ママのイライラ爆発寸前。抱えやすい《7つの育児ストレス》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

赤ちゃんを産むと、今までの生活がガラリと変わります。出産前は予想もしなかった“育児ストレス”に悩まされるお母さんたちが、たくさんいます。赤ちゃんはかわいいけれど、自分の思い通りにいかない生活にイライラし、体力を消耗し、精神的にも疲れてしまうケースがとても多いと言われています。

今回は、お母さんたちが実際にどのような育児ストレスに悩まされているのかを、医師に聞いてみました。

その1. 子どもの行動が予測外

例えば年子の子どもを持つお母さんのケースでは、やきもちを焼いて上の子が下の子にちょっかいを出したり、ベビーベッドに寝かせているといたずらをして泣かせたり、授乳中をねらって騒ぎ出すなど、子どもの予想外の行動に疲れてしまうことがあります。

その2. 夜泣きが激しい

昼間はまだ余力があるかもしれませんが、就寝中に夜泣きが始まると体力的にも辛いですよね。「夜泣きは、赤ちゃんもストレスを感じているから」と思うと、見方が変わるかもしれません。

その3. 子育てが不安

自分の子育ては正しいの? なんで自分はこんな不器用なの? 離乳食を作り始める頃から、そんな不安に襲われるお母さんもいるようです。特に、もともと料理が得意ではないお母さんの場合はプレッシャーを感じやすいといいます。

その4. 金銭的に不安

紙おむつやミルク、ウェットティッシュなどの消耗品、そして替えの肌着など……。外出できないときには、通信販売を多く利用することになるでしょう。するとクレジットカードの請求額が高額になり、ビックリしたという話をよく聞きますね。

その5. 配偶者が非協力的

夫の理解を得るのが意外と難しいことも多いのです。子育てで配偶者に何を望むかというアンケートでは、妻の半数近くが「子育てについて一緒に考えて欲しい」、夫の半数近くは「特になし」という結果も。夫が非協力的では、ストレスが溜まりやすくなるのも分かりますね。

その6. 悩みを相談できる人がいない

まずは身近なに相談しましょう。夫婦間でたくさん会話があるだけで、お母さんの育児ストレスは軽くなります。自分の母親姉妹兄弟、ママ友、助産婦に相談するのもいいと思います。一人で抱え込んでしまうのが一番いけないことです。

その7. 他人と比べてしまう

どうして自分だけこんなに大変なの? 他の子はもう○○ができているのに、どうしてうちの子はまだなの? と、無意識に他のお母さんや赤ちゃんと比べてしまいがちです。そんな時は一歩下がって深呼吸しましょう。赤ちゃんもお母さんも、ちゃんと日々成長していますよ。

医師からのアドバイス

育児は想像以上に大変なことです。それはあなただけではなく、他のお母さんも同じなのです。
ときにはゆっくりと休息することも必要ですので、赤ちゃんが眠っている時は自分も休んだり、ストレスを適度に発散するなどして、マイペースに育児を楽しみましょう。

ココロが不安定な日が続く…

なんだか最近やる気が出ない…浮き沈みが激しい…そんな方は、もしかしたら心が疲れているのかもしれません。是非一度、簡単なセルフチェックをしてみてください。
【心のお疲れ度】チェック

  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

産褥精神障害について