妊娠にんしん

妊娠の体験談

妊娠しても胸が張らない人もいます

医師確認済み

妊娠中にもできる胸のケア、乳頭マッサージをしよう

私のお腹の赤ちゃんは、妊娠38週を超えても推定体重が2300gしかありませんでした。それもあってか、助産師さんからしっかり乳頭マッサージをして、乳頭やその周りを柔らかくしておくように言われました。赤ちゃんが小さいとおっぱいを吸うのにも体力が必要で、乳頭が固いとうまく吸えないということでした。実際に、友達の赤ちゃんが小さく産まれて最初の頃になかなかおっぱいが吸ってくれなかったのを聞いていたので、私も積極的に乳頭マッサージを行いました。
実際の方法は、親指と人差し指、中指の三本で乳輪から乳頭をつまみ、時間をかけて押しつぶしたり縦や横に揉むというものです。胸を刺激すると子宮が張ってくることもありますが、私の場合はもう臨月ですので特に気にしませんでした。じっくり行っていたらだんだん柔らかくなってきて、少し母乳がにじみ出るようになりました。
妊娠中からできる胸のケアがあるということは少し余裕をもって準備が出来ることなので心の準備としても良かったと思います。

妊娠すると、胸が張る!

私の場合、妊娠してすぐに胸が張るようになりました。何かこう、皮膚が突っ張るような感じになったのです。痛いようでもありました。きちんとチェックしませんでしたが、おそらく妊娠の影響で、カップ数があがっていたのでしょう。
今思うと、吐き気やつわりの気持ち悪さよりも、胸の違和感が、妊娠の第一症状だったかもしれません。それから、胸だけではなく、乳首も敏感になったような記憶があります。先のほうが肌に触れるだけで、ものすごくヒリヒリしたり、痒みをともなったりしました。ブラをするのが不快で、嫌になるほどでした。
生理でも似たような症状が起こる人がいると聞きますので、一概には言えませんが、ひとつの症状ではあると思います。赤ちゃんができている場合、その後、臭いに敏感になったり、精神的に不安定になるなど、次々と症状が出てきます。
いずれにしても、いつもと体調が違うと感じたら、できるだけ早目にチェックするのがいいと思います。

妊娠して胸が大きく!

妊娠してから、胸が大きくなるよ。写真撮っておきなさい。20代前半のころから、貧乳の私に周りはそういって聞かせました。
本当に大きくなるの?なんて思っていたら、本当にびっくりするくらい大きくなりました。
現在も妊娠中ですが、まだ成長しています。
当初は、生理前に胸が張るくらいの感じだったのですが、だんだん週数が大きくなるにつれて、今までブラジャーにパットを入れていたのが必要なくなり、しまいにはブラジャーがきつくなり、4カ月入るころにはマタニティブラをするようまで大きくなりました。
本当にこんなに大きくなるのかと自分でもびっくりしています。
貧乳仲間には、妊娠線が胸にもできるよと言われているので、きちんと保湿してケアしたいと思っています。
これほど大きくなるとは思っていなかったので、記念にマタニティフォトも検討しています。
自分の体が目まぐるしく変化していくのもまたマタニティの醍醐味だと思って、マタニティライフを満喫中です。

妊娠中にどんどん大きくなった胸

もともと大きくない胸でしたが、妊娠した途端に変化が現れました。妊娠の経過とともに、どんどん胸が膨らんできたのです。全体が盛り上がり、これまで経験したことがありませんでしたから、本当に驚きました。
さらに、乳首も大きくなり、色が黒ずみ始めました。とても不安に思いましたが、調べてみたところ、授乳に対する準備だとわかりましたから安心しました。このようなことは、産婦人科でもなかなか相談することができませんので、情報を収集することはとても大切です。また、臨月に入ってからは、乳汁が出るようになり、完全に体が出産に備えていることが分かりました。
出産した後は、看護師さんの指導を受けながら、よく母乳が出るようにマッサージを行いました。おかげで、断乳するまで母乳をあげることができましたので、熱心にマッサージをした甲斐がありました。
尚、妊娠中は大きかった胸ですが、断乳したら、たちまち元のサイズに戻ってしまいました。

