歯の形成/萌出の異常はのけいせい/ほうしゅつのいじょう

カテゴリ
歯・歯肉の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

歯の形成/萌出の異常とは

歯の形成/萌出の異常は遺伝的な要因があるほか、成長過程において骨芽細胞がしっかりと成長できなかったなど後天的な要因があることも多いです。生まれつき歯を作り出す骨芽が多かったり、少なかったりすることもあり、歯が多すぎる場合は抜けばよいですが、少ない場合には問題が大きくなります。

歯の形成/萌出の異常の症状

歯の形成/萌出の異常の主な症状は、歯が足りない場合や多い場合で、時には生えてきている歯が歯茎から出てこれないなど、実際に歯の症状が見つかってから診断されることがあります。遺伝的なものであれば近年はインプラントなどを施すことでかなり改善できます。

年齢が幼い場合には、インプラントなどはまだ出来ませんが、一時的に入れ歯などで噛み合わせを補うこともあります。歯の形が異常な場合には、歯を削ったり、被せ物をすることで対応できます。

乳歯から永久歯に変わる時に歯の形成/萌出の異常が判明することも多く、早めに状態が分かれば治療もしっかりと行えることが多いです。過剰歯か欠如歯かを判断するだけではなく、埋伏があるかどうかも確認する必要があります。

歯の形成/萌出の異常の原因

歯の形成/萌出の異常の原因は遺伝的なものが多くあります。胎児の時や成長過程で生まれるべき歯が生まれなかったり、歯が多くなりすぎてしまうのは歯が生えきってしまえば気にならないものでもあるのでそれほど重症ではありません。成長期にしっかり対処できれば簡単に処置できるものです。

しかし、歯が生え続けてしまうような場合や歯が少なすぎるような場合にはインプラント治療を受けることである程度は克服できます。遺伝的な要因なので、具体的に起こる症状をよく把握した上で治療を進める必要があります。完全な治療が難しいことも多いので、長い時間をかけて付き合っていくという姿勢も必要になります。埋伏歯についても早めに取り除くなどの対処をすることで問題を最小限に抑えることができます。

歯の形成/萌出の異常の治療法

歯の形成/萌出の異常を予防することは難しく、遺伝的な原因を探って、具体的な症状を明確にすることで治療が進められるようになります。歯が多いのか少ないのか、歯茎から出てしまっている歯があるのかなど具体的な状態を把握して治療が進みます。

早めに気づくことが多いですが、対処が難しくインプラントができない年齢のうちは流動食などで食事を工夫する必要もあります。栄養面をしっかりと改善することで歯の生育が少しでも改善されることもあります。

生活面での対処も考えることが大切です。診断も早めにしてもらって、どこの歯に異常があるのかよく調べておくことが大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください