インプラント義歯いんぷらんとぎし

カテゴリ
歯・歯肉の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

インプラント義歯とは

インプラント義歯とは、欠如した歯を補うため、あごの骨の中に埋め込んだ人工の歯の根の上に取り付けた、人工の歯です。取り外しができるものと、固定されているものなど、種類はさまざまです。チタンやセラミックなどで作られています。

インプラント義歯の症状

インプラント義歯は、抜歯などの後で装着することで、通常の入れ歯に比べ、しっかり固定することができます。そのため、咀嚼能率が高く、硬いものも困らず食べられ、異物感も感じにくいです。通常の入れ歯は、がたつきがあるため、痛みが発生しますが、インプラント義歯は安定しているため、その痛みを軽減できます。
  
あごの骨にインプラント義歯の根を埋め込むため、あごの骨に噛む力が直接加わり、あごの骨が溶けてしまうのを防ぐことが可能です。また、周辺の歯への負担もありません。見た目が自然なため、周囲の人に義歯だと気づかれにくく、1歯から全歯まで欠損数に応じて対応できます。
悪影響としては、インプラント周囲炎・インプラントの脱落などが起こることがあります。



インプラント義歯の原因

インプラント義歯は、インプラントに必要な十分な骨が存在し、全身的な病気や口の中の感染症がなく、人工歯を装着するのに適した歯ならびをしている人がつけることができます。
義歯は骨の中に埋められた根の役割をもつインプラント体の上に、アバットメントと呼ばれる部品があり、その上に装着されます。アバットメントとインプラント体は、スクリューで固定されています。
  
アバットメントの上に義歯が装着されているのは一般的ですが、場合によってはインプラント体に直接装着されるケースもあります。また、アバットメントではなく、セメントを使用して、義歯とインプラント体を固定することもあります。
   
義歯の脱着は、患者だけで行うことは不可能です。しかし、特殊なアタッチメントをインプラント体の上に装着し、義歯の内面と接続できるようにすると、患者自ら義歯の取り外しができます。

インプラント義歯の治療法

インプラント義歯を装着すると、自分の歯と同じような感覚で食べ物を咬むことができます。失った歯を補うためのもので、周辺の歯を削る必要がありません。失った歯が複数本に及ぶ場合でも、インプラント義歯の装着は可能です。
  
歯がなくなってしまった部分の骨に埋め込んだ数本のインプラントを土台に、義歯を維持装置で固定します。そうすることで、義歯の安定感と、噛むことによる力が骨に伝わり、よりよい感覚が得られます。口の中の異物感も少なく、自然な噛み合わせが可能な義歯です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください