妊婦さんは出産間近になると陣痛に襲われますが、痛みや陣痛間隔はどのくらいのものなのか気になると思います。

 

また、初産婦と経産婦では違いがあるのでしょうか?

 

お産の前に知っておきたい、陣痛についての疑問やいきみ逃しについて、医師に詳しく解説をしていただきました。

 

目次

 

 

陣痛間隔はどれくらい?

陣痛の妊婦

 

十分な強さの陣痛間隔

およそ10分間隔、1時間に6回以上起こるようになった時点で分娩開始となります。その後陣痛の間隔は短くなり、陣痛の持続時間は長くなり、痛みの程度も強くなっていきます。

 

不十分な陣痛間隔

間隔が不定期であったり、一旦陣痛が起こったが長続きしない状態で起こることもあります。こういった不安定な陣痛は、赤ちゃんを押し出すには不十分です。

 

 

子宮口全開・赤ちゃんが出るまでの時間

出産直後の赤ちゃん

 

分娩開始〜子宮口全開までの時間

・初産婦:10〜12時間

・経産婦:4〜6時間

 

子宮口全開〜赤ちゃんが出るまでの時間

・初産婦:2〜3時間

・経産婦:1〜1.5時間

 

 

陣痛間隔や痛みは初産婦と経産婦とでは違う?

陣痛間隔の測定器

 

初産婦

初産婦でも陣痛がさほど痛くなく、気づいたら子宮口が全開だったという方もおられますし。

 

逆に陣痛が規則的ではあるものの弱い状態で長時間続き、お産が先に進まず、30〜50時間も陣痛に耐え続けたという方もおられます。

 

経産婦

一般に経産婦はお産が早く進みやすいと言われていますが、最初は10分間隔程度だった陣痛の間隔が徐々に狭まっていくという点では同じです。

 

 

いきみ逃しとは 

子宮口近くの胎児 

いきむとは、便を出すときのように、息を止めてお腹に力を入れることです。

 

子宮口が開いてきて赤ちゃんの位置が子宮口に近くなると、いきんで出してしまいたいという欲求が自然と出てくるのですが、子宮口が全開(10㎝程度)になり十分柔らかくなって、赤ちゃんの位置や頭の向きが整う前にいきんでも赤ちゃんは出てこられません。

 

その為、どのタイミングでいきむかを助産師や医師が指示します。それまではいきみたい感じがあっても、息を長く吐く深呼吸などでいきみ逃しをする必要があります。

 

 

いきみ逃しを上手くできない場合のリスク

いきみ逃しを手伝う助産師

 

いきみ逃しを失敗してしまう原因

恐怖感や不安感が強く体に力が入ってしまう場合が考えられます。

 

無駄にいきむリスク

・子宮口がむくんだり、裂けたりすることもある

 

・体力を無駄に使うことになり、いざ赤ちゃんを出すときになって力尽きてしまっていると、赤ちゃんが産道の中で立ち往生してしまう可能性がある

 

・いきむために呼吸を止めたり、体に力を入れることで、赤ちゃんへ血液や酸素が届きにくくなり赤ちゃんの心拍数が下がる

 

 

いきみ逃しのコツ

ボールを使う

テニスボール

 

肛門や尾てい骨のあたりを、介助者の手やボール(テニスボール、野球ボール、ゴルフボールなど)で押す。痛みも和らぐとされています。

 

呼吸を意識する

ラマーズ法

 

「ヒッヒッフー」で有名なラマーズ法など、長く息を吐くことで体に力が入るのを防ぎます。呼吸法については母親教室やマタニティヨガなどで練習しておくのもいいでしょう。

 

姿勢を工夫する

バランスボールに座る女性

 

アクティブチェア(前かがみになり、木馬のように揺れる椅子)やバランスボール、分娩椅子に座ります。

 

ベッドの上に正座した状態から、前に折りたたんだ布団を置き、布団を抱えるように寄りかかり前かがみの姿勢になります。四つん這い、横向きが楽になるという方もおられます。

 

リラックスする

足湯

 

足湯をしたりマッサージを受けてリラックスする。

 

 

最後に医師から一言 

出産前の妊婦に付きそう夫と助産師 

お産では強い陣痛が短い間隔で起こり、同時に子宮口や膣が十分開き、赤ちゃんが正しい向きで回転するという要素がタイミングよく揃う必要があります。

 

条件が整うまではいきみを逃し体力を温存する必要があります。助産師や医師の指示に従い、自分の体の声にも耳を澄ましてみてください。

 

(監修:Doctors Me 医師)