男性の声変わりは、なぜ起こる? 声の高い・低いを決定付ける要因とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

男性の第二次性徴とも言われる声変わり。美しい歌声で有名なウィーン少年合唱団は声変わりをすると退団しなければなりません。理由は、声変わりにより約1オクターブほど声が下がってしまうから。本人にすると大変ショッキングな出来事かもしれないですね。

この声変わりは、11〜14歳で認められることが多いようですが、まれに声変わりしない方もいるのだとか。今回は、この声変わりの仕組みについてお伝えしたいと思います。

そもそも、声変わりの意味とは

男性は11~14歳ごろに起こる、第二次性徴に伴い声帯の組織が増殖し、声帯が厚く長くなります。同時に甲状軟骨が体表側に盛り上がり、男性特有の喉仏が認められるようになるのですが、この声帯の変化がいわゆる声変わりを引き起こしています。

声変わりに伴う、喉の異変

声変わりの時期、声帯の発達と声帯を支える筋肉が発達に差異があると、話している途中で声が裏返ることがあります。また声がかすれたり、喉に痛みを感じる方もいるかもしれません。しかし、これは変声期特有のもので病気ではありません。

ただし、無理に大声を出し続けたり、長時間歌を歌ったりすることは控えた方が良いようです。歌を歌う方はプロの指導のもとでレッスンを受けましょう。

男性の声の高い・低いを決定付ける要因とは

人は意識せずに会話に抑揚をつけたり、歌を歌ったり、声の高低、大小を使い分けています。 これは声帯の動きによるものです。声帯は左右2本のヒダ状の臓器で、中身は筋肉と靭帯で構成され、表面は粘膜で覆われています。この声帯は閉じたり開いたり、前後に引っ張られたりといろいろな動きをし、また声帯自体を厚くしたり薄くしたりする筋肉もあります。声の高低は、この声帯の振動数声帯の厚みによって決定し、振動数が高いほど音は高く、声帯が厚いほど音が低くなります。

男女の声の差も、この声帯の振動数と声帯の厚みの違いによるもので、その音域は自然と異なってきます。 また一人ひとり周波数が異なるため、意図的に声を変えても声紋は一致すると言われています。

女性も声変わりする?

女性も成長期には、若干の声変わりを自覚する方もいらっしゃいます。今までソプラノパートを歌っていたけれど、メゾソプラノの音域の音も出るようになる、そんな方もいらっしゃいました。ただ、多くの場合は、男性に比べて周りが気づくほどの音程の変化ではないようです。

医師からのアドバイス

女性に比べると一大事な男性の声変わりですが、大切な第二次性徴のひとつでもあります。周りで声変わりの時期を迎える方がいたら、無理をさせないよう気をつけたいものですね。

(監修:Doctors Me 医師)
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