妊娠にんしん

妊娠の体験談

妊娠初期の腹痛

医師確認済み

妊娠初期の腹痛

私は20代のころ、妊娠についてほとんど知識がありませんでした。性交渉を行い生理が止まると妊娠の可能性があるということぐらいしか知らず、周りの友達に比べて知識が不足していました。
私が30歳のあるとき、生理の予定日に腹痛が起こりました。いつもの生理痛だと思いきや、何日経っても生理がきません。遅れることはよくあったのですが、2週間もこなかったことはなかったので、妊娠検査薬を使用してみると、陽性反応が出たのです。実は生理痛だと思っていた腹痛は、妊娠初期の症状だったのです。よくよく思い返してみると、生理でもないのに不正出血が起こったり、微熱が続いていたり、妊娠初期の症状が出ていました。
妊娠というのは女性にとって神聖なことであり、人生にとって大きな出来事です。きちんとした知識を持っていることが大切ですから、妊娠を希望していなくても知っておくべきだと思います。今ではインターネットでも簡単に調べられますから、調べてみた方がいいと思います。

妊娠初期の腹痛について

妊娠初期の腹痛は、私はよくおこりました。特に歩くと腹痛がおきやすく、歩きはじめは順調なのですが、しばらく歩いていると、子宮が締め付けられるような感覚になり、しばらく休まないといけないぐらいの腹痛になる時もありました。
妊娠中は歩くように言われますが、このようにお腹が痛くなるので、あまり歩くことができませんでした。
また、妊娠初期はつわりもあり、食べ物の匂いでも敏感に反応してしまい、気持ち悪くなることが多くありました。それでいて、食欲はあったので、よく食べたりはしていました。
私の場合は、妊娠中もお腹の子の育ちが悪いとのことで、入院などしていましたが、それは妊娠後期で、初期の方はつわりはあったものの、お腹が痛くなったのは、歩いた時ぐらいで、あとはさほど、大丈夫でした。
産科で、痛め止めの薬も処方してもらえるし、意外と心配なく、妊娠期を過ごせました。
どちらかというと、太りすぎなどが妊娠中は辛いかもしれません。

妊娠初期の腹痛について

初めての妊娠をしたとき、下腹部のあたりがズキズキと痛むことが何日もありました。初めてなので何もわからない状態で腹痛があったので、不安でしょうがない日々が続きました。検診では異常なく育っているという診断を受けましたが、毎日痛いし不安でどうしようもなかったです。
検診から2週間たって、あまりに痛みが続くので病院の先生に相談しました。先生曰く、子宮が赤ちゃんを包めるだけの大きさになるために動いていて、その動きが痛みにつながっているとのことでした。それを聞いて、とても安心したし赤ちゃんを自分の体の中で育てられるように自分自身が変化しているのだと思うとうれしく思いました。
妊娠初期は流産してしまう可能性が高いので少しでも腹痛があったりすると不安に感じます。しかし、その不安を取ってくれるために病院のサポートがあるので、わからないことはなんでも聞くのがいいと思います。妊娠初期こそ赤ちゃんを立派に育てる準備としてネガティブな気持ちにならずいい方向に考えると不安がなくなります。

妊娠初期の下腹の腹痛とチクチク感は何!?

1人目を妊娠した時、身体に明らかに感じたことのない気怠さと熱っぽさ、ムカムカした感覚と胸の痛み、そして何より腹痛を感じると共に、チクチクした痛みと下痢にも悩まされました。
まさか妊娠とは思ってもいなくて正直びっくりしましたが、妊娠するとこんなに顕著な身体の変化が表れるとは、生命の神秘さにも感激しました。とそれと同時に悠長なことを言っていられず、妊娠初期のよくあるつわりも早くもスタートし、胎盤が完成するまで、腹痛も続き、そしてつわりが終息に向かう16週前後まで、つわりによる辛い毎日を過ごしたことを今でも忘れません。
また、妊娠初期は身体の変化だけではなく、心の変化も起こりました。ちょっとしたことですぐに悲しくなったり、急に不安になったりと情緒不安定になり、何とか気分転換できるよう、無理なく外出したり家で好きなことをしてみたりしていました。これからまた妊娠計画もあるのでまた頑張りたいと思います。

