知っておきたい、歯の黄ばみの原因になる食べ物と習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 歯科医師

■ なぜ、歯が黄色く変色するの?

笑ったときに見える白い歯って、素敵ですよね。
歯の黄ばみの原因は、私たちの食生活や年齢に大きく関係しています。まずは歯が変色する原因を知り対策を講じることで、白い歯を保つよう心がけましょう。

■ “食べ物”や“タバコ”による歯の黄ばみ

まずは、食事による歯の着色についてです。以下のような色の濃い食べ物を摂取していると、少しずつ歯に色がついてしまうことがあります。
・カレー
・チョコレート
・赤ワイン
・コーヒー

また、以下のようなものでも着色は起こります。
・タバコ
・口紅
・イソジン

■ 歯の黄ばみを防ぐには、どうしたらいいの?

●丁寧なブラッシング
食事やタバコなどによる着色は、ある程度日々の歯磨きで予防することができます。色の濃いものを食べた後は、なるべく早く歯磨きをして色素が沈着するのを防ぎましょう。
研磨剤入りの歯磨き粉は汚れを落とすのには効果的ですが、歯を傷つけることもあるので使い方には気を付けてくださいね。

●唾液の分泌
歯が黄色くなる原因として、表面のエナメル質が溶けて薄くなり、象牙質の色が見えやすくなることも挙げられます。口の中が酸性になる(すっぱい食品のとりすぎや嘔吐を繰り返すなど)とエナメル質は溶けやすくなります。しかし唾液酸を中和し、歯を再石灰化する機能を持っていて、エナメル質を強くする頼もしい存在です。

■ “加齢”による歯の黄ばみ

歯の内側にある象牙質は、加齢とともに黄色くなっていきます。これはいくら歯の表面を磨いても白くなりません。
そこで有効なのが、薬剤によって象牙質を漂白する「ホワイトニング」。年を重ねて歯の黄ばみが気になってきた人は、ホワイトニングを試してみてください。

■ 医師からのアドバイス

他にも、神経が死んでしまうことで歯が黒ずんだり、虫歯や歯の乾燥による着色、抗生物質など薬によっても着色が起こることがあります。歯の色が気になったときは、まず歯科医師に相談して原因を見極めたうえで対応することが大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

虫歯/う蝕について