妊娠初期の症状だと、吐き気などのつわりが有名ですが、実は胃痛の症状が出ることもあります。

 

しかし、なぜ妊娠初期に胃痛が起こってしまうのでしょうか?

 

妊娠初期に気を付けたい、胃痛の原因・症状・食事方法などを医師に詳しくお話を伺いました。

 

目次

 

 

妊娠初期に胃痛が起こる原因

胃痛の女性

 

つわりで食べられない、頻繁に吐く

食事が取れないと空の胃に胃酸が触れることになり、胃粘膜が傷みやすくなります。また吐くことで食道の粘膜も荒れます。

 

食事量が減ると便の量が減るので便秘になり、便が腸の中に滞在している時間が長いとますます便の水分が吸収されて硬くなり、出にくくなるという悪循環になります。腸の動きが悪くなると胃の動きにも影響します。

 

ホルモンの変動

妊娠に伴って増えるプロゲステロンという女性ホルモンの影響で胃腸の動きが変化し痛みの原因になります。胃腸の働きをつかさどる自律神経のバランスも崩れます。

 

もともとあった胃腸の病気の悪化

ピロリ菌感染による胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などが食生活の変化やストレスで悪化することもあります。

 

その他、胃のあたりが痛くなる病気には、胃・食道・十二指腸以外にも、膵炎・胆のう炎・胆石症などがあります。

 

 

妊娠初期の胃痛の特徴 

キリキリ痛む胃

 

様々な症状が起こり得るので、「こういった胃痛なら妊娠である」ということはありません。空腹時にも食後にも痛みは起こり得ます。

 

チクチクする程度のこともあれば、胃をひねりあげられているような強い痛みで動けなくなることもあります。

 

 

妊娠初期の胃痛と流産のリスク 

流産

 

胃が痛いから流産するということはありません。

 

体験談としては、妊娠に伴う様々な不快症状がなくなったと思ったら流産していた、ということがあるようですが、「つわりや不調がなくなる=流産」ということではありません。

 

 

妊娠初期の胃痛で病院に行く判断基準 

胃腸科

 

以下の症状があれば、まずは婦人科に受診し、指示があれば胃腸科や消化器内科を受診しましょう。

 

□ 食事が取れず急激に体重が減っている

□ 水分も吐いてしまい濃い尿が少量しか出ない

□ 血や緑色の胆汁を吐いた

□ じっとしていられないぐらい痛い

□ 高熱が出る

 

 

妊娠初期の胃痛時の食事方法 

食事をする女性

 

食べる量・ペース

ペットボトルのキャップ一杯分程度ずつのつもりで、ゆっくりと飲食します。

 

また、調子が良いと思っても一気に食べないようにしましょう。1日6回に分けて食事するようなつもりで、よく噛んでゆっくり食べることを意識しょう。

 

避ける食べ物

消化に時間のかかる油モノ・硬い食品・生野菜・辛いものなど刺激物・大量の炭酸飲料やカフェインは避けます。

 

調子が悪いとヨーグルト・プリン・パンの中の油分も耐えられないことがあります。何とか食べられるものをその時その時で探しましょう。

 

食後の過ごし方

食後は上半身を起こして休むようにし、横になるなら胃の出口である右側を下にして寝るようにします。

 

 

妊娠初期の胃痛時の注意点

冷え性対策

 

お腹、手足を冷やさないようにし、リラックスしてゆっくり休むようにしましょう。また、仕事や家事で疲れすぎないようにしましょう。

 

妊娠初期を過ぎると、今度は大きくなった子宮に圧迫されて胃痛や食欲不振が出てきます。妊娠中は飲める薬が限られていたり、検査にも制限が出ますが、できる範囲での対処で楽になれる可能性もありますので、まずはご相談ください。

 

胃腸科や消化器内科を受診する際は、必ず妊娠中であることを申告するようにしましょう。

 

 

最後に医師から一言

家事を一緒にする夫婦

 

妊娠初期の症状として、胃痛はあまり有名ではなく、周囲からの理解も得られにくいかもしれませんが、妊娠に伴う症状であることを説明し、家事などの協力を求めましょう。

 

(監修:Doctors Me 医師)

 

妊娠中、正しい生活できていますか?
あなたの「妊娠中の正しい過ごし方」をチェックしてみよう!