夏バテにも役立つ!? 甘酒の健康効果がスゴイ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

夏が近づいてくると、何となくウキウキした気持ちになってくるのと同時に、夏バテが心配という方も多いのではないでしょうか。
栄養のある食事や休息をとり、それぞれ夏バテ対策されているかと思いますが、実はあまり知られていないある食品が夏バテに効果的なのです。

今回はそんな夏バテに効果絶大な食材ついて、医師に解説していただきました!

■ 何故夏バテは起きるの?

夏バテは夏の蒸し暑さに身体が適応しようとして無理がかかり、自律神経の乱れを起こして疲労感が続いたり、食欲が減退するなど様々な不快な症状が出現するものをいいます。
近年の猛暑では、夏バテで食欲がなく、カロリーや栄養素が不足するとますますバテてしまう、夏の盛りにはもう何も冷麦やかき氷などしか喉を通らず、ただぐったりして涼しくなるのを待つのみ、という方も続出したようですね。

こんな時に昔から、栄養食として重宝されているのが甘酒です。少し前までは身体を温めてくれる冬の飲み物というイメージが強かった甘酒ですが、最近では冷やして飲むタイプの商品も見受けられますね。ほんのり甘くてのど越しがよく、とてもおいしいものです。

■ 甘酒は手軽に摂取できる飲む点滴!?

実は、江戸時代には冷やして飲むことが一般的であったようです。
ご存知の通り、甘酒は麹の力を利用した発酵食品であり、麹菌が繁殖する際にはビタミンB群やビオチンといった非常に多くの種類の天然のビタミン類が生成され、甘酒に含まれます。
また、甘酒は必須アミノ酸やブドウ糖もとても豊富で、まるで成分の種類を見ると病院で行う栄養補給の点滴のようです。

夏バテで辛くて、病院で点滴を打ってもらったことがあるというような重症の方でも、スーパーマーケットやコンビニで、缶に入って売られている甘酒で、ほとんどの栄養素が補給できるなんて、何となくこの夏は安心感がありませんか?

そして、好き嫌いはあるかもしれませんが、何といっても飲み物としてとてもおいしいのも甘酒の嬉しいところです。
また、多くの商品でアルコール分はほとんど含まれず、子供でも飲むことが出来ます。

【医師からのアドバイス】

独特の麹の香りがちょっと苦手、という方は、レモンやライムをほんの少し絞ったり、氷を浮かべてみたり、炭酸水で薄めるなどしてもちょっと目先が変わって楽しいかもしれませんね。
この夏は、甘酒パワーで元気に過ごしたいですよね。
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連キーワード

キーワード一覧へ

関連するコンテンツ