妊娠にんしん

妊娠の体験談

待ちわびた妊娠安定期

医師確認済み

待ちわびた妊娠安定期

私の場合、妊娠中つわりがひどく 主婦として 食事の支度をしたり買い物に行くのも ひと苦労でした。
出産までこのままつわりが治まることなく、続くのかと不安に思ったことも
一度や二度ではなかったと思います。
ところが安定期に入った頃から徐々に体調が良くなり 又 胎動も感じる様になり、妊娠中の間で最も幸せな期間だったと思います。
これから生まれてくる赤ちゃんの為に、とにかく規則正しい生活を送ろうと 朝も早起きして主人の弁当作りをし、送り出してからは掃除洗濯と 家事を体の負担にならない程度に こなしました。
日中は、妊婦体操をしたり 出産時の呼吸法の練習をしたりして過ごしました。
食事も栄養のバランスを考えながら作り、これから生まれてくる赤ちゃんの事をあれこれ想像していました。
晩、主人が帰宅してからは お腹の中の赤ちゃんに話しかけたり胎動を感じたりと ゆったるした時間を過ごし その時は、何より幸せな時間だったと思います。
今思えば、安定期に入ってからはずっと笑顔でした。

妊娠中安定期は天使の時間

子供を産んでからもう十数年たちますが、一番幸せだったのは安定期の頃だったと思います。
妊娠がわかってつわりがきて、辛い時期がある日突然憑きものが落ちたようにらくになって。ちょうどそのころからが安定期です。
一人目の時は小さな靴下を編んだり、よだれかけに刺繍したりして穏やかに子供が産まれるのを待ち望んだ時期でした。
二人目の時は、長男と思いっきり一人っ子生活を楽しみました。兄弟ができるってどういうことか色んなこと話しました。真剣な顔で理解しようとする長男のかわいらしい顔を、今でも憶えています。
三人目の時は、長男が次男に、お兄ちゃんの心構えを拙い言葉で教えていました。
赤ちゃんは小さいんだよ。柔らかいんだよ。大事にしないと壊れちゃうよ。と一生懸命話す姿。それを神妙な顔で聞く弟。愛おしくて抱きしめたくなるような風景でした。妊娠、出産はそんなに何回もできるものではないから、すべてが大事にしたい思い出です。

穏やかに過ごせる妊娠中の安定期

つわりも落ち着き、流産の心配もなくなる安定期は妊婦生活の中で一番心身ともに穏やかに過ごせる日です。
安定期に入るのは大体、5ヶ月ほどからでした。つわりも同じように5ヶ月に入るとピタッと止まり、今まで気分が悪いのが嘘のように日に日に食べれる物が増えていきました。それと一緒に体重もドンドン増えていきます。ここで体重管理をきちんとしておかないと妊娠後期になるといくら食事に気を付けてもドンドン体重は増えていきます。
この安定期を迎えたら次第にお腹が出てきて普段着ていた洋服が入らなくなりました。妊婦服を着るようになるのもこの時期でした。この時期は病院へ行くとエコーで赤ちゃんのがしっかり見えます。手・足・目と確認できるので検査でも楽しみがあります。そして、この時期には楽しみの性別も確認できるようになるのです。胎動を感じるのもこの時期であり、妊娠するとそれぞれの時期で様々な悩みがありますが、この時期は妊婦生活の中で一番楽しい時期といってもいいくらいです。

安定期でも妊娠中に注意したいこと

安定期に入ると、妊娠期間は折り返し地点に到達します。つわりが治まるケースが大半ですし、初期のような危険性が薄れますから、安心感を抱く人はとても多いです。
けれど、安定期に入ったからと言って、油断は禁物です。妊娠期間はまだ続きますから、注意深く過ごすことが必要です。私自身も、つわりが治まったことから、何でも食べられることに感激して食欲が進みました。すると、たちまち体重が増えましたから、定期検診で注意を受けました。著しい体重増加は、出産する時に負担が大きくなるそうです。それからは、毎日ヘルスメーターに乗って体重をチェックしました。
また、安定期に入ったことから、活動範囲を広げたくなりますが、妊娠期間中は引き続き慎重に過ごすべきです。私はドライブなどに出かけましたが、トイレが近くなっていましたので、困ってしまったことが何度かありました。そのために、遠出のドライブは避けた方が判断し、常にトイレ休憩をこまめにとるように心がけました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康チェック

健康チェック画像

「安産体質」チェック

あなたはどのくらい「安産体質」なのでしょうか?

