栄養失調えいようしっちょう

カテゴリ
内分泌系の病気

栄養失調の体験談

栄養失調で歩けない!

医師確認済み

栄養失調で歩けない!

私は、あまり食べない生活を送っていました。それで特に生活に支障はなかったので、そのままの生活を続けていました、するとある日突然、足に違和感を感じました。しっかりと歩けないのです。前に進もうと思っても、力なく進むことができませんでした。
さすがに怖くなり直ぐに、家族に病院へ連れていってもらいました。すると医師の方から告げられたのが重度の栄養失調だといわれました。最初は、栄養失調なんてたいしことないと思っていましたが、下手をすると後遺症が残るといわれて、改めて今までの自分の生活を悔やみました。しっかりとビタミンb1やビタミンb2を取らないことで、そういった事態に陥ることを知りました。
幸い、手術などはせず、これからしっかりと栄養を取ることで徐々に体が治っていき、その時に後遺症が出るようならと、入院することになりました。そこから2か月くらいリハビリ生活を送り歩けないと思われていて体は問題なく動くようになりました。これからはしっかりと食事を取ろうと思いました。

栄養失調になると歩けない状態になることもある

私は昔お金を貯めていた時期があったのですが、少し無理をしてまで貯金をしていました。お金を貯めるには何かを削らなければならないのですが、その時は食事にかかる出費を減らすしかありませんでした。そのため1日1食で生活したり、酷い時になると1日中何も食べずに水だけで生活していた日もありました。それでも若さで何とかなっていたのですが、ある朝起き上がろうとしても怠くて起き上がれずに何とか起き上がっても普通に歩けない状態になってしまいました。
私はとても焦ってしまって病院に行ったら栄養失調だと言われて言葉を失いました。自分では栄養失調になるとは思ってもいませんでしたし、それが原因で歩けないことになるなど想像もしていなかったのです。
先生には栄養失調は油断をすると死にも繋がるのでしっかりと食事を摂るように激しい口調で言われました。
病気になったら医療費にお金がかかるので彫金をする意味が殆どなくなります。ですからその後は食費を切り詰めるのを止めてしっかりとご飯を食べることにしました。

栄養失調になり歩けない状況

栄養失調になったことでまさか歩けない状態になるとは全く思いもしませんでした。
栄養失調になったのは18歳の頃でした。大学生になり初めての一人暮らしを始めました。それまでは実家暮らしであったのでバランスの良い食事を3食きっちりと食べていました。また、私は食生活で好きなものと嫌いなものが様々あり、実家にいたことである程度食べることが出来ていました。しかし、一人暮らしが始まり今まで料理をしたことがなかったことで、外食や好きなものをある程度の期間食べ続けることが続きました。
すると、ある日学校に行こうと朝起きてと準備に取り掛かろうとした際に頭がくらっとしました。何度か立ちくらみは以前からあったのでまたそのような状況かと思いました。しかし、時間がたってもあまり症状が変わらず、挙句の果てには歩けないぐらいまでになってしまいました。病院にいき問診や血液検査をしたら、まさかの栄養失調との診断が下されました。現在は野菜をしっかり食べてバランスよく食生活を守れるようにしております。

酷いめまいで歩けない栄養失調の怖さ

数年前、仕事に追われて時間に余裕がなかったため、毎食カップ麺か菓子パンという適当な食事で済ませていました。野菜の緑色はカケラもなく、栄養は炭水化物と脂質に偏り、体型もどんどん肥満に近づいていました。
そんな日々が続いて数ヶ月後、いつも通り出勤しようと準備をしていたら酷いめまいに襲われました。視界が大きく歪み、歩けないほど酷いめまいでした。流石におかしいと感じ、その時初めて医者に診てもらったところ、栄養失調と診断されました。歩けないほどのめまいに見舞われたのは、栄養失調による貧血だと説明されました。
これ以上状態を悪化させないようにと病院で点滴をしてもらい、食事アドバイスもしてもらいました。毎食必ずたっぷりの野菜を摂り、お昼もお弁当を持っていくようにしました。それからは体がとても軽くなり、栄養失調が改善されました。また同じような事態にならないためにも、どれだけ忙しくても食事はしっかり摂るように心がけています。

