群にかかっている事を伝えてくれました。
先生の話ではエコノミークラス症候群は水分を取らないで狭い場所にずっと同じ姿勢になっている事が原因で起こるように言われていました。
今回は3日間の入院で済みましたが、これから飛行機に乗る時はこまめに水分を取ろうと思っています。

足が痛いのがサイン?エコノミークラス症候群

エコノミークラス症候群はすっかりこの名前で定着した感がありますが、長時間飛行機に乗らなくても発症することも、今では常識ですね。私の場合、オフィスワークで長時間座り続けていて、左足の太ももの裏側辺りに、ちょっとした違和感を覚えたのが最初の自覚症状でした。
大したことはないけれど、なんだか足が痛いな…と思いましたが、肩こりや正座した時の痺れのようなもの、くらいに考えていました。ですが、ちょっと座り方をずらしてみたりしても緩和されず、なんとなく足が痛いようなだるいような感じが続く…と思い、同僚に話してみたところ、それはエコノミークラス症候群の症状かもしれないと言われて驚きました。
振り返ってみれば、乾燥気味のオフィスなのにあまり水分をとることもなく、座りっぱなしでした。念のため病院に行ったところ、血栓はできていないとのことで安心しましたが、意識的に水分を補給し、一時間に一度は立って歩いたり屈伸などの動きをするよう指導され、今も実践しています。

エコノミークラス症候群になると足が痛いのが厄介である

私はあまり海外に行くことはないのですが、仕事の都合で初めてイギリスのロンドンに行くことになりました。そのため飛行機を利用してそこまで行くことになったのですが、私は飛行機が好きではないので気分が優れませんでした。それでも仕事なので仕方がなかったのですが、機内は狭くて息苦しく耐えられない状態でした。しかし私はロンドンまで何度も往復しているうちに、少しずつ慣れて来てあまり苦痛に感じなくなってきました。
そんなある日私は足が浮腫んでいることに気付きました。ただその時は大したことはないだろうと思ったのですが、足が痛いのが治まらなかったので病院に行くことにしました。
そして病院で医師にエコノミークラス症候群であると言われてびっくりしました。私は足が痛いのは炎症でも起こしていると思ったのですが、まさかエコノミークラス症候群であるとは思っても見ませんでした。
医師からはしっかりと水分補強をするように言われたので、できるだけ水を飲むようにして二度とエコノミークラス症候群にならないように気を付けています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康チェック

健康チェック画像

「エコノミークラス症候群度」チェック

デスクワークや長時間移動が多い方、要チェックです!

急性肺血栓塞栓症、通称「エコノミークラス症候群」という病名を聞いたことはありますか?

一般に、飛行機での移動やデスクワークなどで長時間イスに座って足を動かさない状況下で起きるものとして、足の静脈にできた血栓がなんらかの拍子で血管からはがれてしまい、血液の流れで肺の動脈を閉塞してしまう疾患を指します。また、場合によっては死に至ってしまう、とても怖い疾患でもあります。

あなたにもそのリスクがあるのでしょうか? 早速、セルフチェックしてみましょう!

1 /15

点滴や輸血をするための管を、長期間入れていたことがある

エコノミークラス症候群/静脈血栓寒栓症の他の体験談

循環器の病気の体験談

  • 低血圧症の方はアルコール摂取に注意

    低血圧症・アルコール

    私は低血圧症ですが、アルコールの摂取は注意を払わなければいけません。なぜなら低血圧とアルコールは非常に相性が悪いものだからです。アルコールは残念ながら血圧を下げてしまうので、ただでさえ低い血圧が更に低くなってしまうのです。すると血が隅々まで行き届かず悪影響が出てきます。 私の場合は座って飲んでいた時、トイレに行こうと立ち上がるとめまいがします。お酒を飲んでいることによる酔い+低血圧によるめまいな…続きをみる
  • 子供の頃の低血圧症が改善したのは食事でした

    低血圧症・子供

    私は子供の頃に「立ち眩み」「入浴中に気分が悪くなる」「軽い運動ですぐ疲れる」等の症状に悩まされていた時期がありました。いわゆる「低血圧症」です。 自覚し始めたのは小学6年生の頃、それから徐々に頻度が増し、中学2年生の頃にはほぼ毎日気分が悪いような状態でした。親と一緒にお医者さん(内科)にも相談しましたが「低血圧症のようだが大したことはない。まだ子供ですし様子を見ましょう」と言われました。でも、続…続きをみる
  • 眠気の原因は低血圧症状眠気だった

    低血圧症状眠気

    低血圧症状眠気は耐えられないほどの眠気に襲われ時には自分が気が付かない間に寝ていることもありました。うっかり寝てしまったレベルではないくらい記憶がないので危険だと思い改善に向けて努力することにしました。 低血圧症状眠気は根本的に生活を見直し体質自体を改善しないと解決には難しいとのことなので、起きるのは辛いですが早寝早起きをすることから始めました。冬はできませんが起きたら軽くシャワーを浴びると目が…続きをみる
  • リンパ管炎になったら飲酒を控える

    リンパ管炎・飲酒

    足の付け根に猛烈な痛みが出てきたので病院に行ってみるとリンパ管炎との診断を受けました。 放置してしまうと敗血症になってしまうので、すぐさま抗生剤の服用を開始して治療することになりました。医師に日常生活で気をつけることはないか尋ねてみたところ、飲酒は控えてなるべく臥床して過ごすように指示されました。医師の指示通り安静にしてなるべく痛みを出さないように生活をしていると、足の付け根の激痛もだんだん回…続きをみる
  • リンパ管炎になったら安静に

    リンパ管炎・安静

    30歳ごろにリンパ管炎になりました。当時仕事が忙しくて、寝る時間もなかったので、疲れが溜まっていました。初期の自覚症状として、熱っぽさと体のだるさがありましたが、風邪だろうと思い市販の風邪薬をのんで様子を見ることにしていました。 すると、体のリンパの辺りが腫れてきて、熱が高くなってきました。これはさすがに危険だと感じたので、仕事を休んで近所の内科を受診しました。リンパ周辺に赤い線が出ていたので、…続きをみる
健康チェック画像

「エコノミークラス症候群度」チェック

デスクワークや長時間移動が多い方、要チェックです!
健康チェックする