妊娠をしたら、誰もが安心して出産を迎えたい、安産だといいなと思うもの。ただ、そもそも安産は望んで得られるものなのでしょうか。安産になる人と難産になる人の違いはどこにあるのでしょうか。

体型? 生活習慣? 年齢? それとも…気になりますよね。まずは、ご自身が安産体質なのかどうか、簡単なチェックをしてみましょう!

1 /10

体重が増えすぎてしまっている

妊娠の他の体験談

女性の病気と妊娠・出産の体験談

  • 食後に動悸を感じたならば

    更年期障害・動悸・食後

    最近、食後に動悸を感じることが増えましたので、とても困ったことになったと思いました。なぜなら、動悸を感じると、とても不安な気持ちになるからです。心臓の病気だろうか、それとも食べ合わせが悪かったのだろうかと心配になります。そのために、せっかくおいしいご飯を食べたあとも、食後にリラックスすることができなくて本当に困りました。 そこで、原因を突き止めるために調べてみましたが、カフェインの過剰摂取が原因…続きをみる
  • 寝起きからめまい。辛い朝の改善法

    更年期障害・めまい・寝起き

    めまいの原因はいろいろあると思いまずが、私の場合は脳ではなく内耳の前庭器官の異常でした。 朝起きてベッドから体を起こした瞬間、クラクラとして立ち上がれなくなりました。夕べはしっかり寝たはずなのに、寝起きの自分にいったい何が起こったんだろうと戸惑いながら、階下のトイレへふらつきながらたどり着くのがやっとです。 脳裏に脳梗塞という文字が浮かび、ものすごく怖くなりましたが、何となくそれとは違うような気…続きをみる
  • 生理痛で救急車に運ばれた体験について

    生理痛・救急車

    私は、中学生から20歳過ぎまで生理痛がとてもひどく、毎月憂鬱でたまりませんでした。生理が始まってしばらく経つと、腰と下腹部が重だるくなり、説明するのが難しい激しい鈍痛が起こります。 あまりにも痛くて脂汗がでて、だんだん気持ち悪くなってしまいます。気持ち悪さがピークになると吐いて、寒気も起こります。 痛がり方が尋常ではないので、自宅にいる時は両親が病院まで連れて行ってくれていました。しかし、高…続きをみる
  • つわりの時吐きたいのに吐けない状況がずっと続いていました

    つわり・吐けない

    つわりが始まりずっと気持ち悪い状態が続いていました。ただ私の場合は気持ち悪くて吐きそうになりトイレには駆け込むのですが、結局吐けずに戻ってくるといった状況が続いていたのです。でもあまりにも気持ち悪い時は、たまに吐くこともありました。一度吐くとその後しばらくの間はかなり楽になるので、出来れば吐いて楽になりたいと考えていたのですが中々吐けない状態が続いていたのです。あまりにも気持ち悪いときは自分から…続きをみる
  • 13週ごろからつわりでよく吐くようになりました

    つわり・13週

    妊娠6週から本格的につわりが始まり、特に吐くことはなかったのですがずっと気持ち悪い状態が続いていました。ご飯もろくに食べられず、毎日果物や冷たいおにぎりなどを食べて何とかやり過ごしていました。 特に妊娠9週~11週までがピークで、気持ち悪さがかなり強くなり常に何かを口にしていないとダメな状況になってしまいました。 でも妊娠12週を過ぎた頃から少しずつご飯も食べられるようになり、このままつわりが落…続きをみる
健康チェック画像

「安産体質」チェック

あなたはどのくらい「安産体質」なのでしょうか?
健康チェックする