エコノミークラス症候群/静脈血栓寒栓症の体験談

エコノミークラス症候群で足の甲が腫れ上がって悲惨なことに

医師確認済み

エコノミークラス症候群で足の甲が腫れ上がって悲惨なことに

デスクワークで一日中座りっぱなしの生活を続けていたら、エコノミークラス症候群になってしまいました。一度椅子に座ったら、3時間以上ずっと座りっぱなしになることが多く、仕事に集中しているときには半日以上ずっと椅子に座っていたということもありました。
私のエコノミークラス症候群の症状は、足の甲が腫れ上がっているところに特徴があります。足の甲が腫れて、どす黒く変色し、歩くと痛いです。足を床につけるたびにズキズキと痛むので、病院に行くのもたいへんでした。妻に支えてもらいながら家の中を移動しなくてはならず、もし一人暮らしだったらと思うとぞっとします。
血液の循環をよくする薬を飲みながら、できるだけ足の甲を冷やすようにしていました。はじめは氷水で冷やしていたのですが、妻がスーパーで保冷剤を大量に買ってきたので、保冷剤をタオルに包んで患部にあてるようになりました。保冷剤を直接あてると冷たすぎて長時間あてておけないので、タオルに包むのがコツです。

エコノミークラス症候群で足の甲がひどいことに

デスクワークの仕事なので、夕方になるとエコノミークラス症候群の症状が表れ、足の甲がむくんでパンプスを履いているのがつらくなります。意識的に膝下を動かすようにしてはいるのですが、片方の足の甲が異常にむくんだりします。
仕事を終えて歩き出してもなかなかむくみは解消しません。違和感だけでなく痛みを感じることもあります。
オフィス内は乾燥しているので、自分で水分補給を心がけています。利尿作用のある飲み物は避けるようにしていますので、コーヒーも紅茶も緑茶も飲みません。常にイオン飲料のペットボトルを持参して行きます。イオン飲料のほうが、水よりも水分の吸収がいいと聞いたからです。エコノミークラス症候群の症状が進行しないためには、何よりも運動が大事だとはわかっているのですが、仕事の場ですので、勝手な動きはそうそうできません。意味もなく立ち上がるわけにもいきませんので。せめて水分補給だけはしっかりしようと思っています。

足の甲の痛みや腫れはエコノミークラス症候群を疑うことが大事

この頃、足の甲に痛みを感じたり、腫れているように見えたりして、とても心配になりました。そのために、これまで使い続けていたパンプスなどをきつく思えて困ります。このままでは買い換えなければいけません。
そこで、思い切って整形外科で相談してみることを決意しました。痛みを詳しく説明して、足の甲の腫れを見せたところ、エコノミークラス症候群と診断されました。次に、仕事やプライベートなど、日常生活の過ごし方について質問されました。そこで、一日中パソコンに向かい続けていること、休日はあまり出かけないことを伝えました。すると、エコノミークラス症候群は血行が悪くなることが原因なので、定期的に運動することが重要だと言われました。さらに、血行を促進する漢方薬を処方されました。
現在は、漢方薬を服用しながら日常生活を送っています。仕事の合間にストレッチを行ったり、脚に負担をかけない靴をはいたりしたら、痛みや腫れが治って安心しました。

足の甲の腫れの原因はエコノミークラス症候群かも?

普段から会社勤めでデスクワークが多く、1日の大半をパソコンの前に腰かけて作業をすることが多いです。昼休みも弁当で済ませてしまうことが多く、本当に机から立ち上がる機会は数える程しかありません。
そんな生活を送っていたある日、ふと風呂上りに自分の足を見てみると足の甲が腫れぼったくなっていることに気づきました。最初はどこかぶつけたのかとも思いましたが、その割には青あざもないし、痛みもないので違うかなあ、とも思いました。
それからしばらくして足に激痛が走るようになり、歩きづらくなってしまいました。気になるので近所の整形外科を受診してみましたが、骨には問題はないので大きな病院で調べてもらうように言われました。
市民病院では血管外科というところを紹介され、超音波で足の血管の中を見る検査をしたところ、エコノミークラス症候群と診断されました。
長時間、座った状態でいたことが、足の甲の静脈に血の塊ができるエコノミークラス症候群の原因となったようです。

