「年中乾燥敏感」なあなたの肌はこんな状態!? 理想の肌に近づける3つの対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

Doctors Me スポンサードコラム

肌がカサカサする、すぐに肌が乾燥する、ふとした刺激ですぐ肌がかゆくなる、赤くなる、しみる…など、季節を問わずこんな症状で困っている人もいると思います。

繰り返してしまうこんな肌の症状は、体質や年齢のせいだとあきらめてしまいがちですが、本当にあきらめて放置してしまってもよいのでしょうか…?

乾燥敏感な肌の状態と対策について、今回は皮膚科専門医東邦大学医療センター客員教授の向井秀樹先生に話を伺いました。

皮膚科専門医東邦大学医療センター客員教授
向井秀樹先生

「年中乾燥してしまう敏感な肌」って、どんな状態?

肌が乾燥するというのは、肌の水分が少ない状態です。本来、肌は「角層」によって水分が逃げないようにする役割を持っています。この役割を角層のバリア機能と言います。

冬は、湿度の低下でどうしても肌から水分が逃げやすくなり乾燥しがちですが、年中乾燥してしまう敏感な肌は、角層のバリア機能が低下しており、季節を問わず肌の水分を保つ機能が低く、肌が乾燥したり外的刺激を受けやすい状態です。

「年中乾燥敏感な肌」になる原因は?

角層のバリア機能に関わる三大因子には、皮脂・細胞間脂質・天然保湿因子があります。そしてもうひとつ、抗菌タンパクという第4のバリア成分があります。皮膚には善玉菌と悪玉菌が存在し、抗菌タンパクは皮膚の表面を覆うことで、悪玉菌の刺激を皮膚の内部に入れないようにバリアの役割をしています。


そのため、皮膚の表面を覆っている抗菌タンパクが減少してしまうと、外部からの刺激を防御する力、つまり「角層免疫力」が低下し外的刺激を受けやすくなるので、炎症を引き起こし肌の状態が悪化します。

「年中乾燥敏感な肌」になりやすいのは、どんな人?

先天的な異常でバリア機能が低い方もいますが、乾燥敏感な肌の方には洗い過ぎが原因の人が多くいます。正常なターンオーバーで補われる以上に、洗い過ぎによって皮脂膜など肌にとって大切な成分を失ってしまい、肌の状態が悪化しているのです。

改善のための3つの対策

悪化してしまった肌の状態を改善・維持するには、「角層免疫力」を補うことが重要です。
そのための対策は、以下の3つです。




  • 肌を洗い過ぎず清潔に保つ

  • 保湿する

  • 皮膚を保護する

これからの暑い時期はクリームを塗りたくないという方も多いと思います。洗った後、朝はさっぱりしたタイプの化粧水でもよいですが、夜はクリーム系の保湿剤をたっぷり塗るとよいでしょう。

また、これからの季節は特にエアコン環境にいることが多くなり、肌が乾燥しやすくなります。さらに、日差しも一層強くなるので、保湿効果の高い日焼け止めで昼の保湿不足を補うのもよいでしょう。
春の花粉、夏の汗や紫外線、冬の乾燥など、日本の四季は肌にとっては過酷な環境ですが、日頃から肌の変化に気を配りながらスキンケアをすることで肌トラブルの悪循環を解決する糸口になります。日々行っている自分のケアを今一度見直ししてみてはいかがでしょうか。



年中肌が乾燥敏感な方にとっては、毎日乾燥しているのが当たり前になり、こういう状態を自分の体質や年齢のせいだと思っている方は意外に多いのではないでしょうか。

そこで今回Doctors Me編集部がご紹介したいのは、ファンケルの皮膚科学研究です。こういった深刻な肌の悩みに着目し、真摯に向き合い研究を重ねているファンケル。

乾燥敏感肌で悩んでいる人のために、ファンケルがこだわり抜いて導き出したアプローチをご紹介します。

【こだわり1】徹底的に無添加を追求!


肌の負担になりやすい成分を徹底的に排除しているファンケル。肌に蓄積し、老化を早める可能性がある防腐剤・香料・合成素材・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤といった添加物はもちろん、乳液やクリームでは界面活性剤も使っていません。

【こだわり2】徹底保湿×徹底保護の独自アプローチ


ファンケルはバリア機能の低下により、常に乾燥しかゆみを感じやすくなる“肌が過敏になっている状態”に着目して、独自成分である「スキンバリア成分」を開発。「保護効果」と「保湿効果」を併せ持ち、皮膚の水分が蒸散するのを防いでくれるだけでなく、水分を蓄え、外的刺激から徹底的に肌を保護してくれるんです!乾燥敏感肌の人にとってうれしいポイントですね。

さらに、ファンケルが注目したのは「セラミド2」という成分。皮膚に存在するセラミドと同じ構造で、水分保持機能が高く、肌のバリア機能を高める役割も果たしています。


日常的に年中ずっと乾燥敏感肌で悩んでいるという場合には、まず低下してしまった肌のバリア機能を高め、自らの肌が外的刺激をブロックできるようにケアしていくことが大切なのですね!

肌の調子が悪いと、その日1日が憂鬱な気分になってしまうことがありますよね。逆に、肌の調子がよくなっていくとそれだけで1日がうまくいく気がする!なんてこともあるでしょう。

今まで乾燥敏感肌だった方も、より理想の肌に向けて美しくなる希望を持ってほしい…。ファンケルの皮膚科学研究は、そんな強い信念のもと日々研究開発を行っています。

これから先の人生も、ずっとこの肌と一緒に生きていく。そう考えたら、今まではあきらめてしまっていたとしても、これから少しずつ、より美しい肌を目指していけたらいいですね。


※医師のコメントはブランド製品の推奨及び、製品の効果効能を保証するものではありません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加