【歯周病】歯を失う前に気づきたい! 歯周病の初期症状とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 歯科医師

美しく健康な歯は一生の宝といえますね。そんな大切な歯を失ってしまう大きな原因のひとつに「歯周病」があります。

歯周病に早く気づくには、どんな初期症状に気をつければいいのでしょうか?

今回は、歯周病の原因や予防法について、歯科医師に詳しい話を聞いてきました。

歯周病ってどんな病気?

歯周病は、口腔内細菌が原因で引き起こされる炎症性疾患です。自覚症状のないまま進行し、治療が遅れることが多くあります。虫歯より歯周病で歯を失う人の方が多く、成人の大半が歯周病にかかっているといわれています。

世界で一番多くの人がかかっている感染症ということで、ギネス認定されているほどです。

歯周病の初期症状

以下のような症状がある方は注意しましょう。

・歯磨きのとき、血が出ることがある
・歯茎の色が赤い
・時々歯が浮いたような感じがする
・口臭が気になる
・朝起きたとき、口の中がネバネバする
・以前より硬いものを噛みにくくなった
・歯にものがはさまりやすくなった など

歯周病の原因「プラーク」とは

プラークとは、歯に付着している粘着性の沈着物であり細菌の塊です。このプラークなどが原因となり歯周病は引き起こされます。

歯と歯茎の境目の歯周ポケットに清掃が行き届かないと、このプラークが蓄積し歯周ポケットが深くなります。

その結果、歯茎が腫れはじめ、次第に歯を支える土台「歯槽骨」(しそうこつ)が吸収されてしまいます。

プラークは、バイオフィルムをつくり強固に歯に付着し、口を水でゆすぐだけでは取れません。

歯周病に関連する疾患

歯周病は全身の健康状態に関係することがあり、以下の疾患にも密接に関連しています。

・心疾患
肺炎
・妊娠時特有の疾患
糖尿病 など

歯周病の予防

歯周病は重症化してしまうと、改善が困難であったり、時間がかかったりします。風邪と違い完治は難しいのです。

痛くなってからではなく、健康な状態を持続するためには以下のような予防習慣を持つことが大切です。

定期的な検査


・症状がなくても、歯科医院で3カ月ごとに歯の検診や歯石除去、クリーニングを受ける

・定期的に健康診断、人間ドック等受ける

糖尿病など、歯周病と関連を持つ疾患があるため、全身の健康も重要です。

歯磨き


・正しい歯磨き方法を身に着け、時間をかけて歯磨きを行う(必要に応じ、歯間ブラシ、フロス、ウォータージェット等も使用)

・朝は食事をしていなくても、歯磨きをする

その他


「だらだら食べ」や「だらだら飲み」をしない

歯科医師からのアドバイス

歯周病は早期に発見して治療を始めることで、治療の効果も上がり、治療の期間・お金も節約できます。
何年も歯科医院に行っていない方は、これを機に歯科医で診てもらって、自分の歯周病の有無を把握し、必要であれば適切な治療を受けましょう。

また、正しい歯磨き方法を身に着けて、歯周病を改善・予防しましょう。
コツコツとした積み重ねが「生涯自身の歯で健康に過ごせること」につながります。

(監修:Doctors Me 歯科医師)
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

虫歯/う蝕について