妊娠初期症状である腹痛

私は生理が一週間遅れたので直ぐに妊娠を疑い自宅で検査薬を使用すると陽性反応がでました。待ちにまった妊娠だったので直ぐに産婦人科を受診し詳しい検査をしてもらいました。
すると確かに陽性反応は出ているのですが胎嚢が確認出来ない為に一週間後にまた受診する様に言われました。胎嚢が確認出来ない理由はまだ妊娠初期である為か、稀に子宮外妊娠であるケースもあるので万が一急激な酷い腹痛があれば直ぐ様病院を受診する様に言われました。
この子宮外妊娠とは本来着床するはずである受精卵が子宮内では無く卵管や卵巣、腹膜に着床してしまう異常です。そして卵管の中で受精卵が発育して行く事が不可能になりいずれは破裂してしまいます。すると酷い腹痛と大量の出血があり最悪の場合にはショック症状を引き起こして死に至る可能性もあります。
その話を聞かされた私はとても恐ろしい日々を過ごしましたが一週間後にはちゃんと子宮内に胎嚢が確認されました。私の場合妊娠初期だったのでまだエコーでは確認できなかっただけのようでした。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康チェック

健康チェック画像

「安産体質」チェック

あなたはどのくらい「安産体質」なのでしょうか?

妊娠をしたら、誰もが安心して出産を迎えたい、安産だといいなと思うもの。ただ、そもそも安産は望んで得られるものなのでしょうか。安産になる人と難産になる人の違いはどこにあるのでしょうか。

体型? 生活習慣? 年齢? それとも…気になりますよね。まずは、ご自身が安産体質なのかどうか、簡単なチェックをしてみましょう!

1 /10

体重が増えすぎてしまっている

妊娠の他の体験談

女性の病気と妊娠・出産の体験談

  • 食後に動悸を感じたならば

    更年期障害・動悸・食後

    最近、食後に動悸を感じることが増えましたので、とても困ったことになったと思いました。なぜなら、動悸を感じると、とても不安な気持ちになるからです。心臓の病気だろうか、それとも食べ合わせが悪かったのだろうかと心配になります。そのために、せっかくおいしいご飯を食べたあとも、食後にリラックスすることができなくて本当に困りました。 そこで、原因を突き止めるために調べてみましたが、カフェインの過剰摂取が原因…続きをみる
  • 寝起きからめまい。辛い朝の改善法

    更年期障害・めまい・寝起き

    めまいの原因はいろいろあると思いまずが、私の場合は脳ではなく内耳の前庭器官の異常でした。 朝起きてベッドから体を起こした瞬間、クラクラとして立ち上がれなくなりました。夕べはしっかり寝たはずなのに、寝起きの自分にいったい何が起こったんだろうと戸惑いながら、階下のトイレへふらつきながらたどり着くのがやっとです。 脳裏に脳梗塞という文字が浮かび、ものすごく怖くなりましたが、何となくそれとは違うような気…続きをみる
  • 生理痛で救急車に運ばれた体験について

    生理痛・救急車

    私は、中学生から20歳過ぎまで生理痛がとてもひどく、毎月憂鬱でたまりませんでした。生理が始まってしばらく経つと、腰と下腹部が重だるくなり、説明するのが難しい激しい鈍痛が起こります。 あまりにも痛くて脂汗がでて、だんだん気持ち悪くなってしまいます。気持ち悪さがピークになると吐いて、寒気も起こります。 痛がり方が尋常ではないので、自宅にいる時は両親が病院まで連れて行ってくれていました。しかし、高…続きをみる
  • つわりの時吐きたいのに吐けない状況がずっと続いていました

    つわり・吐けない

    つわりが始まりずっと気持ち悪い状態が続いていました。ただ私の場合は気持ち悪くて吐きそうになりトイレには駆け込むのですが、結局吐けずに戻ってくるといった状況が続いていたのです。でもあまりにも気持ち悪い時は、たまに吐くこともありました。一度吐くとその後しばらくの間はかなり楽になるので、出来れば吐いて楽になりたいと考えていたのですが中々吐けない状態が続いていたのです。あまりにも気持ち悪いときは自分から…続きをみる
  • 13週ごろからつわりでよく吐くようになりました

    つわり・13週

    妊娠6週から本格的につわりが始まり、特に吐くことはなかったのですがずっと気持ち悪い状態が続いていました。ご飯もろくに食べられず、毎日果物や冷たいおにぎりなどを食べて何とかやり過ごしていました。 特に妊娠9週~11週までがピークで、気持ち悪さがかなり強くなり常に何かを口にしていないとダメな状況になってしまいました。 でも妊娠12週を過ぎた頃から少しずつご飯も食べられるようになり、このままつわりが落…続きをみる
健康チェック画像

「安産体質」チェック

あなたはどのくらい「安産体質」なのでしょうか?
健康チェックする