栄養失調えいようしっちょう

カテゴリ
内分泌系の病気

栄養失調の体験談

ダイエットのやり過ぎで栄養失調になり足の痛みに苦しみました

医師確認済み

ダイエットのやり過ぎで栄養失調になり足の痛みに苦しみました

子供の頃からポッチャリ体型で、小学校の中学年くらいから悩みになっていました。男子はからかってくるし、スタイルのいいクラスメートを見れば羨ましくなるのは当然のことです。
そして中学生になった時に好きだった男の子に辛辣な言葉をかけられて、一念発起してダイエットをはじめました。当時は知識もありませんし、とにかく食べなければ痩せられると無理な食事制限をして、その結果として体重は落ちたのですが、常に疲労状態でなんとなく足の痛みも感じていました。他にも疲れやすい、眩暈がするなどの症状があったのですが、まだまだ小太りでダイエットを止められませんでした。
ただ不安になって悩みを姉に打ち明けたところ、親に知らされて病院に連れて行かれました。診察してもらうと栄養失調で、足の痛みはそれが原因で起こったものと分かりました。そして栄養失調の恐ろしさを教えられて、それからはしっかりと食べて運動するダイエットに切り替えて、まだまだスリムとは言えませんが、体調はいいです。

栄養失調で起こる足の痛み!

私は少し体重があり、痩せようと思い食事を控えていた時がありますた。すると突然、足の痛みに襲わまれました。しばらく放置しても治る気配がないので病院へ行くことを決意しました。病院に着き、医師の戦争の話を聞くこと栄養失調により足の痛みが発生していることを知りました。食べ物が体の中に入ってこないことにより、胃が縮んでしまい、その影響で、栄養失調となり、衰弱してる状態になることで足の痛みなどにつながると教えてくれました。
症状はひどくなる場合は、体が抵抗力をなくし色々な病気に感染する可能性もあがることしりました。また消化管にカビが発生して口の中が痛んだりもします。また長時間カロリー不足が続くことで、心不全や呼吸不全なども、生じる可能性があり、場合によっては死に至る可能性があることも知りました。
ダイエットなどを行う方が、しっかりと栄養面も考えて行わないと、私のように栄養失調になる恐れがあるので注意してください。

栄養失調が原因の足の痛み

足の痛みがつらいので外科に行ったことがあります。レントゲン検査しても異常はありませんでした。医者から食生活について色々聞かれ、栄養失調による足の痛みだろうと言われました。自分では食事をしっかり摂っているつもりだったのでまさか栄養失調だとは思いませんでした。ラーメンやうどんなど炭水化物中心の食事をしているのは良くないと指摘を受けました。野菜も一応付けてはいたのですが全然足りていなかったみたいです。
医者に食生活を改善すれば足の痛みも良くなると言われたので、もっと野菜や肉も摂るように食事を変えました。ネットでレシピを見て野菜の多い料理を作ってみました。ポトフなどの煮込み料理は野菜や肉をまとめて料理できるので手軽ですね。それでも野菜の摂取量がどうしても足りなくなってしまうので野菜ジュースを飲むようにしました。
食事を変えてからしばらく経ったら足が痛くなくなりました。あらためて食事の大切さを実感しました。

栄養失調は足の痛みからも来るのでご注意を

大学生の頃に一人暮らしをしていましたが、その際に栄養失調になってしまって病院に運ばれた経験があります。
元々、食は太い方では無く、食に対する執着心もないのですが、その当時はサークルにバイトに結構忙しく動き回っており、朝昼晩をコンビニで売っているパンくらいで済ませる事が多くありました。
症状は徐々に出てきており、病院に運ばれる前から足のしびれを伴う足の痛みがありました。
病院では点滴を受けて、薬をもらって帰りましたが、数日間はだるさも残っていたことを覚えています。
栄養失調が足の痛みから来るということを想像していなかったので、私は気づけませんでしたが、その様な自覚症状があるということを知っていれば、事前に対処が出来ていたかもしれません。不規則な生活と極端な食生活が影響していたのは目に見えているので、その後、忙しかったり、食欲がない時などでも頑張ってサプリメント位は摂取するように心がける様にしています。

足の痛みの原因は、なんと栄養失調だった!

