食道損傷しょくどうそんしょう

カテゴリ
食道の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

食道損傷とは

食道損傷は、食道壁に傷ができたりして損傷してしまうことをいいます。胸部から刃物を指してしまい、食道壁を傷つけたり、薬などの化学反応により食道壁に炎症ができてしまうような場合が挙げられます。また、胃カメラ検査などを行ったときに食道壁を誤って傷つけてしまうような場合もあります。

食道損傷の症状

食道損傷の症状としては、食事をとるときに、食道部分に痛みを感じたり、胸部が傷んだり、吐血をしたり、頸部の腫れが認められたりします。発熱を伴う場合もあります。また、著しく症状が激しい場合には、呼吸困難やショック状態となり、命にかかわる事態になる場合もあります。
炎症性の場合は、一般的な血液検査やレントゲン検査にて病状を確認することが可能です。また、内視鏡検査により、食道の正確な損傷部位や損傷の程度などが確認できます。場合によっては、CTスキャン検査を行い後縦隔内の炎症の広がり具合を調べることができます。
治療の方法も、診断の結果により異なり、薬物療法や、外科的療法など治療方法を決定します。場合によっては緊急搬送が必要な場合もあります。

食道損傷の原因

食道損傷の原因は、胸部を刃物で刺してしまうことによる外傷性の機械的損傷が原因の場合があります。また、稀ではありますが、刃物で食道を直接傷つけてしまうようなことが要因になる場合もあります。

また、酸性度の高い薬物などを誤飲してしまうことにより食堂が焼けてしまう場合、炎症を引き起こす薬物により、食道に炎症が起きてしまう場合などがあります。一般的には、食道は、後縦隔にあるため、機械的損傷は少ないのが現状で、異物の誤飲などにより食道を傷つけたり、薬物での損傷がかなりの割合を占めることが多いです。

また、嘔吐することにより、急激に食道内圧が上昇して、食道壁に孔が空いてしまったり、傷が付いたりする場合があり、その症例は食道破裂といわれます。

食道損傷の治療法

食道損傷の予防としては、基本的には誤飲の防止を行うことが重要です。特に注意すべきは乳幼児で、おもちゃなどを誤って飲んでしまわないように、注意深く観察してあげる必要があります。高齢者では薬をシートごと誤飲してしまうことがありますので、注意して下さい。いずれの場合も疑わしい時はなるべく早めに病院を受診する様にして下さい。誤飲から時間が経つと内視鏡で異物を除去できなくなり、手術が必要となることがあります。縦隔の手術は身体に負担が大きい手術ですので、なるべく避ける様にした方が良いでしょう。

また、薬物などに付いても同様で、薬物の管理をしっかりと行い、子供の手の届かないところに保管するなどの配慮が必要になります。食道破裂の予防策としては、嘔吐につながることを避けるべきで、暴飲暴食をしないことなどを心がける必要があります。また、体外からの機械的損傷を避けるため、刃物を扱う作業や危険な区域で作業する場合は、徹底した安全管理を行うことが必要です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください