妊娠にんしん

妊娠の体験談

妊娠してから頻尿になりました

医師確認済み

妊娠後期になると頻尿になる!

妊娠するとトイレが近くなるという話を、誰かから聞いていました。私の場合、初期から中期は普通に過ごせていました。けれど、お腹が目立つようになると、だんだん頻尿気味になっていったのです。さっきトイレに行ったばかりなのに、すぐにまた行きたくなるのです。
これは、赤ちゃんの成長によって、膀胱が圧迫されるのが原因だそうです。子宮の位置が、膀胱の真裏にあるためです。そのほかにも、ホルモンや血流量の増加による腎機能の活発化が原因ということもあります。
また、最初は頻尿気味だっただけですが、次第に尿漏れが起きるようにもなり、パッドを使用するようになりました。
また、妊娠すると頻尿になるものだと思っていたら、実は膀胱炎やそのほかの病気だったという事例もあるようです。あるいは、トイレに何度も行くのが面倒で我慢していて、膀胱炎を引き起こすこともあるそうです。
いずれにしても、心配な場合は、早目にお医者さんに相談する事をお勧めします。

妊娠中の頻尿は今もクセ付いた

大きな症状としては、頻尿になり夜寝ている時に2回から3回ほどトイレに行くようになりました。それまでトイレの回数はとても少なかったのですが、あまり水分を摂らなかったので1日3回くらいでしたが、妊娠をしてから、日中も頻繁に行くようになり、1時間に1回ぐらいの間隔になりました。少し飲み物を飲むとその1時間後には、尿意をもよおしました。産後、すでに6年経っていますが日中については改善しました。
しかし寝ている間の頻尿は今でも癖ついたかのようにまだ続いています。確かに寝ている間妊娠中のように2回、3回まではいかないですが、必ず夜中に一度は、起きてトイレに行く癖が残っています。妊娠中のは、外出中が特に大変でした。どこかに出かけてもしょっちゅうお手洗いに行かないといけなく、車での移動中などは、気を使いました。
しかし出産後は、日中の頻尿については、すっきりなくなったので一時的な症状だったと言うことがわかりました。

妊娠時の頻尿は生理用のナプキンで

妊娠がすすんでいき、お腹が大きくなるにつれて、頻尿に悩まされるようになりました。夜中も何度もトイレに起き、そんなに量もでないのに残尿感があり、苦しんでしまいました。ちょっと笑ったり咳をしただけで、尿が出てしまい、誰にも相談できずに、悩んでしまいました。
そこで、インターネットや本を読んで妊娠しているときに、頻尿に悩んでいた方はどういった対処法をとっていたのか調べてみました。予想以上に多くの方が、頻尿に悩んでいたのを知り、とても驚きました。
多くの方がナプキンなどを利用しているということだったので、私も生理用のナプキンを使用することにしました。ナプキンを使用してから「汚れても大丈夫」という思いが芽生えて、安心して妊娠生活を楽しむことができました。妊婦の時は自分の思いもよらない症状に悩まされることがあることを知り、驚きとともに新鮮な気持ちで乗り切ることができたので、良い経験ができたと思っています。

妊娠してから頻尿になりました

妊娠する前はそれほどトイレに行く回数が多かったわけではないのですが、妊娠してからというものかなりトイレが近くになりました。俗に言う頻尿という症状になりました。
特に顕著になったのは睡眠中です。それまで夜トイレに起きるということはほぼなかった事象ですが、妊娠してからというもの毎日夜中にトイレに行きたくなり、その度に起きるという生活になりました。そのため、夜ぐっすり熟睡するようなことはなくなりました。それが地味に辛かったです。
またこの症状はお腹が大きくなり始める頃に始まるのではなく、私の場合は初期の頃から頻尿になりました。とにかくトイレが近いので、2時間に1回くらいの割合でトイレに行っていたと思います。この症状を止める手立ては特にないので、外出先でもトイレの場所を確認する、したくなったらすぐにトイレに行くようにしていました。我慢も普段の時ほどブレーキが効くわけではないので、したいと思った時に行くのが一番だと思います。

