妊娠にんしん

妊娠の体験談

妊娠中に飛行機を乗って大変だったこと

医師確認済み

妊娠中に飛行機に乗って里帰り

安定期に入ってから、里帰り出産をするために、飛行機に乗りました。新幹線にしようか迷ったのですが、駅の方が混雑しているうえ、移動時間も長くなるので、飛行機を選びました。先生にも大丈夫だとお墨付きをもらっていたので安心していたのですが、実家の母親は、流産するのではと心配していました。
飛行機はエコノミークラスですが、快適に座れました。あまり混んでいないのも良かったです。離陸する時に、腹圧がかかって張ったりするかもと思いましたが、そんな心配もいりませんでした。これが、初めて子供と一緒にする旅行だな、などと呑気な気分でした。妊娠中、一番心に残ったイベントでもあります。
妊娠してからは、遠くへ出かけることもあまりなかったので、久々に長距離を移動するのは楽しく感じました。懐かしい友達に会え、実家の良さも満喫できたのも良かったです。しかし、帰りは生まれて間もない子供も一緒なので、移動手段は新幹線を選びました。

妊娠後期に飛行機に乗せてもらえなかった女性

妊娠7ヶ月後半の安定期の頃に、旦那と海外旅行へ行きました。三時間くらいのフライトでしたが、ずっと同じ姿勢で座っていたせいか、それまでにはなったことがなかった腰痛になってしまいました。
ショッピングモールへ行った時も、腰痛がひどく歩くのが大変だったので、ショッピングどころではなく、すぐにタクシーでホテルへ戻り横になっていてばかりで、この時の海外旅行は楽しむ事ができませんでした。
帰りに空港で、お腹の目立った私ともう一人の外国人の女性が医務室へ連れて行かれ、お医者さんの診断を受けました。一緒にいた女性は臨月だったらしく、飛行機に乗せてもらえず自分の国へ帰ることができませんでした。もしかして私も乗せてもらえないのではないかととても不安でしたが、私はまだ妊娠7ヶ月だったので無事に乗って帰ることができました。
航空会社によって、飛行機に乗ってはいけない妊娠時の週数が決められているので、飛行機に乗る前にきちんと調べておくべきだと思いました。

妊娠中に飛行機に乗って大変だったこと

わたしは妊娠して4か月目くらいに飛行機に乗って、実家に帰ったことがあります。
飛行時間は一時間半程度だったのですが、そのときあったつわりがなぜか悪化して、飛行機が少し揺れるたびに、猛烈な吐き気がこみ上げてきて、トイレに駆け込んでいました。
一時間半のフライトで10回以上はトイレで吐いたと思います。客室乗務員の方も心配されて、大丈夫ですかと何度も声をかけてくださいました。でも、どうにもなることではないので、着陸のときは、吐き袋を口に当て、必死に耐えました。飛行機に乗っている間つらくて何度も涙がでました。これが一生続くんじゃないかというくらい長い時間に感じました。あと30分だ、がんばれと、自分に何度も何度も言い聞かせながら時間を過ごしました。空港に着いたあとはもう歩けないくらぼろぼろになってしまい、手荷物を取ったあとは、ベンチでぐったり倒れていました。さいわい両親が迎えに来てくれたので、空港で一時間くらい休んでから、家に帰りました。あのときは本当につらかったですね。妊娠て本当に大変です!

妊娠8か月で飛行機に乗りました

わたしは当時海外に住んでいましたが、出産は絶対に日本でしたかったので、妊娠8か月頃、飛行機に乗って実家に帰りました。
つわりもほぼ収まっていましたし、特にこれといって問題はありませんでした。
ですがいつ急に産気づくかは誰にもわかりませんので、保険はしっかりかけておきました。飛行機に乗っている間は、脚のむくみがひどくなりますし、お腹も大きいので、長時間座っているとかなり腰にきます。わたしはそのときのフライト時間が12時間とかなり長かったので、すっかり腰をやられてしまいました。腰が痛いのと足がむくむので、一時間に一度は立ち上がって、飛行機の中を歩き回るようにしていました。ずっと座っているのは、本当に体に悪いんだと思います。ですので、妊娠中の方は頻繁に椅子から立ち上がって歩くことをお勧めしますね。わたしは一時間に一度歩いて、ストレッチもして、腰の痛みやむくみを軽減すべくがんばりました。やはり何が起こるかわかりませんから、しっかりケアすることが大切です。

