コラム画像

出典:PIXTA

ピルを飲んでも普通に妊娠してしまう理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me医師


記事の編集者佐々木ののか


1990年生まれ。「多様性」や「ライフスタイル」をメインテーマに、面白系から真面目なものまで幅広いテイストの記事執筆に携わっています。(Twitter : @sasakinonoka)




突然ですが、皆さんはどうやって避妊をしていますか? コンビニでも買える手軽さからコンドームの使用が一般的かもしれませんね。ただ、ムーディーな空気感の中、「付けて」の一言を女性から言うのはいくつになってもハードルが高いもの。また、「破れる」「抜ける」といったリスクを考えると、避妊率はそこまで高くないんです。

彼との愛は深めたいけど、”うっかり妊娠”だけは避けたい。
妊娠検査薬陽性
そう思ったわたしは病院に行き、低用量ピルの処方を受けることにしました。低用量ピルとは1日1回、決まった時間に飲み続ければ99.9%の確率で避妊ができるという避妊具界最強の避妊具。”生理痛が軽くなる”、”生理不順が治る”などのメリットもありますし、「避妊に関してもこれで安心」そう思ったわたしはピルを全面的に信頼していたんです。

しかし最近、医者の知人から聞いた話では、「ピルをきちんと飲んでいても妊娠してしまう場合がある」というのです。しかもけっこうな確率で。

それを聞いてヒヤっとしたのは、恐らくわたしだけではないはず。そこで今回はピルの避妊メカニズムや正しい飲み方のおさらい、そして「ピルを正しく服用していても妊娠してしまう理由」とその「対処法」までしっかりお伝えしていきます。

事前知識:ピルが避妊してくれる理由と正しい飲み方

ピルを飲む女性
避妊具として広く認識されているピルですが、実際にピルがどのような働きをするかを知っている方はあまり多くないのではないかと思います。ピルで避妊できないケースについて知るために、「なぜピルが避妊をしてくれるのか」といったメカニズムについて改めて学んでおきましょう。

ピルが避妊してくれる理由

ピルの主成分は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロ)という本来卵巣から分泌される2つのホルモンと似た物質を化学合成して作られています。卵胞ホルモンと黄体ホルモンが高いレベルで分泌されるときというのは身体が妊娠状態にあるとき。つまり、この2つのホルモンに似た働きを持つピルは、身体を妊娠中に近い状態にさせ、脳を錯覚させてくれるのです。
妊娠中だと錯覚する脳
妊娠したと錯覚した脳は、視床下部や下垂体からのホルモン分泌を停止。通常の妊娠中と同様に、卵胞の成熟と排卵とを止めます。そもそも妊娠の前段階である受精は、排卵時に精子が卵子に結び付くことによって成立するので、排卵しない状態では妊娠することはありません。つまりピルとは、妊娠中は排卵しないという女性の身体のしくみを利用して脳を錯覚させ、避妊を成立させているのです。

このほか、ピルはホルモンの作用によって、子宮の入り口にフタをするような形で精子の侵入を防いだり、子宮内膜に受精卵が着床することを難しくしたりと、卵巣、子宮内膜、子宮頚管に複合的に作用し、避妊効果を高めています。

おさらい:ピルの正しい飲み方

ピルの避妊のメカニズムを改めて知ったところで、次に押さえておきたいのは、ピルの正しい飲み方。基本的には1日1回定刻に飲めば99.9%妊娠しないという高い避妊力を誇るピルですが、忙しい毎日を過ごしていると、同じ時間にきっかり飲むことが難しいときもありますよね。

基本的には1~3時間程度前後する分には全く問題ないとされていますが、うっかり飲み忘れてしまった場合の対処法をきちんと知っておくことが自分の身を守る上で必要になります。

