睡眠と美と健康の関係って…?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

睡眠は、私たちの健康や美容のために欠かすことのできないものです。睡眠不足になると、健康を害したり、疲れて見えたりします。これは、具体的にはなぜなのでしょうか。睡眠は、私たちに何をもたらしているのでしょうか。

今回は、睡眠について医師に詳しく聞きました。

睡眠中、体の中で何がどのような働きをしているのでしょうか。

睡眠中は、ノンレム睡眠(深い睡眠)とレム睡眠(浅い睡眠)を繰り返しながら、脳と体を休息させています。

ほかにも、睡眠中は分泌物による働きが起こっています。

1.成長ホルモンの分泌
睡眠開始から数時間後に「成長ホルモン」が脳内で分泌され、日中の活動で壊れてしまった細胞を治したり、体や頭の疲れを癒すはたらきを持っています。

2.コルチゾールの分泌
目覚める時間が近づくと、今度は脂肪を分解して体を動かすエネルギーに変える役割を持つ「コルチゾール」が分泌されます。コルチゾールが分泌されることで、眠っている体を活動モードに切り替えていきます。

睡眠が足りていないと、不健康に見えるのはなぜでしょうか?

睡眠不足だと、身体に影響が出てきます。その理由の中で、今回は3つについてお伝えします。

1.成長ホルモンと休息の不足
睡眠が不足していると、成長ホルモンの作用による細胞の修復が不完全になります。さらに休息がしっかり行われないことから、疲労感などからストレスも感じるようになります。そのため肌荒れや吹き出物、ニキビなどがあらわれ、疲労感を感じることが多くなってきます。

2.姿勢が正されない
寝ている間に自然にある程度姿勢が矯正されている場合が多いです。睡眠不足が姿勢の悪さを目立たせることもあります。

3.メラトニンの分泌不足
「メラトニン」と呼ばれる睡眠リズムを調節するホルモンがきちんと分泌されなくなります。「メラトニン」は「若返りホルモン」と呼ばれることがあります。メラトニンが不足することで、見た目や身体の老化が進んでしまう恐れがあります。

精神面の健康と睡眠はどう関係しているのでしょうか?

睡眠不足による精神面への影響は、主に自律神経が関係しています。
睡眠が足りていないと自律神経のうち、緊張を高める働きの交感神経が優位になり、ピリピリしたりイライラしやすい状態になることが知られています。

また、睡眠は人間の記憶にも非常に大切な役割を持つことが知られています。
睡眠不足の状態を続けることは、物事への集中力を欠き、特に新しいことを記憶する能力を低下させてしまいます。そのため仕事や勉強などのパフォーマンスは著しく低下します。

健康と美容のため、睡眠については、どんなことに気をつければいいのでしょうか?

必要十分な睡眠時間を確保することが重要なのはもちろんのこと、睡眠の質にも留意することが大切です。

以下のようなことに気をつけてみてはいかがでしょうか。
・寝具を寝やすいものに換える
・必ず照明を落とす
・携帯電話などは電源を消すか、最低でも音の出ないようにする

もちろん個人差はあります。まずはこのような工夫で、質の良い睡眠を意識するといいですね。

最後に医師からアドバイス

睡眠と美、そして健康は切っても切り離せないものです。
人間の生活の3分の1近くを占める睡眠の量や質にもう少しこだわって過ごすことで、生活全体の質がアップすることも期待できるでしょう。気になる方はぜひ睡眠にも目を向けてみてくださいね。

(監修:Doctors Me 医師)
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