高い気温や湿度、台風などによる気圧の変化、冷房の効いた部屋と猛暑の外気の行き来、冷たい飲食物の大量摂取などは、どれも暑い夏によく見られますが、すべて「夏バテ」の要因といわれています。

 

今まで夏バテとは無縁であっても、今年は初めて経験した!という方も少なくないのではないでしょうか。

 

今回は夏バテの代表的な症状である「胃腸の不調」について、医師に解説していただきました。

 

 

夏バテ時の不調はなぜ起きる?

胃もたれで食べられない女性

 

身体がどのような環境に置かれても、人の身体の中では一定の状態を保ったり、時刻に応じたリズムをつくったり、食事やストレスに適切に対応したりするという、複雑なしくみがはたらいています。

 

ここで重要な役割を果たすのが「自律神経」です。しかし、身体が置かれる環境が過酷であったり変化が激しかったりすると、自律神経のはたらきが乱れて身体の機能を正常に維持することが難しくなります。

 

これは胃腸についてもいえることです。ふだん自律神経は、胃腸がスムーズに動き、胃酸や消化酵素が適切に分泌され、胃腸に十分な血液が流れるように調整しています。ところが、高い気温の日が続いたり、気温の変化が激しかったりした場合、自律神経のはたらきに異常が生じて胃腸の動きや消化機能に支障をきたすのです。

 

 

夏バテ時の胃腸はどんな状態になるの?

トイレで悩む女性 

夏バテすると、胃腸には以下のような影響が出る可能性があります。

 

・胃の動きが鈍る

胃もたれが起きたり、食欲が低下したりします。

 

・胃酸や消化酵素の分泌が鈍る

胃もたれが起きたり、軟便になったりします。

 

・胃の筋肉が緊張しがちになる

胃痛が起こる場合がある。

 

・腸の動きが鈍る

便秘がちになる場合があります。

 

毎日のように冷たい飲み物や食べ物が続いている方などは、心当たりがあるのではないでしょうか。

 

 

胃腸に負担がかかる要注意な飲み物&食べ物

胃腸に負担をかける食べ物

 

夏バテ時の胃腸には、以下のようなものに注意が必要です。

 

・常温以下の飲み物や食べ物

冷たいものを摂取すると自律神経の一つである「交感神経」が刺激され、胃酸の分泌が低下したり胃の血流が悪くなったりして、胃もたれや胃痛の原因になります。

 

・脂っこい食べ物

消化酵素の分泌が適切に行われていない状態で脂っこいものを食べた場合、うまく消化されずに胃もたれ、胃痛、軟便の原因になります。

 

・食物繊維の大量摂取

食物繊維を多く含む野菜、豆類、きのこ類等は、大切な栄養成分の摂取源となるほか、糖尿病や血管の病気を予防するためにも欠かせません。

 

しかし、食物繊維は消化しにくい難消化性であり、胃腸が弱っているときに摂りすぎると腹痛や腹部膨満感の原因となります。

 

・アルコール

適量の飲酒とは、ビールなら中ビン1本程度、日本酒なら1合程度、チューハイ(7%)なら350ml程度に相当します。

 

女性や高齢者の適量は、その1/3〜1/2ともいわれています。これを超えると胃粘膜が荒れやすくなりますので、暑さしのぎの飲酒には注意が必要です。*

 

 

疲れた胃腸への対策は?

入浴でリラックスする女性

 

疲れた胃腸を正常な状態へと近づけるためには、胃腸にターゲットを絞った対処を行う前にまずは生活習慣を見直し、それから食べ方を改善していくとよいでしょう。

 

生活習慣の見直し 

・たばこ

喫煙は胃の血流を低下させ、胃もたれや胃粘膜の炎症を起こす可能性があるため、禁煙を心がけましょう。

 

・睡眠

暑さで夜中に目が覚めないよう、快適な温度設定で睡眠をとるようにしましょう。

 

・入浴

自律神経を乱れさせないようにするため、入浴時はぬるま湯に10分程度つかるのがおすすめです。

 

食事の見直し

・一度に食べる量を減らし、食べる回数を増やしてみる

・食欲増進や胃もたれ緩和のため、おかずにおろし生姜を添えてみる

・食欲増進のため、消化のよい鶏ササミにワカメ、キュウリ、大葉を和えた酢の物をおかずに添えてみる

・胃での消化に時間を要さない豆腐、ゆで卵、ヨーグルトなどを食べる機会を増やしてみる

 

 

最後に吉田先生から一言

快適に夏を過ごす女性たち

 

この数十年の間、気候の世界的変動が著しいようですが、人の身体の適応力はそのような短期間では変わりません。夏バテしてしまった方もそうでない方も、身体に負担をかけない工夫を実践してみてください。

 

参考資料

アルコールによる健康障害 e-ヘルスネット