妊娠中に飛行機に乗るときはゆったりした服装がいいと思います。

わたしは妊娠中に二回ほど飛行機に乗ることがありました。
一度目は、4か月の頃、そして二回目は7か月の頃でした。
二回とも結果的に何も問題が起こらずすみましたが、飛行機に乗っている間はとてもしんどかったですね。まず、腰がすごく痛むんです。やはり長時間シートに座っているのは負担がきます。そして足がものすごくむくむんです。この二つがとても苦労しました。あと、4か月のときは、まだ少しつわりがあり、飛行機が揺れると、気分が悪くなってきつかったですね。つわりを軽減する薬などがあればいいのですが、酔い止めなど服用できませんし、揺れとひたすら戦ったという感じです。あと、とにかくゆったりした服を着るのが大事だと思います。妊娠中のつわりはどうにもなりませんが、腰痛や、むくみはきつめの服を着ているとさらに悪化してしまうので、ゆったりとした服を着て、リラックスしやすい状態を作ることが大切です。特に靴は絶対脱いでスリッパに履き替えることが大事だと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康チェック

健康チェック画像

「安産体質」チェック

あなたはどのくらい「安産体質」なのでしょうか?

妊娠をしたら、誰もが安心して出産を迎えたい、安産だといいなと思うもの。ただ、そもそも安産は望んで得られるものなのでしょうか。安産になる人と難産になる人の違いはどこにあるのでしょうか。

体型? 生活習慣? 年齢? それとも…気になりますよね。まずは、ご自身が安産体質なのかどうか、簡単なチェックをしてみましょう!

1 /10

体重が増えすぎてしまっている

妊娠の他の体験談

女性の病気と妊娠・出産の体験談

  • 食後に動悸を感じたならば

    更年期障害・動悸・食後

    最近、食後に動悸を感じることが増えましたので、とても困ったことになったと思いました。なぜなら、動悸を感じると、とても不安な気持ちになるからです。心臓の病気だろうか、それとも食べ合わせが悪かったのだろうかと心配になります。そのために、せっかくおいしいご飯を食べたあとも、食後にリラックスすることができなくて本当に困りました。 そこで、原因を突き止めるために調べてみましたが、カフェインの過剰摂取が原因…続きをみる
  • 寝起きからめまい。辛い朝の改善法

    更年期障害・めまい・寝起き

    めまいの原因はいろいろあると思いまずが、私の場合は脳ではなく内耳の前庭器官の異常でした。 朝起きてベッドから体を起こした瞬間、クラクラとして立ち上がれなくなりました。夕べはしっかり寝たはずなのに、寝起きの自分にいったい何が起こったんだろうと戸惑いながら、階下のトイレへふらつきながらたどり着くのがやっとです。 脳裏に脳梗塞という文字が浮かび、ものすごく怖くなりましたが、何となくそれとは違うような気…続きをみる
  • 生理痛で救急車に運ばれた体験について

    生理痛・救急車

    私は、中学生から20歳過ぎまで生理痛がとてもひどく、毎月憂鬱でたまりませんでした。生理が始まってしばらく経つと、腰と下腹部が重だるくなり、説明するのが難しい激しい鈍痛が起こります。 あまりにも痛くて脂汗がでて、だんだん気持ち悪くなってしまいます。気持ち悪さがピークになると吐いて、寒気も起こります。 痛がり方が尋常ではないので、自宅にいる時は両親が病院まで連れて行ってくれていました。しかし、高…続きをみる
  • つわりの時吐きたいのに吐けない状況がずっと続いていました

    つわり・吐けない

    つわりが始まりずっと気持ち悪い状態が続いていました。ただ私の場合は気持ち悪くて吐きそうになりトイレには駆け込むのですが、結局吐けずに戻ってくるといった状況が続いていたのです。でもあまりにも気持ち悪い時は、たまに吐くこともありました。一度吐くとその後しばらくの間はかなり楽になるので、出来れば吐いて楽になりたいと考えていたのですが中々吐けない状態が続いていたのです。あまりにも気持ち悪いときは自分から…続きをみる
  • 13週ごろからつわりでよく吐くようになりました

    つわり・13週

    妊娠6週から本格的につわりが始まり、特に吐くことはなかったのですがずっと気持ち悪い状態が続いていました。ご飯もろくに食べられず、毎日果物や冷たいおにぎりなどを食べて何とかやり過ごしていました。 特に妊娠9週~11週までがピークで、気持ち悪さがかなり強くなり常に何かを口にしていないとダメな状況になってしまいました。 でも妊娠12週を過ぎた頃から少しずつご飯も食べられるようになり、このままつわりが落…続きをみる
健康チェック画像

「安産体質」チェック

あなたはどのくらい「安産体質」なのでしょうか?
健康チェックする