皆さんは、歯ブラシは「やわらかめ派」ですか?それとも「硬め派」ですか?

 

自分の歯や歯茎の状態に合わせて、歯ブラシの硬さを選ぶことが大切なのですが、自己判断で合わない歯ブラシを使い続けるとリスクになることも…。

 

特に硬めの歯ブラシは、正しい磨き方をしないと歯肉を傷付けることがあるので要注意です。

 

今回は、硬めの歯ブラシのメリット・デメリットや正しい歯磨き方法を、歯科医師の彦坂先生に解説をしていただきました。

 

目次

 

 

歯ブラシの硬さの規格

歯ブラシの硬さの種類 

やわらかめ・ふつう・硬め」と3種類があります。ドラッグストアでも、歯科医院でも大抵硬さは3種類です。

 

しかし、ブランドや会社ごとに「毛の太さ・枝の長さ・ヘッド」の大きさはそれぞれです。

 

 

硬めの歯ブラシのメリット 

歯垢の除去 

プラークがよく落ちます。単に汚れや、プラークの除去のみを考えた場合、「硬め>ふつう>やわらかめ」となります。歯面に着色や汚れが付きやすい場合、効率よくプラークを除去することが可能です。

 

 

硬めの歯ブラシのデメリット 

歯周病 

歯肉や歯を傷つけてしまう危険性があります。硬めの歯ブラシで歯肉付近をゴシゴシ磨くことはNGです。必要以上に強い力で硬いブラシで歯磨きすると、歯肉を傷つけたり、歯肉がさがってしまう原因にもなります。

 

歯肉が痛いといってこられる患者さんの中には、歯ブラシで歯肉が傷になり炎症が起きている方もいます。

  

硬めの歯ブラシで間違った歯磨きをすると、歯が削れて、くさび状欠損を引き起こし、知覚過敏の原因になることもあります。

 

 

硬めの歯ブラシが合うタイプ

高齢者や子どもの歯ブラシの選び方 

・エナメル質が厚く、歯が丈夫な人

・プラークが歯につきやすく、効率よく歯の汚れや菌を落とす必要がある人

・力の入りにくい高齢者、または子ども

 

 

硬めの歯ブラシの選ぶポイント

歯ブラシ選びのポイントを解説する歯科医師 

硬め歯ブラシも、使い方によっては効果があります。使う歯ブラシは、ヘッドが小さく、平坦で、枝が細いものが推奨されますが、あくまで一般的な場合です。

 

歯周病が進行した人には柔らかめブラシがあいますし、使用する歯ブラシは歯科医院で相談する必要があります。適当に選ぶのはあまりオススメしません。

 

歯ブラシはヘッドが大きければよく汚れが落ちるわけではありません。奥まで届くヘッドの小さめのものがオススメです。

 

 

硬めの歯ブラシでの正しい歯磨き方法 

歯磨きをする女性 

力を入れすぎず、歯面に対し90度にブラシを当てて、細かく動かします。1歯1歯細かく磨く要領で、少なくとも1歯20往復から30往復できると良いでしょう。

 

硬め歯のブラシでは歯面への歯磨きを重点的に考え、あとは歯周ポケットや歯肉に近い部分は、毛先の細い柔らか目のブラシで歯磨きすることをオススメします。できれば2本使いがベストです。

 

歯自体を磨くのも大事なのですが、歯と歯茎の境目、歯周ポケット内の清掃もする必要が有る為、鏡を見ながら歯ブラシの当てる位置を確認するのも大切です。

 

 

最後に彦坂先生から一言

歯科医師と患者 

一人一人の口の中の状況によって使用した方がいい歯ブラシは違います。定期健診時、自分にオススメの歯ブラシを担当の歯科衛生士さんや歯科医師に相談してみるといいかと思います。

 

むし歯のリスクが高いのか、歯周病のリスクが高いのかによっても変わってきます。