男の不妊、女の不妊、それぞれに効く漢方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

病院での治療の他、妊娠しやすい体質に改善すべく情報を集めてはさまざまな方法を実践している人も多いのではないでしょうか。そんな妊活ブームの中で、特に人気なのが漢方。漢方薬局では不妊の問題を得意として効果を上げているところもあり、いっぽう産婦人科でも生理不順や更年期障害に漢方薬を処方する医師が増えてきているとか。今回は、そんな妊活に役立つ漢方について、男女別に教えていただきました。

女性不妊に用いられる漢方薬

○当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
血行を良くして体を温める作用があります。不妊のほか、疲労回復、生理不順などにも使われています。

○婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)
血行不良を補い、卵巣や子宮の機能低下を防ぐ作用があるとされています。子宮内膜を厚くする効果もあると考えられています。

○温経湯(うんけいとう)
冷え性で体力がない、貧血気味の方向けといわれます。血行促進やホルモンバランスを整える作用があり、不妊治療や生理不順、更年期障害につかわれることがあるようです。

○加味逍遥散(かみしょうようさん)
気分の安定効果もあるといわれ、月経痛が重い人、PMS(月経前緊張症候群)の緩和などによく用いられます。

男性不妊に用いられる漢方薬

○補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
精子の数を増やし、運動率を良くする役割があるといわれており、男性不妊に非常に良く使われるお薬です。

○亀鹿二仙丸(きろくにせんがん)
体を温めて精気を養い、ホルモンの分泌を促進する作用があります。女性にも用いられます。

○竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)
生殖器の炎症を抑え、精子の放出を改善する薬とされています。

医師からのアドバイス

いくつかご紹介しましたが、これ以外にも専門施設では生薬の組み合わせにより数多くの漢方薬が不妊治療に使われています。漢方の効果を得るためには自分の体質や症状に合わせた的確な処方が不可欠です。

また、基本的に体質を整えていくことで妊娠を目指すという考え方になるのでピンポイントで飲めば妊娠するというものでもありません。漢方薬で不妊治療をお考えの方は、自己流はなく、まず信頼のおける薬局などでアドバイスを受けることがなによりも大切です。

まずはあなたの"妊娠力"を調べてみてはいかがでしょうか。
【妊娠しやすい身体】チェック

  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

妊活特集について