妊娠中期は太りやすい? 妊娠5カ月目以降の妊婦さんの過ごし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

妊娠中期とは、妊娠16週から27週にかけて、月数でいうなら5カ月から7カ月までの時期を指します。

赤ちゃんはまだ小さくはありますが、骨格がしっかりしてきて身体に少しずつ筋肉などもついてだんだんやせっぽちではなくなっていきます。

動きも活発になり、赤ちゃんのポコポコというかわいらしい胎動を感じはじめるママも多いでしょう。

そこで今回は「妊娠中期」にママさんが気をつけたいことや、「戌の日」のこと、胎教のことなどを医師に聞いてみました。

「妊娠中期」のお母さんの状態

妊娠中期はつわりも落ち着いてきて、胎盤が完成し安定期と呼ばれる時期に入ります。

つわりがおさまると食べ物がおいしく感じるので、体重増加に気を付けたい時期とも言えますね。

妊娠週別の状態、注意点

妊娠中

妊娠5カ月(16~19週)


お腹が目立ち始め、妊婦さんらしい体型になってきます。赤ちゃんは活発に動くようになり、この期間にはじめて胎動を感じる妊婦さんも多いでしょう。

妊娠6カ月(20~23週)


ほとんどの人が胎動を感じ、赤ちゃんの存在を身近に感じます。ホルモンの働きによって便秘がちになる方も多いようです。乳首なども色素沈着して色が濃くなってきます。

妊娠7カ月(24~27週)


お腹が急激に大きくなることによって、上を向いて寝ると息苦しく感じます。妊娠線にも要注意の時期です。

「妊娠中期」の過ごし方や健康管理

食事


不足しがちな鉄分などを意識し、バランスの取れた食生活を心がけましょう。

睡眠


特に妊娠中期も後半に入ると、あおむけ寝はつらくなりますから、横向きにしたほうが楽に寝られる場合が多いでしょう。

外出


体調が良ければ、気分転換のためにも行ってよいと思いますが、くれぐれも転倒には気を付けましょう。

仕事


妊娠中を通じて、決して無理はせず、十分な休息をとりながら行います。

夫との関係


安定期に入り、流産などの可能性が減ってきますので、二人でお出かけする機会なども持つようにしたいですね。

「妊娠中期」は太りやすい!?

ダイエット
これまでつわりによる嘔吐などで食事がおいしく感じられなかった分、おいしく感じてついつい食べ過ぎてしまう場合などがあるようですね。

妊娠中期は以下のようなことを実践、注意しましょう。

・無理なダイエットは禁物
・3食はきちんととる
・おやつを低カロリーの野菜スティックなどにする
・主治医の許可を得てマタニティスイミングにトライ
・近所を散歩したりする

「妊娠中期」の性交渉はOK?

安定期に入ったこともあり、可能な時期といわれることもありますが、完全に安全だということではありませんので、性交渉をする場合はお腹のハリなどに気を付けて慎重に行いましょう。

「戌の日」って何?

妊娠5カ月目の戌の日を選んで、岩田帯という腹帯を巻いて安産祈願をするという日本の行事です。 神社やお寺に参拝して祈祷してもらうことになります。

計算方法として、毎年の干支のように、毎日干支が決まっています。戌の日は妊娠5カ月目で数回あるはずですので、インターネットやカレンダーなどで調べて見ましょう。

「胎教」の効果と適切な時期

胎教
胎教で赤ちゃんの脳を刺激することで、知的能力が高まったり気持ちの穏やかな子になるなどといわれることがあります。一般的に、赤ちゃんの耳が聞こえるようになるこの妊娠中期から行うことが多いようです。

「妊娠中期」に気をつけたいトラブル・病気

腰痛
■骨盤痛
■体重増加
■早産(妊娠6カ月後)
虫歯

医師からのアドバイス

妊娠中期は、体調も改善してくる方も多く、アクティブになりたい時期ですが、妊婦さんですのでくれぐれも無理はしないでくださいね。

(監修:Doctors Me 医師)
出産後から退院まで何が必要? 赤ちゃんを迎える前に準備しよう!
出産の入院準備はいつから?何が必要? 医師に聞いてみた
妊娠における臨月になったら お母さんが準備するべきエトセトラ
妊娠後期の妊婦さん体調管理まとめ〜週別の変化と陣痛の対処法〜
はじめてママになる貴女へ知ってほしい。「妊娠初期にあらわれる症状」について。
産婦人科の受診って何するの?妊娠検査薬で陽性が出たら
受精から着床までにお母さんの身体にはどんな変化が起きる?
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

妊娠・出産特集について