飲み忘れの対処法


以下では、飲み忘れてしまった場合の対処法を服用時間から数えた時間別に説明していきます。
時間

飲み忘れに気づいた時間が服用時間から数えて24時間以内だった場合


飲み忘れに気づいた時間が、服用時間から数えて24時間以内だった場合は、飲む分であった1錠を飲んでください。このとき、次の定刻を待たずに気づいた時間からすぐに飲むのがポイントです。時間が空けば空くほど避妊効果が弱まるので、気づいた時点ですぐに飲むようにしましょう。

飲み忘れに気づいた時間が服用時間から数えて24時間以上経っている場合


服用時間から24時間以上経ってしまっても、まだ大丈夫です。この場合は、飲み忘れの分とその日飲む分を2錠合わせて飲むようにしてください。

飲み忘れに気づいた時間が服用時間から数えて48時間を超えた場合


2日以上(48時間以上)飲み忘れてしまった場合は、残念ながらアウト。これ以上飲み続けても避妊効果がないので、ピルの服用を中止し、次の生理初日に新しいシートから始めるまではコンドームなどの別の避妊具を使って妊娠を防いでください。

ピルを正しく飲んでいても妊娠してしまう理由

以上のように正しく飲んでいれば、99.9%避妊できると言われるピル。しかし飲み忘れなく、正しく飲んでいても0.1%の方は妊娠してしまうのです。
妊娠した女性
0.1%と聞くと、ごくごく小さい割合のようにも思えますが、1000人に1人は妊娠する可能性があるということなのです。

では、飲み忘れなく正しくピルを飲んでいても妊娠してしまうケースには一体どのようなものがあるのでしょうか。詳しく見ていくことにしましょう。

飲み始めの“生理初日”を間違う


ほとんどの低用量ピルは生理初日から飲み始めるのが鉄則。しかし、この「生理初日」を勘違いしてしまい、飲み忘れがなくても正しく作用しない場合があるのです。

そもそも生理初日とは一体いつからいつまでを指すのでしょうか。ピルの服用開始を考えるうえで、生理初日は「生理が始まってから24時間以内」を指します。つまり、日付をまたいでも24時間以内であれば生理初日に当たるので、夜中寝ている間に生理が来ていたとすると、就寝前に服用すればOKということになります。

また、生理の始まりは”おりもの”のような茶褐色の出血で始まることも多く、この辺りも生理が始まった時点の判断が難しいところです。普段から基礎体温をつけており、茶褐色の出血も生理の始まりと断定できる場合はピルを飲み始めてしまって構いません。

しかし、あまり自信がない場合はフライングせず、はっきりとした出血が始まってから服用を始めましょう。茶褐色の出血から鮮血に変わるまでに時間がかかった場合は特に、生理初日から2週間はコンドームなどの他の避妊具を併用するようにしてください。

ピルでホルモンバランスを調整できず排卵してしまう


記事の冒頭でお伝えした通り、ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンに似た物質で構成され、ホルモンの分泌を調整することによって、排卵を抑えることで避妊をしています。

しかし、ピルではFSLやLHといったホルモンバランスを調整しきれず、ピルを飲んでいても結局排卵を起こしてしまう人も稀にいるようです。

ピルを飲んでも排卵を起こしてしまうのは体質の問題なので、努力などでカバーできるものではありません。自分の体質を知らずにピルを飲んでしまわないためにも、ピルは病院の医師の診断のもと処方してもらうのが賢明です。

体調が悪く、ピルを体内で吸収できない


体調が悪い女性
ピルの成分が体内に吸収されない場合も、ピルの避妊効果をなくしてしまうことに繋がります。体内に吸収されない場合というのは、大病など特別な病気ではなく、単なる体調不良が原因となるケースも多いので注意が必要です。具体的なケースを見ていきましょう。

腸管の調子が悪い


まずは腸管の調子が悪い場合です。ピルの成分は主に小腸で吸収されますが、激しい下痢が続く場合、吸収不全が起きる可能性があります。この場合は追加でもう1錠ピルを飲んでおくと安心です。

吸収不全を起こすような下痢は1日だけで終わることが少ないので、やたらと不安になる必要はありませんが、念のため、次の生理が始まるまで、コンドームなどの他の避妊法を併せて使ったほうが良いでしょう。