大学4年生の頃に卒業研究と論文発表のために研究室に寝泊りする生活になりました。もともと食べることが嫌いなので、1日中何も食べなかったり、カップラーメンだけで済ませる生活を2週間程続けたところ、何もしていないのに手足にじんじんとした痺れのようなものを感じるようになりました。放っておいたら足の痛みを猛烈に感じるようになったので、これはおかしいと思い、ひとまず内科へ通いました。
診察した結果、栄養失調だと告げられました。まさか栄養失調で足の痛みを引き起こすとは思っていなかったので、かなり驚きました。その日は病院で点滴をして生活指導を受けた後に、鉄剤を処方されました。
それからはこれまでの生活を反省して自炊を始めました。鉄分とビタミンB1やB2を含んだ食べ物を摂取すると良いと聞いたので、ブロッコリーやほうれん草やレバーをなるべく食べるように心がけています。そのお陰でか、今のところ体調はとても良いです。これからも気をつけて生活していこうと思っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
栄養失調の他の体験談

内分泌系の病気の体験談

  • 診断結果はバセドウ病でした

    バセドウ病・診断

    よく汗をかき、体重が減少してきました。食事は普段と変わりないので、がんと一瞬疑いました。最寄りの内科を受診しました。採血の結果から、甲状腺ホルモンが正常値を超えていたので、バセドウ病と診断されました。 この病気については以前から耳にしていましたが、まさか自分がバセドウ病になるとは、思っていませんでした。甲状腺ホルモンの分泌を抑える薬を数か月間服用して様子をみましょうと言われました。食事に関しては…続きをみる
  • おしっこがとめどなく出てくる尿崩症

    尿崩症

    もともとのどが渇きやすくて、夜中でも時々水を飲むことがあるのですが、同じようにおしっこにも何度も行きたくなる体質でした。それはそれで夜あまり眠れなくなるので困っていたのですが。そこまで支障はないことから様子を見ていました。 ところが先日、突然おしっこがとめどなく出るようになってしまいました。おしっこの色は透明で、まるで飲んだ水がそのまま出てきてしまっているかのような薄さでした。たくさんおしっこが…続きをみる
  • 突然手足に力が入らなくなる低カリウム血症

    低カリウム血症

    大学受験を控えた頃、プレッシャーのかかる毎日でしたが、どうしても緊張すると便秘になりやすい体質で、肝心の試験の時にいつもお腹が痛くなってしまうのが嫌だったので、受験の1週間ほど前に市販の下剤を飲んでみることにしました。すると今度は下痢が止まらなくなってしまいました。水分をとって様子を見ていたのですが、ある朝起きた時に手足に力が入らなくなっているのに気づきました。つい怖くなって救急車を呼んでしまい…続きをみる
  • クッシング症候群になって色々な症状が出ました

    クッシング症候群

    数年ほど前ですが、クッシング症候群になった事があります。それまでは聞いた事もない病気だったので、クッシング症候群と診断された時はまったくピンと来ませんでした。 私がこの病に気づいたのは、インポテンツの症状とちょっとお腹が出てきたという事です。お腹が出てきた事に関しては、年齢もあったので、ただ太ったのかなと思ったのですが、まだ30代後半という事もあって、インポテンツなのはおかしいと感じ病院に行きま…続きをみる
  • 私のターナー症候群の体験について

    ターナー症候群

    私は小さいときからずっと低身長でした。中学生、高校生となっても第二次性徴が起こらず病院で詳しく調べてもらったところターナー症候群と発覚しました。診断を受けた当初はかなりショックで一時期は自ら命を絶つことも考えましたが、ターナー症候群の98%は自然流産して生を受けることはないという話をお医者様から聞き、奇跡的に生まれてきた命なのだから向き合って生きていこうと決めました。 高校生の頃からは2週間に1…続きをみる