鼻閉に関する薬

薬剤師監修

鼻閉の薬の上手な選び方・使い方

鼻閉や鼻水等の鼻風邪は辛く仕事や睡眠にも差し支えます。しかしどうしても病院に行く時間がない・症状が軽く受診するまでもないと感じた時は市販薬が便利です。そこで鼻閉症状を緩和する市販薬の選び方・使い方について考えて行きましょう。まず選び方で肝心な点は眠くなりにくいかどうかになります。鼻閉や鼻水の原因の多くはヒスタミンによる刺激が考えられており、市販薬でも処方薬でも抗ヒスタミン薬が選ばれるケースが多いです。但し抗ヒスタミン薬の多くは眠くなりやすく運転や危険な作業を避ける様に注意書きがあります。服用後に直ぐ休養できるかどうかで選ぶのも大事です。鼻閉や鼻水等の鼻風邪に特化した薬剤は市販薬でも非常に増えており選択肢も非常に多い特徴があります。他に発熱や咳がなければ総合感冒薬よりも鼻風邪に特化した薬剤が良いですね。即効性を求めるなら点鼻薬がベターですが、長期間使用できないので注意します。アレルギーが原因の鼻閉や鼻水症状は抗ヒスタミン薬でも効果が期待できますが、抗アレルギー薬がベストです。市販薬でも処方薬と同じ成分で成分も同量の薬剤がありますので、アレルギー性鼻炎と判明していれば抗アレルギー薬が適切になります。抗アレルギー薬は長期服用も可能で、眠くなりにくいタイプも多く便利です。

鼻閉の薬の副作用と注意点

鼻風邪で使われる抗ヒスタミン薬は眠くなりやすい点に注意します。車の運転や危険な作業等は避けますが、仕事中に服用するなら眠くなりにくいタイプを選ぶと良いでしょう。但し眠くなりにくい薬剤にはカフェインが含まれているケースが多いので、カフェインの過剰摂取に注意し栄養ドリンク剤等カフェインが含まれた食品と一緒に服用しない様に注意すべきです。

点鼻薬は即効性が高く便利ですが、長期使用は危険です。点鼻薬は鼻の血管を収縮させて効果を発揮しますが、動悸や血圧を上昇させる働きがあるので心臓への負担が重くなります。心臓に疾患がある方や高齢者等血圧が高い場合は医師や薬剤師に確認が必要です。また尿が出にくくなる副作用があるので、腎臓疾患があったり前立腺肥大等の排尿困難の症状がある方は避けた方が良いでしょう。

風邪薬と呼ばれる薬剤は薬によるアレルギーも心配です。以前似た成分の薬剤でアレルギーを起こした経験があれば服用する前に確認します。今までアレルギー症状が全くでなかった場合でも眩暈や発疹等不快症状や異常を感じたら直ぐに使用を中止して受診が必要です。漢方薬でも副作用が出る場合があるので、過信せずに服用後は様子を見る事がキーポイントになります。

鼻閉の薬の飲み合わせ

鼻閉薬の飲み合わせで注意すべきは併用する薬剤です。パーキンソン病で用いられる一部の薬剤では交感神経刺激作用が高まるタイプがあり、同様の作用がある抗ヒスタミン薬や点鼻薬は注意します。他に喘息治療に用いられる気管支拡張薬は動悸や心臓への負担を高め、高血圧治療薬の効果を弱らせる可能性が高いので併用薬剤には気を付けましょう。解熱鎮痛剤の併用も注意し、血管収縮作用がある薬剤の同時摂取は危険です。以前に医師から処方された解熱鎮痛剤があっても市販薬と一緒に服用するのは絶対に止めます。抗ヒスタミン成分を過剰に摂取すると脳に必要なヒスタミンも阻害されて思考力が落ち最悪のケースでは脳にダメージを与える可能性もあるので注意が必要です。

また咳止めの薬剤等他の風邪薬と併用すると薬効成分が重複して過剰に摂取する事になり中毒を起こす可能性があります。市販薬での似た症状を緩和させる薬剤の併用は避けた方が無難です。

食品として栄養ドリンクはカフェインが含まれているので避け、同様にカフェインを多量に含む食品は摂取する際に注意するか避けて対処します。逆説的に栄養ドリンクを飲みたいならカフェインが配合されていない薬剤を選択すると良いです。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鼻閉に関する薬一覧