コラム画像

出典:PIXTA

薬の購入費が返ってくる!セルフメディケーション税制の利用方法と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年1月から施行される医療費控除制度の特例「セルフメディケーション税制」。これにより私達の生活や医療費はどう変わるのでしょうか?

今回はそんな不安や疑問を解消するために、薬剤師の吉澤恵理先生に「セルフメディケーション税制」から「セルフメディケーション」の活用法まで、具体的に説明していただきました。

セルフメディケーション税制とは?


概要


セルフメディケーション税制とは、2017年1月から施行される医療費控除制度の特例です。

通常の医療費控除制度は、1年間の医療費が10万円を超えた場合、確定申告すると控除が受けられるものです。

これに対しセルフメディケーション税制は、一定の条件を満たした人が控除対象となるOTC医薬品を1年間に1万2,000円を超えた場合に適用されます。

注)従来の医療費控除制度かセルフメディケーション税制のどちらか一方でのみ確定申告ができますので、ご自身の健康管理にどちらを適用すべきかを見極めて利用してください。

対象者


以下の条件を満たす人が対象者となります。

□ 住民税、所得税の納税者

□ 特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診断、がん検診などの一定の取り組みを健康増進、疾病予防のために行っている

□ セルフメディケーション税制対象となるOTC医薬品を1年間で1万2,000円を超えて購入している

OTC医薬品とは?


「OTC医薬品」とは、英語の「Over The Counter:オーバー・ザ・カウンター」の略で、カウンター越しに薬を販売するスタイルに由来しています。

OTC医薬品は、「セルフメディケーション」のために使用する薬です。

対象商品は?


医療用医薬品から転用された成分を含むOTC医薬品が主対象となります。

具体的な商品名は厚生労働省のページ(※)で確認することができますが、現時点でも1,500品目を超えており、すべてを把握するのは難しいと言えます。
厚生労働省:セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について

対象商品には、セルフメディケーション税制の控除対象であることがわかるよう「共通識別マーク」を印刷またはシールにて貼付するよう、徐々に準備が整えられているようです。
参考:日本一般用医薬品連合会

しかしマーク表記は義務ではない上、来月2017年1月〜表記開始であるため、すべての対象商品が記載ある状態で揃うことは難しいと考えられます。

パッケージに共通識別マークの表記がなくても、レシート上に表記があれば申請上問題ありませんので、レシート(領収書)で対象商品であるかどうかを確認するのが確実です。

控除内容


控除額は、1万2,000円から最大8万8,000円です。セルフメディケーション税制を利用すると「所得税」と「住民税」の減税効果が期待できます。

仮に課税所得が400万で対象OTC医薬品を2万円購入した場合は、減税額は、所得税、住民税あわせて2,400円程度となります。

しかしこれは、収入によって違いますのであくまで参考としてください。

利用する際の注意点


申告の際にはセルフメディケーション税制対象の医薬品を1万2,000円を超えて購入したという詳細を示す証明書が必要です。

必ず購入に際して以下が明記されたレシートまたは、領収証などを発行してもらうようにしてください。

==========
1.商品名
2.金額
3.当該商品がセルフメディケーション税制対象商品である表示
4.販売店名
5.購入日

==========

セルフメディケーションとは?


セルフメディケーションは、自主服薬を意味します。 自分の体調や健康を自身で管理し、自分の責任においてOTC医薬品を利用し病気の治療や予防を行うことをいいます。

関連記事:

セルフメディケーションについて、教えてください!

セルフメディケーションによる効果


◎ 健康管理の必要性から生活習慣を見直すきっかけとなる

◎ 医療や薬に関して興味が湧き知識を広めるきかけとなる

◎ 医療機関を受診しないことで時間の短縮、OTC購入の利便性

◎ 国民医療費の削減

関連記事:

「七大生活習慣病」って一体なに?今から見直したいNG習慣をチェック!

セルフメディケーションの注意点


■ 自身でのOTC医薬品選定に自身がない場合は薬剤師に相談する

■ 説明書は必ず読み用法用量を守って服用する

■ 症状の緩和がなければ医療機関受診

■ 服用中止で直ぐに症状が現れる場合は医療機関受診

おすすめ!セルフメディケーション実践方法


<花粉症>
毎年の花粉症に過去に使用経験がある抗アレルギー薬を服用

<胃腸炎>
胃腸炎で過去に使用経験がある胃腸薬を服用

<頭痛>
頭痛で過去に使用経験があるスイッチOTCを服用

<皮膚炎>
皮膚炎で過去に使用経験があるステロイド外用剤

関連記事:

薬の「スイッチOTC」とは、どんなものですか?

セルフメディケーションにおける薬局と薬剤師の役割

薬局


多くの薬局が「かかりつけ薬局」として地域医療に貢献するような取り組みをしています。健康相談などを積極的に行う薬局をかかりつけ薬局として利用することをお勧めします。

薬剤師


2016年よりかかりつけ薬剤師制度が導入されています。患者は自分のかかりつけ薬剤師を決め薬局において同意書を交わしたうえでかかりつけ薬剤師にいろな相談をすることができます。

またかかりつけ薬剤師は自分の受け持ちの患者からの相談に答える義務があります。

このような制度を利用することもお勧めいたします。なお「かかりつけ薬剤師制度」は無料ではありませんので料金については薬局にお尋ねください。

関連記事:

調剤薬局でお薬を出してくれる薬剤師さん。日々どんな仕事をしているの?

最後に吉澤先生から一言

セルフメディケーション税制が導入され消費者が自分や家族の健康管理を意識するきっかけとなり健康な人が増えることで医療費の削減にも繋がることを願います。

(監修:薬剤師 吉澤恵理先生)
頼り過ぎると下剤依存症を引き起こすことも...便秘薬との正しい付き合い方アボカドと抗うつ剤は混ぜるな危険!? 正しい薬と食べ物の飲み合わせ身近な薬で薬物依存症に?着目すべき薬の有効性と危険性

  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