嘔吐してしまう


嘔吐しそうな女性
ピルの成分が腸管までたどり着かず、胃にある段階で嘔吐してしまった場合も、ピルの成分が吸収されていない可能性があるので注意が必要です。

ピルが吸収されるまでに要する時間はおよそ4時間。つまり、ピルを飲んでから4時間以内に嘔吐してしまうと、ピルの成分が排出されてしまう可能性があるのです。

ピルを飲んでから4時間以内に嘔吐してしまい、吸収されたかどうか不安なときには、正規の服用時間から12時間以内に追加でもう1錠服用するようにしましょう。併せて他の避妊具を使うこともオススメします。

薬との飲み合わせが悪い


色々な種類の薬
体調が万全であっても、他の薬との飲み合わせが悪く、結果として吸収を妨げられてしまうことも稀にあります。一例ではありますが、併用を避けたほうが良い薬をいくつかご紹介します。

抗生物質や抗てんかん剤などの薬剤


抗生物質や抗てんかん剤は、ピルの作用を減弱させることがあるので、飲み合わせを避けたほうが良い薬剤の1つです。

また、ピルの効果を弱めるものではありませんが、副腎皮質ホルモンや抗うつ剤は薬の効果を増幅させてしまうため、こちらも一緒に飲むのは避けたほうが良いでしょう。いずれにしても、どんな薬を処方してもらう場合にも、医師にピルを飲んでいることは必ず伝えて、指示を受けるようにしましょう。

下剤


腸管からの吸収を妨げる恐れがあるという理由から、下剤もピルと一緒に飲むのは避けたほうが良いと言われています。
ただし、ピルの主成分に似た黄体ホルモンは、別名「不通ホルモン」などとも呼ばれており、ピルを飲むと便秘になりやすくなると言われています。この黄体ホルモンの分泌が増える生理中や妊娠中に便秘になる女性が増えるのはこのためです。

しかし、ピルを飲んで便秘になったからと言って、下剤を飲んでしまっては本末転倒。安易に下剤に頼ることなく、水分をよく摂ったり、腸のマッサージをしたりするなどして、ピルでの避妊も、毎日のお通じも快調にしていきましょう。

まとめ

今回は、ピルによる避妊のメカニズムから、正しい飲み方、ピルをきちんと飲んでいても妊娠してしまう理由とその対処法をお伝えしてきました。

高い避妊率を誇るピルであっても妊娠してしまう可能性は少なからずあり、しかも、その理由のほとんどが無意識下で起こる”事故”のようなもの。本当に妊娠したくない場合は、他の避妊具の併用で妊娠可能性を下げる努力が必要です。

ただし万全を期してもなお、避妊に失敗してしまったときのために、最終手段である「モーニングアフターピル」の存在を知っておきましょう。

モーニングアフターピルとは、性行為後から72時間以内であれば使える避妊薬で、婦人科で処方をしてもらえます。料金は1回5,000~10,000円とかなり割高ですが、絶対に妊娠したくないにも拘わらず、避妊失敗の自覚がある場合に思い出してほしいと思います。

とはいえ、このモーニングアフターピルも最終手段ですし、避妊率も100%ではありません。低用量ピルでは性感染症を防げないため、避妊の意味合いに留まらず、やはりコンドームを併用するのがオススメです。

ピルを正しく飲み、コンドームをつけていてもなお、少し生理が遅れただけで不安になるもの。「この飲み方で合っていたかな?」「きちんと吸収されているかな?」と心配になったときは、この記事を読み返してみてくださいね。

(監修:Doctors Me 医師)


記事の編集者佐々木ののか


1990年生まれ。「多様性」や「ライフスタイル」をメインテーマに、面白系から真面目なものまで幅広いテイストの記事執筆に携わっています。(Twitter : @sasakinonoka)


監修:Doctors Me医師

Doctors Me医師監修の元、Doctors Me編集部が企画した特集記事をお届けします。
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

避妊特集について