妊娠中の頻尿

妊娠中、特におなかが大きくなってくる中期以降は、頻尿になりました。膀胱が圧迫されて、おしっこはあまりたまっていなくても、トイレに行きたくなりました。
尿漏れの経験はありませんが、妊娠中は尿漏れしやすくなると聞いているので、漏れるのが嫌で、行きたくなるとすぐにトイレに行っていました。
後期以降は、頻尿がひどくなり、夜中に2回ほど起きて、トイレに行っていました。寝不足気味でしたが、眠りも浅く、何度も目が覚めていたので、苦痛ではありませんでした。
日中は、おなかが張ったり、赤ちゃんの重みで苦しいときは、トイレに行くと少し楽になるような気がして、よくトイレに行っていました。
頻尿を感じやすかった一番の理由は、赤ちゃんが動くときです。おなかの中で、赤ちゃんはよく動いていました。動くとより、膀胱を刺激されて、おしっこがたまっている感覚になります。トイレに行くと出ますが、出る量は少なくて、気のせいなのかなと思ってしまうくらいでした。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康チェック

健康チェック画像

「安産体質」チェック

あなたはどのくらい「安産体質」なのでしょうか?

妊娠をしたら、誰もが安心して出産を迎えたい、安産だといいなと思うもの。ただ、そもそも安産は望んで得られるものなのでしょうか。安産になる人と難産になる人の違いはどこにあるのでしょうか。

体型? 生活習慣? 年齢? それとも…気になりますよね。まずは、ご自身が安産体質なのかどうか、簡単なチェックをしてみましょう!

1 /10

体重が増えすぎてしまっている

妊娠の他の体験談

女性の病気と妊娠・出産の体験談

  • 食後に動悸を感じたならば

    更年期障害・動悸・食後

    最近、食後に動悸を感じることが増えましたので、とても困ったことになったと思いました。なぜなら、動悸を感じると、とても不安な気持ちになるからです。心臓の病気だろうか、それとも食べ合わせが悪かったのだろうかと心配になります。そのために、せっかくおいしいご飯を食べたあとも、食後にリラックスすることができなくて本当に困りました。 そこで、原因を突き止めるために調べてみましたが、カフェインの過剰摂取が原因…続きをみる
  • 寝起きからめまい。辛い朝の改善法

    更年期障害・めまい・寝起き

    めまいの原因はいろいろあると思いまずが、私の場合は脳ではなく内耳の前庭器官の異常でした。 朝起きてベッドから体を起こした瞬間、クラクラとして立ち上がれなくなりました。夕べはしっかり寝たはずなのに、寝起きの自分にいったい何が起こったんだろうと戸惑いながら、階下のトイレへふらつきながらたどり着くのがやっとです。 脳裏に脳梗塞という文字が浮かび、ものすごく怖くなりましたが、何となくそれとは違うような気…続きをみる
  • 生理痛で救急車に運ばれた体験について

    生理痛・救急車

    私は、中学生から20歳過ぎまで生理痛がとてもひどく、毎月憂鬱でたまりませんでした。生理が始まってしばらく経つと、腰と下腹部が重だるくなり、説明するのが難しい激しい鈍痛が起こります。 あまりにも痛くて脂汗がでて、だんだん気持ち悪くなってしまいます。気持ち悪さがピークになると吐いて、寒気も起こります。 痛がり方が尋常ではないので、自宅にいる時は両親が病院まで連れて行ってくれていました。しかし、高…続きをみる
  • つわりの時吐きたいのに吐けない状況がずっと続いていました

    つわり・吐けない

    つわりが始まりずっと気持ち悪い状態が続いていました。ただ私の場合は気持ち悪くて吐きそうになりトイレには駆け込むのですが、結局吐けずに戻ってくるといった状況が続いていたのです。でもあまりにも気持ち悪い時は、たまに吐くこともありました。一度吐くとその後しばらくの間はかなり楽になるので、出来れば吐いて楽になりたいと考えていたのですが中々吐けない状態が続いていたのです。あまりにも気持ち悪いときは自分から…続きをみる
  • 13週ごろからつわりでよく吐くようになりました

    つわり・13週

    妊娠6週から本格的につわりが始まり、特に吐くことはなかったのですがずっと気持ち悪い状態が続いていました。ご飯もろくに食べられず、毎日果物や冷たいおにぎりなどを食べて何とかやり過ごしていました。 特に妊娠9週~11週までがピークで、気持ち悪さがかなり強くなり常に何かを口にしていないとダメな状況になってしまいました。 でも妊娠12週を過ぎた頃から少しずつご飯も食べられるようになり、このままつわりが落…続きをみる
健康チェック画像

「安産体質」チェック

あなたはどのくらい「安産体質」なのでしょうか?
健康チェックする