生理中は温め&ストレッチで乗り切ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

生理痛の時は、気持ちも体もなるべく負担がないように過ごしたいものです。ところが、知らず知らずの間に痛みを悪化させるような行動をしてしまっている場合もあるとしたら……ショックですよね。

では、具体的にどのように過ごせばよいかご紹介します。

1. 体を温める

生理中は、骨盤の中の血液の流れが悪くなり、うっ血しています。
なるべく体を冷やさないように、冷え対策を万全にしましょう。 体を温めると血行がよくなり、生理痛をやわらげる効果もあります。
入浴タイムをアロマや入浴剤を入れてゆっくり楽しんだり、カイロを利用して、おなかや腰を温めるなど工夫してみましょう。 遠赤外線マットもおすすめです。

2. ストレッチ

ストレスを溜めないよう、生活に適度な体操を取り入れましょう。
同じ姿勢を続けていると、血行が悪くなるだけでなくストレスも高まります。 30分に1度くらいは思い切り伸びをしたり屈伸運動をするなどして、身体を動かしましょう。
自分なりのリラックス法などを見つけると、より効果的です。
またバランスの良い食生活や十分な睡眠など、規則正しい生活を送ることも大切です。

3. 薬による対処法

どうしても痛みが治まらないという人は、我慢せずに薬を服用するようにしましょう。
以下に、生理痛に効く主な薬を紹介します。

・鎮痛剤(NSAIDs)
プロスタグランジンの作用を抑える働きがあります。
プロスタグランジンは子宮の収縮を促す物質で、この分泌量が多いと強い痛みが引き起こされます。

・低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬
低用量ピルと呼ばれる薬です。
主な女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が含まれる薬です。
排卵を一時停止させることで、生理による痛みや症状を緩和します。
医師の処方箋が必要です。

・漢方薬
体質を改善することで、血行を良くする効果が期待でき、血行の滞りをなくすことによって、痛みが緩和されます。
漢方薬は体質改善のための薬なので、自分に合ったものを処方してもらうことが大切です。
婦人科でも処方が可能で、保険も適用されます。

生理痛が痛すぎる…!

生理痛が痛すぎる…というあなた!もしかしたらその痛み、あなたの生活習慣が悪化させているのかもしれません…!気付かない間に自分のこと痛めつけてるかも…まずはチェックをおすすめします。
【生理痛になりやすい生活習慣】チェック

  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