妊娠しても胸が張らない人もいます

妊娠をすると、胸が張ったり、大きくなったりすると、友達や家族から言われていました。しかし、私が妊娠したときは、今まで周りから聞かされてきた内容とは全く逆でした。妊娠初期から後期まで、胸が張ったり、大きくなることが全くなかったのです。
赤ちゃんができたことを周りに報告すると、身近な女性は胸がすごく張って痛いのではないか、と聞いてくることが多かったので、その度に私は不安になっていました。周りの体験談とあまりにも違ったので、検診の度に病院の先生に、全く張らないし、大きくもならないけれど大丈夫なのか、何度も相談しました。赤ちゃんがお腹の中で育ってくると、ホルモンの影響からそのような症状になることが多いけれども、中には何の症状も出ないという人がいるので大丈夫ですと言われ、安心したことを覚えています。
周りの出産経験者はいろいろなことを教えてくれるので、自分の症状と違うと心配になることがありますが、症状は一人一人違うので、心配になる必要はないということがよくわかりました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康チェック

健康チェック画像

「安産体質」チェック

あなたはどのくらい「安産体質」なのでしょうか?

妊娠をしたら、誰もが安心して出産を迎えたい、安産だといいなと思うもの。ただ、そもそも安産は望んで得られるものなのでしょうか。安産になる人と難産になる人の違いはどこにあるのでしょうか。

体型? 生活習慣? 年齢? それとも…気になりますよね。まずは、ご自身が安産体質なのかどうか、簡単なチェックをしてみましょう!

1 /10

体重が増えすぎてしまっている

妊娠の他の体験談

女性の病気と妊娠・出産の体験談

  • 食後に動悸を感じたならば

    更年期障害・動悸・食後

    最近、食後に動悸を感じることが増えましたので、とても困ったことになったと思いました。なぜなら、動悸を感じると、とても不安な気持ちになるからです。心臓の病気だろうか、それとも食べ合わせが悪かったのだろうかと心配になります。そのために、せっかくおいしいご飯を食べたあとも、食後にリラックスすることができなくて本当に困りました。 そこで、原因を突き止めるために調べてみましたが、カフェインの過剰摂取が原因…続きをみる
  • 寝起きからめまい。辛い朝の改善法

    更年期障害・めまい・寝起き

    めまいの原因はいろいろあると思いまずが、私の場合は脳ではなく内耳の前庭器官の異常でした。 朝起きてベッドから体を起こした瞬間、クラクラとして立ち上がれなくなりました。夕べはしっかり寝たはずなのに、寝起きの自分にいったい何が起こったんだろうと戸惑いながら、階下のトイレへふらつきながらたどり着くのがやっとです。 脳裏に脳梗塞という文字が浮かび、ものすごく怖くなりましたが、何となくそれとは違うような気…続きをみる
  • 生理痛で救急車に運ばれた体験について

    生理痛・救急車

    私は、中学生から20歳過ぎまで生理痛がとてもひどく、毎月憂鬱でたまりませんでした。生理が始まってしばらく経つと、腰と下腹部が重だるくなり、説明するのが難しい激しい鈍痛が起こります。 あまりにも痛くて脂汗がでて、だんだん気持ち悪くなってしまいます。気持ち悪さがピークになると吐いて、寒気も起こります。 痛がり方が尋常ではないので、自宅にいる時は両親が病院まで連れて行ってくれていました。しかし、高…続きをみる
  • つわりの時吐きたいのに吐けない状況がずっと続いていました

    つわり・吐けない

    つわりが始まりずっと気持ち悪い状態が続いていました。ただ私の場合は気持ち悪くて吐きそうになりトイレには駆け込むのですが、結局吐けずに戻ってくるといった状況が続いていたのです。でもあまりにも気持ち悪い時は、たまに吐くこともありました。一度吐くとその後しばらくの間はかなり楽になるので、出来れば吐いて楽になりたいと考えていたのですが中々吐けない状態が続いていたのです。あまりにも気持ち悪いときは自分から…続きをみる
  • 13週ごろからつわりでよく吐くようになりました

    つわり・13週

    妊娠6週から本格的につわりが始まり、特に吐くことはなかったのですがずっと気持ち悪い状態が続いていました。ご飯もろくに食べられず、毎日果物や冷たいおにぎりなどを食べて何とかやり過ごしていました。 特に妊娠9週~11週までがピークで、気持ち悪さがかなり強くなり常に何かを口にしていないとダメな状況になってしまいました。 でも妊娠12週を過ぎた頃から少しずつご飯も食べられるようになり、このままつわりが落…続きをみる
健康チェック画像

「安産体質」チェック

あなたはどのくらい「安産体質」なのでしょうか?
健康チェックする