歩けないほどの栄養失調から改善しました

学生の時、私は1人暮らしをして生活していました。初めて1人で生活を始めたこともあってか、自分が好きなものだけを買って食べることが多かったのです。最初の内はそれで何も問題がなかったので、そのままの生活を続けていました。
また、他に欲しいものを購入することで食費を減らすことが多くなり、何も食べない日もありました。このような事が続いてある日歩けないほどのめまいがして倒れてしまいました。ちょうどその時は友人と一緒だったため、病院までついてきてもらい何とか受診することができました。診察をしてもらった結果、栄養失調だといわれ反省しました。
それからは、栄養失調の状態を改善するために食生活をしっかりと見直して改善しています。現在は歩けないほどのめまいを感じることはなくなり、健康体になってほっとしています。以前は栄養失調が原因で生理がない月もあったのですが、生理不順も改善しました。自分の身体をもっと大切にしたいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
栄養失調の他の体験談

内分泌系の病気の体験談

  • 診断結果はバセドウ病でした

    バセドウ病・診断

    よく汗をかき、体重が減少してきました。食事は普段と変わりないので、がんと一瞬疑いました。最寄りの内科を受診しました。採血の結果から、甲状腺ホルモンが正常値を超えていたので、バセドウ病と診断されました。 この病気については以前から耳にしていましたが、まさか自分がバセドウ病になるとは、思っていませんでした。甲状腺ホルモンの分泌を抑える薬を数か月間服用して様子をみましょうと言われました。食事に関しては…続きをみる
  • おしっこがとめどなく出てくる尿崩症

    尿崩症

    もともとのどが渇きやすくて、夜中でも時々水を飲むことがあるのですが、同じようにおしっこにも何度も行きたくなる体質でした。それはそれで夜あまり眠れなくなるので困っていたのですが。そこまで支障はないことから様子を見ていました。 ところが先日、突然おしっこがとめどなく出るようになってしまいました。おしっこの色は透明で、まるで飲んだ水がそのまま出てきてしまっているかのような薄さでした。たくさんおしっこが…続きをみる
  • 突然手足に力が入らなくなる低カリウム血症

    低カリウム血症

    大学受験を控えた頃、プレッシャーのかかる毎日でしたが、どうしても緊張すると便秘になりやすい体質で、肝心の試験の時にいつもお腹が痛くなってしまうのが嫌だったので、受験の1週間ほど前に市販の下剤を飲んでみることにしました。すると今度は下痢が止まらなくなってしまいました。水分をとって様子を見ていたのですが、ある朝起きた時に手足に力が入らなくなっているのに気づきました。つい怖くなって救急車を呼んでしまい…続きをみる
  • クッシング症候群になって色々な症状が出ました

    クッシング症候群

    数年ほど前ですが、クッシング症候群になった事があります。それまでは聞いた事もない病気だったので、クッシング症候群と診断された時はまったくピンと来ませんでした。 私がこの病に気づいたのは、インポテンツの症状とちょっとお腹が出てきたという事です。お腹が出てきた事に関しては、年齢もあったので、ただ太ったのかなと思ったのですが、まだ30代後半という事もあって、インポテンツなのはおかしいと感じ病院に行きま…続きをみる
  • 私のターナー症候群の体験について

    ターナー症候群

    私は小さいときからずっと低身長でした。中学生、高校生となっても第二次性徴が起こらず病院で詳しく調べてもらったところターナー症候群と発覚しました。診断を受けた当初はかなりショックで一時期は自ら命を絶つことも考えましたが、ターナー症候群の98%は自然流産して生を受けることはないという話をお医者様から聞き、奇跡的に生まれてきた命なのだから向き合って生きていこうと決めました。 高校生の頃からは2週間に1…続きをみる