睡眠中に汗がびっしょり。【異常な寝汗】は病気なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:医師 佐藤 留美

寝ているときに人は、約コップ一杯分もの汗をかいている、といわれています。それは、寝ているときにも体温調節機能が働いている証。つまり、寝汗をかくこと自体は、正常な人間の反応なので、問題ではありません。

しかし、パジャマや布団、枕がぐしょぐしょに濡れてしまうほどの寝汗は問題アリ。今回は、そんな“異常な寝汗”の原因について、医師に伺いました。

就寝中の汗びっしょり、5つのファクター

1:アルコールを摂取したとき
2:ストレスがたまっているとき
3:気温が高いとき、熱帯夜のとき
4:お風呂上りで体温が上がっているとき
5:着込み過ぎて体温が上がっているとき


一般的に経験する多量な寝汗としては、上記5つが考えられますが、特に病気が疑われるものではありません。しかし、この1〜5の理由が考えられない場合、病気が潜んでいる可能性も…。

異常な寝汗に潜む、病気とは

自律神経失調症、うつ病、更年期障害、肺結核、ホジキン病、がん、膠原病、感染症、甲状腺機能亢進症などを患っている場合、異常な寝汗をかくことがあります。

【医師からのアドバイス】

今まで寝汗に気づかなかったのに、最近自覚するようになったという場合も、病気が隠れている可能性があります。長引く寝汗や自分自身で異常を感じる場合は、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

(監修:医師 佐藤 留美)

あなたにおすすめ!「診断コンテンツ」


「人より汗が多いかも…」と思ったことはありませんか? じつは、日本人のおよそ5%が「多汗症」というデータがあるように、汗に悩んでいる人は結構います。

気になる方は、早速セルフチェックしてみましょう!
「多汗症」チェックはこちら

  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

膠原病について