想像妊娠は精神的なストレスからくる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

想像妊娠は病気なの?

想像妊娠、という言葉を聞いたことのある方も多いと思いますが、医学的には偽妊娠(ぎにんしん) という言葉の方がよく使われています。想像妊娠はお腹の中に赤ちゃんがいないのに妊娠中のような以下の症状が出ることをいいまます。

・生理が来ない
・つわりのような症状に悩まされる
・胸が張った感じがでる
・人によってはお腹が大きくなったり、赤ちゃんが動いたと感じる

一概に病気としてくくれませんが心身症的な一面はあります。
また、人間の他に犬などにも見られます。

妊娠願望が強い人は想像妊娠しやすい!?


想像妊娠といえば赤ちゃんが欲しくて欲しくてたまらない人がなる、というイメージがあるかもしれません。
ですが実際には、絶対に妊娠したくないと思っている方が想像妊娠をする以下のようなケースも少なくはありません。

・若年のカップルがセックスをしてしまった罪悪感から
・避妊に失敗してしまったことから
・妊娠に対して異様なほどの嫌悪感を持っている場合

想像妊娠は妊娠をしたい人、したくない人のどちらにも起きる可能性があるのです。

想像妊娠が起こる原因と対処法は?

想像妊娠の原因は、妊娠に対する大きな不安や恐怖、もしくは強い願望がストレスとなり、脳が「妊娠している」と誤認して卵胞ホルモンを多く分泌することだといわれています。しかし、詳しいメカニズムはまだ明らかになっていません。

また、想像妊娠の原因は過剰なストレスなので、最も有効な治療は自分自身が想像妊娠だったと自覚し、精神的なストレスを取り除くことです。

自分が感じているのがどのようなストレスなのか、分からない方は、心療内科に相談するのもよいでしょう。また、婦人科でピルを処方してもらうとホルモンバランスが整い、想像妊娠のような症状が起こりにくくなります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

妊娠について