エコノミークラス症候群の影響が出る足の甲

足の甲に違和感がありましたので、怪我をしたのだろうかと気にかかりました。けれど、まったく身に覚えがありません。しばらく放置していましたが、だんだん足の甲が腫れて、痛むようになりました。
もしかしたら病気が原因ではないかと不安になり、整形外科を訪れてみました。すると、エコノミークラス症候群と診断されましたから、本当にびっくりしました。整形外科医の説明によると、飛行機に乗り続けていなくても、同じ状態ならばエコノミークラス症候群を発症するそうです。そこで、自分の日常生活について振り返ってみました。その結果、パソコンに向かう仕事をしていますので、トイレに立つ以外は座りっぱなしであることが判明しました。
とても反省しましたので、まずは日常生活を見直すようにしました。一時間に一度は立ち上がり、足を伸ばしてストレッチを行いました。また、足に負担をかけないようなスニーカーに履き替えました。おかげで、現在はすっかり症状が改善されました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エコノミークラス症候群/静脈血栓寒栓症の他の体験談

循環器の病気の体験談

  • 低血圧症の方はアルコール摂取に注意

    低血圧症・アルコール

    私は低血圧症ですが、アルコールの摂取は注意を払わなければいけません。なぜなら低血圧とアルコールは非常に相性が悪いものだからです。アルコールは残念ながら血圧を下げてしまうので、ただでさえ低い血圧が更に低くなってしまうのです。すると血が隅々まで行き届かず悪影響が出てきます。 私の場合は座って飲んでいた時、トイレに行こうと立ち上がるとめまいがします。お酒を飲んでいることによる酔い+低血圧によるめまいな…続きをみる
  • 子供の頃の低血圧症が改善したのは食事でした

    低血圧症・子供

    私は子供の頃に「立ち眩み」「入浴中に気分が悪くなる」「軽い運動ですぐ疲れる」等の症状に悩まされていた時期がありました。いわゆる「低血圧症」です。 自覚し始めたのは小学6年生の頃、それから徐々に頻度が増し、中学2年生の頃にはほぼ毎日気分が悪いような状態でした。親と一緒にお医者さん(内科)にも相談しましたが「低血圧症のようだが大したことはない。まだ子供ですし様子を見ましょう」と言われました。でも、続…続きをみる
  • 眠気の原因は低血圧症状眠気だった

    低血圧症状眠気

    低血圧症状眠気は耐えられないほどの眠気に襲われ時には自分が気が付かない間に寝ていることもありました。うっかり寝てしまったレベルではないくらい記憶がないので危険だと思い改善に向けて努力することにしました。 低血圧症状眠気は根本的に生活を見直し体質自体を改善しないと解決には難しいとのことなので、起きるのは辛いですが早寝早起きをすることから始めました。冬はできませんが起きたら軽くシャワーを浴びると目が…続きをみる
  • リンパ管炎になったら飲酒を控える

    リンパ管炎・飲酒

    足の付け根に猛烈な痛みが出てきたので病院に行ってみるとリンパ管炎との診断を受けました。 放置してしまうと敗血症になってしまうので、すぐさま抗生剤の服用を開始して治療することになりました。医師に日常生活で気をつけることはないか尋ねてみたところ、飲酒は控えてなるべく臥床して過ごすように指示されました。医師の指示通り安静にしてなるべく痛みを出さないように生活をしていると、足の付け根の激痛もだんだん回…続きをみる
  • リンパ管炎になったら安静に

    リンパ管炎・安静

    30歳ごろにリンパ管炎になりました。当時仕事が忙しくて、寝る時間もなかったので、疲れが溜まっていました。初期の自覚症状として、熱っぽさと体のだるさがありましたが、風邪だろうと思い市販の風邪薬をのんで様子を見ることにしていました。 すると、体のリンパの辺りが腫れてきて、熱が高くなってきました。これはさすがに危険だと感じたので、仕事を休んで近所の内科を受診しました。リンパ周辺に赤い線が出ていたので、…続きをみる