音が聞こえにくい……? 実は若い人も注意したい“難聴”の原因や症状とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

耳が聞こえにくくなる「難聴」は、一般的に高齢者で起こりやすいといわれていますが、実は若い人でも起こることがあります。今回は、若い人に起こる難聴の原因や症状について、医師に解説してもらいましょう。

原因その1:ストレスや自律神経の不調

まず、難聴の一種である急性低音障害型感音難聴があります。原因ははっきりとは分かっていませんが、ストレス自律神経の不調などが影響しており、20~30代の若い女性に起こりやすいといわれています。

症状は、耳がつまったように感じる耳閉感耳鳴り、低音の聞こえにくさや、音がわーんと響くように感じることが突然起こります。症状はよくなったり悪くなったりと、コロコロ変わることが多く、軽いめまいや肩こり、頭痛などが生じることもあります。

原因その2:長時間大きな音を聞き続けること

また、ライブやヘッドホンで音楽を聴くなど、耳が大きな音にさらされることによって難聴が起こることがあります。難聴に加えて、耳鳴りや耳の痛み、時にめまいなどが起こることがあり、急性音響性難聴音響外傷、ロック外傷と呼ばれます。

特に10~30代の若い人に多く、例えば大音量で音楽を聴いたり、音の大きい工場などで働いている人によく起こります。疲れている時や睡眠不足の時、ストレスのたまっている時などに長時間大きな音を耳にすることで、この音響外傷を受けやすいといわれています。

すぐに治まることも多いのですが、慢性的になってしまい長期間続いたり、ひどいと一生残ってしまうこともあります。そのため、強い音を耳にする可能性のある時は、タオルやイヤーカフ、耳栓などで耳を覆ったり、ヘッドホンを使うときには小さい音にするなど対策が必要です。

【医師からのアドバイス】

原因はこれらだけでなく、例えば中耳炎突発性難聴などが原因で聞こえにくくなることもあります。いずれの場合も、耳鼻科での治療が必要となりますので、もし聞こえにくさを感じた場合には、早めに受診するようにしましょう。
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

難聴について