耳閉感じへいかん

カテゴリ
耳の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

耳閉感とは

耳閉感とは、耳の詰まる感じのことを言います。ありふれた、よくある症状なので、経験したことがある人も多いでしょう。原因は多岐に渡っていて、外耳に原因のある場合や中耳に原因のある場合、内耳に原因のある場合に分けられます。滲出性中耳炎や外耳炎、耳垢栓塞などが原因の場合もありますので、続くような場合は耳鼻科を受診することをおすすめします。

耳閉感の症状

一番大きな症状は、耳が閉まって何だか音が聞こえないような感じがする、つまり耳が詰まるという症状です。
耳が詰まったり、何だか塞がったような感じがします。具体的には、飛行機に乗っている時に体験するような、耳がぼーっとおかしくなってしまったような感じです。
耳閉感自体には痛みの症状はありません。ただ、耳が詰まってぼーっとした感じがしたり、などの不快な症状が発生します。そして、場合によっては聞こえにくかったり、耳鳴りや頭痛、めまいが発生してしまう場合もあります。耳閉感自体はありふれた、よくある症状であり、これ自体が疾患で、何か大きな問題になる、と言うわけではありません。それよりも、耳閉感という症状が何か他の耳鼻科系の疾患の1つの症状として現れることが多くなっています。
すぐに元に戻るような耳閉感であればしばらく様子を見て大丈夫と言われていますが、数日間続いたり、短期間で何度も耳閉感がある場合は耳鼻科を受診した方が良いです。

自分に似た悩みから医師のアドバイスを探そう
「耳閉感」の体験談から学ぼう

耳閉感の原因

耳は外耳・中耳・内耳と3つの部分に分けられます。それぞれの部分に原因があって耳閉感が起こる場合があるます。

まず、外耳に原因のある耳閉感についてです。シャワーやプールで耳に水が入ってしまい、その水が鼓膜について、鼓膜の振動を阻害してしまっている場合や、耳垢に水分が含まれて耳栓のようになってしまった場合、綿棒の先端が耳の中に残ってしまった場合、耳かきをしすぎて耳の穴周辺が腫れてしまった場合が挙げられます。鼓膜に穴が開いてしまった場合や鼓膜が炎症している場合も耳閉感の原因となる場合があります。
つぎに、中耳ですが、耳管の働きが悪くなることが原因と言われており、滲出性中耳炎が原因の場合が挙げられます。また、耳管開放症という耳管が開きっぱなしになってしまう病気が原因の場合もあります。
最後に、内耳に原因のある場合は、低音障害型感音難聴という、周波数の低い部分の音が聞こえにくくなるという病気が原因の場合があります。そしてこの病気の原因は、ストレスや疲労だと言われています。以上のように、耳閉感は部分によって原因も様々ですし、病気が関係しているものからそうでないものまで様々となっています。

自分に似た悩みから医師のアドバイスを探そう「耳閉感」の体験談から学ぼう

耳閉感の予防/治療法

普段から耳垢を取って綺麗にしておくことが重要です。特にプールに入る前は念入りに耳掃除をしておくと良いでしょう。傷がつくとそれも耳閉感の原因となってしまいますので、気をつけましょう。
綿棒での耳かきはとても気持ちが良いですが、先端が耳の中に残ってしまう場合もありますので、やり過ぎには注意が必要です。
中耳に原因のある場合の耳閉感を予防するには、滲出性中耳炎の予防がそのまま予防方法となります。そして内耳に原因のある場合の耳閉感を予防するには、ストレスや疲労などが関係してリンパ液の流れが悪くなる場合があるので、まずはストレスや疲労を溜めないようにすることが大きな予防法となります。ストレスが溜まらないように上手く解消していくこと、疲労を溜めないようにきちんと休むこと、自分の限界を知ること、そして限界だと感じたら一旦休む勇気を持つことが必要になってきます。
普段から自分の体調管理やストレスマネジメントをしっかり行い、身体を清潔に保っていくことが有効な予防方法となります。

自分に似た悩みから医師のアドバイスを探そう「耳閉感」の体験談から学ぼう
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください