充填じゅうてん

カテゴリ
歯・歯肉の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

充填とは

虫歯を削った後に歯の形に合わせて詰め物をすることを充填といいます。詰め物は主にコンポジットレジンという歯科用のプラスチック素材です。これなら保険もききますし、簡単に歯の形にあわせて作ることができます。欠損した歯の詰め物や歯と歯の間の隙間を埋めるためにも利用されています。

充填の症状

主に虫歯治療にコンポジットレジンを歯を削った後に詰めることを歯科医の間では充填と呼んでいます。歯が欠けていたり、歯の隙間をうめるために利用されることもあります。
よく利用される原因の症状としては虫歯の治療が最も多くなります。保険診療で治療することができますし、型をとって自分の歯型にあわせて調節したものを詰めることになりますが、原材料が安く保険も聞きますので費用負担がそれほどかからないためです。
ジルコニアやシリカなどにレジンに含めることで強度を高めることもできます。この混入物をフィラーと呼び、ハイブリッドなコンポジットレジンとして利用されています。費用は高くなりますが、固いものを気にせずに噛むことができますので快適です。

充填の原因

充填をしなければならない原因としてはやはり虫歯が最大の理由です。歯と歯の隙間が大きいと歯磨きをしても、磨き残しがありそこに歯垢がたまり歯石になってしまい、最終的には虫歯になってしまいます。

磨き残しをするような場所ですから、歯ブラシの届きにくい場所や歯並びの悪い場所に起こることが多く、虫歯になって痛み出してから歯科医にかけこむことになります。治療もしにくい場所になりますから、歯石を取り除き、きれいにしてから歯形をとって充填することになります。

ガムのような性質を持つ成分で歯型をとり、コンポジットレジンをそこに埋め込むことになります。歯が一部欠けたときにも利用することができます。隙間をうめるようにコンポジットレジンを埋め込むことで見た目をきれいに見せることができます。

充填の治療法

コンポジットレジンを充填することで歯の隙間がなくなりますから、歯磨きがしやすくなります。また歯にぴったりとくっついて固まっているため、強度もあり食べ物をしっかり咀嚼して味わうことができます。
しかし詰め物である以上、元の歯との間に隙間が生じてしまう場合がありますので、虫歯にならないようにきちんと歯磨きすることが虫歯予防になります。
現在はLEDで照射することで接着時間も短縮されています。薄く削ることで色素沈着してしまったコンポジットレジンを白く見せることができ審美的にも他の歯の白さと合わせておくことができます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください